突然ですが、年始に立てた目標を覚えていますか?

 

こう聞かれて、すぐに答えられる人はかなり優秀な方だと思います。

 

なぜならほとんどの方は、

 

・何を目標にしたんだっけ?

・そもそも目標なんて決めたっけ?

 

となるからです。

 

そうです!

 

年始に立てた目標なんて、ほとんどの人が忘れてしまうのが普通です。

 

実はこれ、年初に立てた目標のことだけではありません。

 

日常生活の中で繰り返し作る目標も、時間の経過と共に忘れてしまうことが多いのです。

 

例えば、

 

・毎日1時間勉強して、資格を取る!

 

・5Kgのダイエットをする!

 

・副業で月3万稼ぐ!

 

 

・・・などなど、誰でもこのような目標を立てることは多いですよね。

 

でもいつも続かない・・・・( ;∀;)

 

そんなことありませんか?

 

ただ単に意志が弱いからでしょうか。

 

もちろんそういう場合もあるかもしれませんが、

 

しかしほとんどのケースは、目標の立て方に問題がある!という事なんです!

 

 

こんにちは。

 

サラリーマンお助け村の村長です。

 

実は多くの人が間違った目標設定をしているためにもったいない時間の使い方をしています。

 

つまり、時間の経過とともに目標を目指すことがしんどくなって最終的にあきらめているのです。

 

多くの時間を犠牲にして、お金も使って、そして最後はあきらめる・・・・・・、

 

そんなことを何度も繰り返しています。

 

それって、本当にもったいないですよね。

 

でも、ポイントを押さえて目標設定をすれば、今までよりも多くの目標を達成することができるのです。

 

実は、目標設定にはコツがあるんです。

 

それは特別なことではなく、また難しいことでもありません。

 

でも、ほとんどの人はそのコツを意識していないので失敗しています。

 

そこで今回は、厳選した目標設定の7つのコツを紹介します。

 

これ読めば、すぐに目標の立て方のコツが分かりますよ。

 

それでは早速参りましょう!

 

 

その1:行動計画を立てるべし

 

これは、目標を立てたら行動計画をセットで決めることが不可欠という事です。

 

例えば、

 

「簿記の資格を取る!」と目標を立てたとしましょう。

 

ても、これだけだと前に進めませんよね。

 

だから、具体的に何をどうするかを決めないといけません。

 

それが行動計画です。

 

つまり、

 

・いつ

・どこで

・なにを

・どのように

 

やるのかを決めるのです。

 

例えば、

 

・いつ ⇒ 朝起きてから

 

・どこで ⇒ 通勤途中のマックで

 

・なにを ⇒ 簿記の勉強を

 

・どのように ⇒ 通信講座のテキストをノートにまとめる

 

のように具体的な行動計画を決めるのです。

 

但し、ここで絶対注意しなければいけないことがあります。

 

それは、その行動計画が、実行可能かどうかチェックする事です。

 

最初からハードルを高くした行動計画を決めても意味がありません。

 

だから行動計画を立てる時は、本当に今の自分にできることなのかな?ということをまじめに考えてみる事がポイントです。

 

上の例で言えば、

 

朝起きてから ⇒ 本当に朝やる時間を確保できるのだろうか?

通勤途中のマックで ⇒ 毎回マックで席を確保できるのだろうか?

 

このように、実行する前に一つ一つ自分自身に確認するのです。

 

この時、ちょっとでも難しいかも・・・と感じたら、計画を見直せばいいのです。

 

できるだけけ、自分にもできそうだ!と思える行動計画にすることが肝心です。

 

そうすることで、行動計画はどんどん実現可能性が高くなります。

 

その結果、目標達成の確率が上がるのです。

 

その2:数値化するべし

これは、目標はできるだけ具体的で数値化するということです。

 

例えば、

 

【目標】ダイエットをする!

 

とするよりも

 

【目標】体重をあと5Kg落とす!

 

とする方が、目標は達成されやすくなることが分かっています。

 

なぜなら、人は具体的な数字を標にした方が執着心が強くなるからです。

 

また目標が具体的なので、達成できたのかできなかったのか、これがはっきり分かります。

 

だから、自分に言い訳ができないのです。

 

だからあいまいな目標よりも、頑張りが続くようになるのです。

 

その3:期限を決めるべし

 

目標には、期限が必要です。

 

達成の期限が決められていない目標は、意味がありません。

 

だって期限を決めない目標なら、10年後に達成しても、20年後に達成してもいいという事になりますからね。

 

だから

 

体重は5Kg落とす!

 

と決めたのなら、

 

6月末までに! 

 

のように、明確な期限を決めることが大事です。

 

なぜなら人は期限を決めることで期限までに達成させようと無意識に行動する習性があるからです。

 

ただこの時、忘れてはいけないポイントがあります。

 

それは、現実的な期限にするという事、

 

最初から実現可能性の低い期限を設定してはいけません。

 

自分で決めた期限が、本当に達成可能なのか?をしっかり考えることが大事です。

 

もし難しいと思うのであれば、最初に決めた期限は変更すべきです。

 

ポイントは、無理をしなくてもなんとかやれる期限にすることです。

 

 

その4:ブレイクダウンすべし

 

ここで言うブレイクダウンとは、大きな目標 ⇒ 中間目標 ⇒ 小さな目標 の順に目標を決めるという事です。

 

つまり、

 

① まず最初に大きな目標を決める

 

② 大きな目標を達成させるための中間目標を決める

 

③ 中間目標を達成させるための小さな目標を決める

 

このような感じですね。

 

これは、目標を設定する時の鉄則と言われています。

 

例えばダイエットの場合、

 

・大きな目標:年末までに体重を5Kg落とす!

 

・中間目標:今月中に体重を1Kg落とす!

 

・小さな目標:毎日ウォーキングを30分、間食は止める、食事をする時は野菜から食べる・・・

 

こんな感じです。

 

小さな目標を実行すると中間目標が達成され、中間目標の達成を繰り返すことで大きな目標を達成させるのです。

 

しかし実際やってみると、予定通りできないことはよくあります。

 

その場合、臨機応変に中間目標や小さな目標を修整していけばいいのです。

 

でも、大きな目標は安易に変えてはいけません。

 

あくまでも目指すのは、大きな目標の達成です。

 

この点さえブレていなければ、目標の修正を繰り返しながら、必ずゴールに辿り着けるのです。

 

その5:イメージすべし

 

ここで言うイメージとは、「理想的な自分」をイメージするということです。

 

「理想的な自分」???

 

なんのこっちゃと思うかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

 

つまり「自分はこうなりたい」とか「こんな風に生きたい」とかそういうことをイメージするのです。

 

何かの目標を決める時、それが達成された時の自分の姿をイメージすることが大切です。

 

例えばダイエットを目標にする場合、素敵な外見を手に入れた自分の姿とか、異性にモテモテの自分の姿をイメージするのです。

 

そういうイメージを毎日することで、目標に対する執着が強くなります。

 

 

例えば自分の人生に対する目標を決める時は、

 

自分はどんな人の生活に憧れるのだろうか?

 

自分は将来どうなりたいのだろうか?

 

と言う感じで考えて、そこから目標設定することになります。

 

大事なのは、心の奥に眠ている正直な願望を目標にすることです。

 

最初に願望ありき!ですね。

つまり願望が自分の「夢」であり、それを叶えるために目標を作るわけです。

 

夢からかけ離れたことを目標にしても、結局やる気が出ないものです。

 

目標は、誰のためでもなく自分自身のためにあるのです。

 

あなたが作った目標は、本当にあなたの願望をかなえるものですか?

 

それをいつも意識して目標を作ってくださいね。

 

その6:貼るべし

 

人間は、すぐ忘れる生き物です。

 

目標を考えた時は覚えていても、日々の雑事に追われるとすぐに忘れてしまいます。

 

だからいつも目に入る場所に目標を貼るのです。

 

そうすることで、忘れていても思い出すことができます。

 

例えばトイレの壁とか、自分の部屋のドアとか、書斎の机の上とか、パソコンのデスクトップとか・・・

 

とにかく自分がいつも目する場所に貼ることをおススメします。

 

毎日自分が目にするところに目標が貼ってあると、自分自身に暗示する効果もあるんですよ

 

また、目標を目にした時に声に出して読んでみると、暗示効果はより高まります。

 

是非試してみてくださいね。

 

 

その7:絞り込むべし

 

これは、優先順位の高いものだけに目標を絞り込んだ方がうまくいくということです。

 

人間は、一度にあれもこれもやる事はできません。

 

本当にやりたいこと、本当に必要なことだけを目標にする方が結果としてうまくいきます。

 

仮にやらなければいけない目標が10個あったとしても、まずは優先順位の高い3つを選ぶようにしてください。

 

そしてその3つが達成したら、次の3つを選んで目標にするという感じを繰り返すのです。

 

その方が目標の達成率が高まることが分かっています。

 

なぜなら、効率的に自分の集中力を投入できるからです。

 

あれもこれもと手を出すと、意識が散漫になり効率的に集中することができません。

 

だから目標設定をする時は、欲張らずに的を絞ってくださいね。

 

目標設定は、ちょっとしたしたコツを意識するだけで達成率がグンと上がり、達成感を感じる機会が増えます。

 

達成感を感じると、勝ちグセがついて好循環がおこります。

 

だから、最初は簡単な目標でいいから、達成感を感じる習慣をつけてくださいね。

 

目標を達成するのは何よりもあなた自身の行動であり、行動を継続することで「夢」がかないます。

 

以上、【今すぐ使える目標設定のコツ7選】でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。