こんにちは!「会社を辞めたいと思っている人のための情報館」の管理人です。

 

 僕は50歳~52歳までの約2年間で人生が激変しました。それまではずっと平凡なサラリーマンでした。嫁さんがいて、子供が2人いて、毎日1時間も満員電車に乗って、都内の食品メーカーに通ってました。

 

 ところが、49歳の終わりごろに精神的に病んでしまい、50歳を過ぎて2か月後に会社を退職したのです。次の収入の見通しが決まっていたわけではありません。だから最初は不安でいっぱいでした。

 

 しかし今の僕は、幸せを感じながら生活しています。毎日がとても充実しているのです。なぜなら、自分が本当にやりたかったことを見つけて、それを収入に結び付けることができたからです。

 

 なんの資格も持たず、特別な技術もなかった僕が、無謀にも起業を決意し、なんとか2年間で独立を果たすことができました。

 

 でもそれは決して楽な道ではありません。何度も壁にぶつかったし「もう無理だ!やっぱりどこかの会社に勤めるしかない!」と思ったことが何度もありました。

 

 でも「自分のやりたくない事に時間を使うのはもう嫌だ!」という思いが強く、あきらめずに頑張り続けたのです。そしてようやく、自分が本当にやりたかったことができる人生を手に入れました。それはどんな人生かと言うと

 

誰からも縛られず、振り回されず、指示されず、自分が本当にやりたかった事をやる!

 

そういう人生です。

 

 もし今、あなたが仕事が嫌で嫌でたまらないと感じていたり、毎日辛い思いに悩みながら働いているのであれば、これから書く僕のプロフィールを読んでもらえると嬉しいです。

 

 その仕事だけが人生ではない!他にも生きる道が必ずある!ということをあなたに是非知ってもらいたいからです。

 

簡単な自己紹介

 僕は、49歳までは本当に平凡なサラリーマンでした。東京で生まれ東京で育ち、都内の大学を卒業しました。そして都内に本社がある総合食品メーカーに就職したのです。

 

 「必ず部長になる!」とか「いつか社長になりたい!」そういう出世欲のようなものは、入社した時からまったくありませんでした。どちらかというと、あまり目立たずにまわりの人と適当にうまくやって、ほどほどの毎日を送れればいいと思っていたのです。

 

 大切に育てられ、苦労した経験がなかったので、ハングリー精神がなかったのかもしれません。一言で言えば「世間知らずでお人よしのお坊ちゃん」タイプでした。

 

でも、今は違います!

 

 50歳になる直前に予期せぬ事態に遭遇し、それから独立するまで悩み苦労したおかげで、僕の生き方はガラッと変わったのです。退職してから独立するまでは、本当に困難の連続でした。決して順風満帆ではありません。でもそれを乗り越えた先に新しい世界がありました。

 

僕は、変われたのです!

 

 「人生」に対する姿勢とか、「幸せ」に対する考え方とか、「仕事」に対する取り組み方が根本から変わったのです。

 

その結果、今までの「常識」という枠から飛び出して自由に生きることができるようになりました。

 

 心を支えた3つの座右の銘

 僕の心の中には、いつも自分を支えてくれる座右の銘が3つあります。この座右の銘があったから、途中で挫折することなく変わることができたと思っています。その3つの座右の銘を、ここまで熱心に読んでくれたあなたに是非ご紹介させてください。

 

  • 例え明日世界が終わるとしても、僕は記事を書き続ける!

 原文は「たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える」なんですが、
 自分向けに勝手にアレンジして使っています。これが一番お気に入りの座右の銘です。
 あなたは、もし明日世界が終わるとしたら今の仕事をやりますか? 

 

もう一つはこれです。

  • 思考は現実化する!

 この言葉、どこかで聞いたことがあるかもしれません。有名な哲学書のタイトルです。
僕はこの本を読んで、タイトルの意味をこう解釈しました。
「やりたいことを本気で考え、実現に向けて一つ一つ動けば、誰でも夢は実現する!」

 

 「思考は現実化する!」この言葉を何度声に出したことでしょう。そして夢の実現のために具体的な行動計画を立て、あきらめずに継続しました。その結果、僕の夢は本当に現実しました。

 

最後の一つはこれです。

  • 人は目の前の事に集中することで幸せを実感できる!

 これは「幸福学」にという本を読んでいた時に、たまたま見つけた言葉です。
「集中している時は幸せだ!」 ということです。この言葉を聞いてから、「集中している自分=幸せな自分」という式が僕の中で定着しました。

 

 「集中している事が幸福」という発想を持っている人は、あまりいないかもしれません。でもこれ、本当にそうなんです。僕は日々実感しています。

 

超ざっくりの軌跡 

 僕が会社に入ってから独立するまでの流れをざっくり時系列でご紹介しますね。超~ざっくりですが、僕がどういう人生を歩んできたかちょっぴり分かると思います。

 

22歳 就職。当時はバブルの終わりごろでした。

25歳 8か月で結婚。同世代と比べてやや早い方でした。

26歳 長女が誕生、30歳で次女が誕生。子供は女の子が2人です。

33歳 の時に転職。それまで勤めていた会社は倒産してしまいました。

37歳 の時にマンションを購入。20年間の住宅ローンを背負いました。

49歳 の時にうつ病を発症!

50歳 で早期退職。

52歳 で独立。

 

 30代までの人生は、平凡でしたが家族に恵まれ楽しいものでした。

 

 しかし、40代の中頃から仕事への興味が薄れてしまい、責任の重圧につぶれそうになったり、上司との人間関係に苦しむようになりました。

 

このままで本当にいいのか?この環境に定年まで耐えなければいけないのか?

 

と毎日悩んでいました。

 

40代になってから変わってきた状況

 40代になると会社の業績が徐々に厳しくなってきて、仕事に関するストレスがいろいろと大きくなってきました。例えばこんなことが度々ありました。

 

・会社から繰り返し理不尽というか無茶と思われるような業務命令が頻繁に出される。

・ノルマの金額が現実離れしてくる。進捗を毎日追われ、心身がボロボロになる。

・日曜の夜に上司からメールが入り、月曜の朝一で報告書の提出を指示されたりする。

・極端な人員削減で業務量が増え、誰もがキャパオーバーな状態になる。

休日も夜間も常にメールや電話が鳴り、まったく心が休まらない状態になる。

 

数え上げたらきりがありません。でも当時は、こう思っていました。

 

ほかの人だってみんな同じ状況で頑張ってるのだから、自分も耐えないといけない!

 

俺って何のために生きているんだろう?

 しかしそのうちに体力的にも精神的にも限界がきてしまったのです。

 

 ある日の事、布団から起きようとしても身体が動かないことがありました。何とか這うようにして電車に乗ったのですが、気分が悪くて何度も途中下車します。気がつくと、乗っている電車は会社を通り過ぎて知らない駅を通過中でした。

 

その時になって

 

俺って何のために働いているんだろう?

 

と疑問が湧いてきたんです。会社で働いていれば毎月自動的に給料が入るし、家族を養える、だから我慢して働くなんて当たり前だし、そういう生き方が普通だ!って信じ切っていました。

 

 でも現実は命を縮めながら働いていたのです。その時になって

 

こんなのぜんぜん幸せじゃないよ!

 

ということに僕はやっと気づいたのです。

 

本当にこのまま人生終わっていいのだろうか?

 「このまま我慢しながら定年まで」という選択もありました。

 

 でも僕は、本当にこのままの状態で定年まで過ごしていいのだろうかと真剣に考えてみたんです。

 

一度しかない人生なのに、毎日我慢しながら生きるのは、なんてバカなことだろう!

 

と思えてしかたがなかったのです。

 

 もし、定年まで我慢することができれば、少なくともお金の心配はありません。でもそれまでの間に身体も心もボロボロになるような気がしたのです。

 

 そして、一日のほとんどの時間をやりたくない事に消費するのは、なんか違うんじゃないか!って感じたんです。何度も考え悩みに悩んだ末、

 

もうこんな生活はやめちゃおう!

 

と決断しました。

 

自分が本当にやりたいことに時間を使う!

 会社を辞めることを決断した僕が最初に思ったことは「自分が本当にやりたいことに時間を使う!」でした。

 

 もし、うまくいかなくても、それでもいいじゃないか!と腹をくくりました。我慢ばかりして、本当にやりたいことに目をつむり挑戦しない人生なんて、絶対後悔する!と思ったからです。

 

 でも、具体的にどんな生活がしたいのだろう?そう考えると、現状から逃げることばかり考えていて、自分のやりたいことを真剣に考えていなかったことに気がつきました。それで、自分がどんな状態になりたいのか、じっくり考えてみたのです。

 

 

・人に振り回されない生活がしたい。もう自分の大切な時間を人に管理されたくない。

・自分が本当にやりたいと思ったことに時間を使いたい。それを仕事にしたい。

平日に旅行に行ったり、観光をしてみたい。

会社にしがみつかない生き方がしたい。だから独立して稼げるようになりたい。

定年のない仕事をしたい。死ぬ直前まで仕事をしていたい。

 

 

 一言で言えば、僕はサラリーマンに向いていなかったんだと思います。他人が聞けば、こんな風に言われるかもしれません。

 

何をバカなこと言ってるんだ!好きなことなんて定年後にやればいいじゃないか!

 

 でも本当に定年になった時、やりたいことに情熱を燃やす気力と体力が残っているのだろうか?そもそも定年まで健康で生きていられるのだろうか?今の状態で定年まで我慢したら、ボロボロになるかもしれない!そんな言葉が次々に頭に浮かんでくるのです。だから最終的にこう思いました。

 

 やりたいことがあるなら今やるべきだ!

 

はじめは農業をやろうと思いました

 初めは農業で独立しようと考えていました。もともとそういう方面には、興味がありました。大学時代の夏休みに、信州で高原野菜の栽培と出荷のバイトをやったことがあります。

 

 まるまる2か月間、農家の家に住み込みで朝4時から夕方6時まで働きました。その時の体験がとても楽しかったので、結婚してからも家の近くにある耕作放棄地を借りて家庭菜園をやっていました。

 

 だから一番最初に頭に浮かんだのは、農業をすることでした。まず最初に、脱サラして農業を始めた人の情報をたくさん調べました。体験者の情報を知るのが一番参考になると思ったからです。

 

 調べてみると、予想以上に失敗しているケースが多い事を知りました。テレビで田舎暮らしの体験談などをよくやっていますが、あれはもちろん成功者の話です。

 

 未経験者が就農する場合、まず土地の確保から始まり、農業技術の取得はもちろんのこと、高額な農業機械を借金などで購入しなければなりません。

 

 ほとんどの場合、借金を返せるだけの十分な収入が得られず、撤退しているのです。当時、家のローンが残っていた僕は、さらに借金をしようとは思いませんでした。それで農業は選択肢から外したのです。

 

ネットビジネスを検討しました

 次に思いついたのはネットビジネスでした。

 

 理由は、借金をせず、未経験の状態でもできることと、文章を書くのが好きだったからです。調べてみると、大きな投資をせずに、素人からでも始められるビジネスがたくさんありました。

 

 でも怪しげな情報がたくさんありました。例えば3か月で100万円は誰でも稼げる!とか、すぐに年収1千万になる!とかとか・・・要するに初心者をカモにするような勧誘がいっぱいあるのです。

 

 それで最初は、この世界はダメだなと思ってしまいました。でもある時、自分と同じように50代で脱サラしてネットビジネスで独立した人のブログに目が止まりました。

 

 その人は、勤めていた会社からリストラされて、その後も転職先が見つからず、やむなくアフィリエイトというネットビジネスをはじめたそうです。そして紆余曲折はあったものの、今ではサラリーマン時代よりも稼げるようになったと書かれていました。

 

 そのブログを読んだ時、その人が書いたことはおそらく真実だろうと僕は直感で感じました。なんていうか、ビビッときたんですね。その人が言うには、正しい方法でちゃんと継続すれば稼げるが、ほとんどの人はその前に挫折するということでした。それで、アフィリエイトに興味が出てきて、いろいろ調べ始めたのです。

 

 会社帰りの電車では、いつもアフィリエイトビジネスについて調べていました。このビジネスについて否定的な意見はたくさんありましたが、総合的にみると、毎日継続して努力すれば、成功する可能性は極めて高い!と言う意見が圧倒的に多数でした。

 

 それで「よし!これで僕もやろう!」と決めたのです。

 

でも最初の1年間は全然ダメでした!

 最初は、アフィリエイトの基本を学ぶための学校に入りました。学校と言ってもオンラインスクールなので登校することはありません。自宅のパソコンに送られてくるメールテキストを読んでノウハウを学び、課題をメールで提出して添削を受けるのです。

 

 そこのスクールでは、最低半年は頑張ってほしい、そうすれば必ず成果は出ると言っていました。でも半年頑張っても、1円も成果が出ませんでした。それでもとにかく読者の役に立つ記事を書き続ければ、必ず成果が出ると信じていました。

 

 だけど1年頑張ってもまったく収入が発生しません。ちゃんと教わった通りにやっているのにどうしてだろう?俺、ダマされたのかも?」そんな風に考えるようになってしまいました。

 

 このまま続けるべきか本当に悩みました。それに生活費の心配も出てきました。そもそも無収入なんですから、このまま状況が変わらなければ貯金が底をつきます。

 

 しかし書くことは嫌いではありませんでした。さまざまな視点から情報を調べて記事にすることは、むしろ楽しい仕事だと感じていました。でも成果が出てこないのです。妻からは会社辞めて独立するとか言っていたけど、いつになったら収入がでるの」と当たり前な質問が出てきます。結構なプレッシャーでした。

 

やばい!このままだと老後破産じゃん!

 

自問自答の日々

 もう少し、もう少しで収益が出る!そう自分に言い聞かせて、僕は何とか続けていました。でもほとんど成果がでないまま1年半が過ぎました。それであとどのくらいで生活費が底をつくのか細かく計算しました。残された時間は、あと7か月間でした。

 

 僕は、自分の心の中にある心配君と継続君に自問自答してみました。

 

心配君:7か月後に収益が出ていなかったらどうしよう!


継続君:いや、その時はバイトをしてでも続けよう!


心配君:バイトだけじゃお金が足りないよ!


継続君:だったらマンションを売ればいいじゃないか!

 

心配君:げぇ!・・・・・

 

 最後は、いつも継続君が勝利するように自問自答していました。ちょっとおバカな自問自答ですね。でもこんなバカなことやりながら、成功を信じて書き続けたのです。この時は本当に精神的にきつかったです。

 

 どうして成果が出ないのか、何が悪いのか、何度も繰り返し考えました。それでも、成功を信じて書くこと以外には、やることがありませんでした。その時に書いた日記を読むと、こんなことが書かれていました。

 

 もうここまで来たら、ジタバタしてもしょうがない。貯金が尽きるところまで頑張ろう。それでもダメだったら、バイトをしながら書き続けよう。死ぬまで書き続けるんだ。

 

 もうかなりやばい人です。でも、自然にそういう心理状態になるんですよね。その頃の僕は、書くことが完全に生活の一部になっていて、逆に書かないと生きていけない状態でした。

 

 思いは実現したよ、ついに収益が!

 そして2年が過ぎて3年目に入る頃、ジワジワと成果が出てきたのです。あの時の感動は今でも忘れられません。もう、資金が底をつく直前でした。

 

 最初は「これってホントかよ!」って思いました。でもその後もちゃんと収益が上がっているのです。

 

 毎日毎日、いつ収益が無くなるかハラハラしながら見守りました。多少のアップダウンはありましたが、収益が出ない日はありませんでした。3ヶ月間という期間で見ると、確実に右肩上がりで伸び続けていました。

 

 そして気がついたら、サラリーマン時代よりもはるかに大きな月収になっていました。その時になって「あれ?夢がかなったじゃん!」って思ったのです。振り返れば、長い道のりでした。よくぞあきらめなかったな!俺ってエライ!と何度も自分を褒めました。(笑)

 

 その後、いろいろと新しい展開がありました。ブログに固定ユーザーがきっちりついているので、何をやってもそれなりに手ごたえが出るのです。今がチャンスとばかりに、僕はいろんなことを試してみました。それがおもしろいように当たるんですね。「いったん火がつくと止まらない!」と何かに書いてありましたが、まさにその通りでした。

 

 この仕事は、下りのエスカレーターに乗っているような感じが時々します。つまり何もしないとどんどん下に下がってしまう。でも頑張って上を目指して走ると、次の階に行けて新しい世界に出会える。でもゆっくり進んでいると、エレベーターの勢いに流されて徐々に下がってしまう。だからあるレベルに到達するまでは、頑張って走るしかない。そんなイメージなんです。

 

 現在の私

 現在の私は、アフィリエイトやブログ収入だけで生活するには十分過ぎるほどの収入があります。本当にありがたいと思っています。しかしそういう状況になると、今度は新しいやりがいを探すようになりました。

 

 それが、今やっているコンサルタント業務につながります。会社を辞めたいと悩んだり、仕事が合わなくて辛い思いをしている人を個別に支えて応援したい!と思ったのです。僕は、そこに新たなやりがいを見出しました。

 

 今ではそちらの仕事の方が忙しくて本業のようです。私が直接指導する時は、その人と一緒になって悩み、考え、どうしたらその人の人生が充実するか、それだけを願っていつも真剣に向き合ってきました。

 

 自分が本当に苦労したからこそ、今苦しんでいる方の気持ちが分かるのです。そういう方々を応援し、バックアップするのが今の私の生きがいであり、ライフワークになっています。

 

こんなことやります!未来の私

 ここまでかなり長文だったと思いますが、お付き合いしていただき本当にありがとうございます。これが最後になります。これから私がやろうとしていることを2つご紹介します。

 

1.本の執筆

 今まで、ブログやメルマガで書いてきた事を一冊の本にまとめようと考えています。おそらく自分の伝えたいことの集大成になると思います。さまざまな事例を盛り込み、内容を体系的まとめて、微力でもいいから悩んでいる人の役に立ちたいと思っています。

 

2.「サラリーマン駆け込み寺」を作る


 僕と同じような活動をしている人は、実は他にもいらっしゃいます。その人たちと共同で「サラリーマン駆け込み寺」という名のネットワークを立ち上げようと考えています。

 

 日本中にいる悩めるサラリーマンの心の支えにするのが目的です。ブログだけでは出会えなかった人とつながりを持つためのセーフティーネット的なイメージです。

 

 以上、最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。感謝感激です。人生が変わると、やりたいことは、泉のようにどんどん湧いてきます。でも、あれもこれもできませんので、メインの2つだけ紹介しました。

 

あなたも必ず変われます。僕と一緒に、人生を変えてみませんか!

 

2017年12月