出世にまったく興味がない!

管理職になってもメリットがあると思えない!

出世したくないそれよりもプライベートを充実させたい!

 

今、管理職を望まない若手社員、中堅社員が増えています。

 

キャリアインデックスが2017年5月に実施した「有職者に向けた仕事に関する調査」では、こんな結果が出ています。

 

・管理職になりたくない女性⇒87.3%

 

・管理職になりたくない男性⇒59.7%

 

 

引用:「管理職になりたくない」 転職・仕事実態調査vol.14

 

どうですか。

 

管理職を望まない人は、望む人よりも多くなっていますね。

 

これは2017年の時の調査ですから、今はもっと「管理職になりたくない」人が増えているのではないでしょうか。

 

出世を望まない人は、もはや多数派になりつつあるのです。

 

 

こんにちは!

 

サラリーマンお助け村の村長です。

 

僕が新入社員だった時代は、ほとんどの同期が出世を望んでいました。

 

世の中の価値観が今の時代と全然違っていたのです。

 

そんな世の中でしたが、僕は新入社員の時から出世にまったく興味がありませんでした。

 

だから50歳で早期退職するまで、平社員としてサラリーマン生活を送りました。

 

その結果どうなったのでしょうか?

 

結論から言うと、出世を目指さなくて本当に良かった!と思っています。

 

僕がどうしてそう思えたのか?

 

じっくり振り返ってみると、大きく分けて7つの理由がありました。

 

今回はその理由を、紹介しようと思います。

 

それでは参ります!

 

 

その① 無駄な残業をしないで済んだ

 

これは、僕が新入社員だった時の話です。

 

同僚たちは、上司に自分が努力している姿をアピールしようと毎日必死でした。

 

つまり、「僕はこんなに頑張手ますよ~」アピールを毎日繰り返していたんですね。

 

例えば、

 

・急な仕事がないのに毎日遅くまで残業をしたり

 

・頼まれてもいないのに自ら進んで休日出勤をしたり

 

という感じでした。

 

でも僕は出世する気がまったくなかったので、不必要な残業は一切しませんでした。

 

また、どうしてもと頼まれない限りは休日出勤なんか絶対にしませんでした。

 

僕にとって上司の印象を良くするよりも、自分のプライベート時間を確保する方が大事だったのです。

 

だから僕は、同期と比べたら残業時間が圧倒的に少なかったし、「僕はこんなに頑張ってますよ~アピール」に神経をつかうこともありませんでした。

 

そのおかげで、貴重なプライベート時間を有意義に使う事ができました。

 

長いサラリーマン人生を振り返ると、相当な時間を自分のために有効活用できたと思います。

 

その② 家族との生活が充実した

 

プライベート時間をほとんど犠牲にしなかったので、家族と一緒に過ごす時間をたくさん持つことができました。

 

僕にとっては、これが何よりうれしいことでした。

 

特に思い出深いのは、毎日2人の子供と一緒にお風呂に入れたことです。

 

子供の成長を見ながら一緒にお風呂に入れる期間は、10年間くらいでしょうか。

 

そんな時期は、あっという間に過ぎ去ってしまいます。

 

そして、その時間は二度と戻っては来ないのです。

 

だから後になって後悔しても、取り戻せません。

 

子供はお風呂の中で、その日にあった出来事を次から次へと話してくれました。

 

「あのねパパ、あのねパパ・・・」と言って一生懸命話してくれました。

 

それをじっくり聞いてあげると、子供はいつも大満足するのです。

 

子供の話を聞いている時間は、僕にとっても至福の時間でした。

 

この思い出は、今でも僕の貴重な宝物です。

 

毎日遅くまで残業をしていたら、こんな経験はできなかったでしょう。

 

僕は休日出勤もできるだけ断っていたので、家族とたくさんの思い出を作ることができました。

 

もう二度と戻らない日々、家族といつも一緒に過ごすことができて本当に良かったと思います。

 

その③ 転勤しないで済んだ

 

僕は40代の前半までは、転勤を何度も経験しました。

 

会社員であれば、転勤の辞令があれば断ることなどできませんよ。

 

人によっては、新しい土地で貴重な体験ができると喜ぶ人もいるでしょう。

 

でも僕にとっての転勤は、メリットよりもデメリットの方がはるかに大きかったと思います。

 

長女は小学校だけで3回も転校をしました。

 

そのおかげで、何度もいじめにあいました。

 

本当に申し訳ないと思います。

 

妻は、知らない土地に行くたびにママ友を作ることにともて神経を使い、苦労しました。

 

妻も子供も、せっかく新しい友達ができてその土地に慣れた頃に、また転勤ということを経験してきたのです。

 

だから子供が中学生になった時、今度転勤の辞令が出たら単身赴任しようと心に決めていました。

 

でもちょうどその頃、会社の仕組みが変わりました。

 

それは、転勤を望まない人は、給料は2割下がるけど転勤は免除される!という制度でした。

 

もちろん管理職になることはありません。

 

でも僕は迷わずこの制度を利用しました。

 

以後は、転勤することはなくなりました。

 

そのおかげで、二人の子供が成人するまで一緒に過ごすことができました。

 

その事が僕にとっては、何よりもありがたいことでした。

 

 

その④ 組合員でいられる?

 

これは、会社の中に労働組合があるという前提の話です。

 

平社員であれば、ほとんどの人が労働組合に加入しています。

 

逆に管理職になると、労働組合員の資格がなくなります。

 

組合員のメリットは、会社から不当な「解雇通知」を受けても、組合側が守ってくれるということ、

 

つまり、雇用が保証されるという事なのです。

 

だから平社員でいる限り、自分の雇用が脅かされることがないのです。

 

これがやっぱりありがたいなぁと思いました。

 

でも管理職になると、ちょっと状況が違ってきます。

 

管理職の人は会社側の人間なので、業績不振の責任を追及されたり、経営上の責任を押し付けられて不当に解雇されることもあるのです。

 

そんな時、組合側は助けてくれません。

 

だって管理職の人は、会社側の人間ですから。

 

その結果、不当な解雇なのに泣く泣く辞める人も出てくるのです。

 

つまり、平社員でいるから雇用が守られる!というメリットがあるのです。

 

 

その⑤ 特別なストレスを受けなかった

 

僕がいた会社では、管理職になると仕事量が急激に増えました。

 

同時に責任も重くのしかかっていました。

 

そのことにやりがいを感じる人もいるでしょう。

 

でも、強烈なストレスを感じてつぶれてしまう人もたくさんいました。

 

つまり、せっかく課長まで出世したのに、うつ病になって休職したり退職する人がたくさんいたのです。

 

毎日のように経営層から降りかかってくるプレッシャーは相当なものです。

 

もし僕が課長になっていたら、きっと耐えられなかったと思います。

 

このようなストレスを受けなくて、本当に良かったと思っています。

 

 

その⑥ 畑違いの仕事をしなかった?

 

管理職になると、畑違いの仕事を任されることがよくあります。

 

例えば

 

・営業課長だった人が、物流センター長になるとか

 

・経理部の課長が営業課長になるとか

 

その人に適性があればいいのですが、どう考えても適性があると思えない部署に異動になることもあります。

 

これは本人にとっては相当つらいことです。

 

でも、辞令が出れば断ることはできません。

 

未経験の職場の責任者となって働くことは、精神的に強烈なストレスがかかりますよね。

 

僕にはとても耐えられそうにありません。

 

 

その⑦ 派閥に巻き込まれなかった

 

ちょっと大きな会社になると、社内には必ず派閥というものができます。

 

例えば、○○さんは社長派だとか、△△さんは専務派だとか、◇◇さんは常務派だとか、・・・

 

そんなことありませんか?

 

ちょっと優秀な社員は、必ず目をつけられてどこかの派閥に引き込まれます。

 

そして、派閥の中で活躍して出世する人がたくさんいます。

 

でも派閥に入ってしまうと、仕事以外の飲み会やらゴルフコンペなどの付き合いに時間を奪われてしまいます。

 

また派閥のドンの命令で、ライバル派閥の足を引っ張る手伝いをすることもあるのです。

 

そして、本来の仕事以上に派閥にエネルギーを使ってしまう人もたくさんでてきます。

 

でも、それってバカな話ですよね。

 

まったく無駄な時間の使い方をしているとしか思えません。

 

だから僕は、どこの派閥にも所属しませんでした。

 

単に僕が優秀でなかったから目をつけられなかっただけかもしれませんが(^^;)。

 

でもそのおかげで、馬鹿げたことに時間を費やさずに済んだと思っています。

 

 

まとめ

 

以上、僕が【出世しない生き方】を選んで本当に良かった思う7つの理由でした。

 

冒頭にも話しましたが、最近は出世をしたくない人が急激に増えています。

 

それを、単なる責任逃れという人たちもいます。

 

でもそれは違います。

 

出世を望む事が当たり前だった世の中に

 

「何かがおかしい!」

 

と感じる人が増えた結果だと思います。

 

本当に大事なのは、自分としてどう生きたいか!だと思うのです。

 

そう思いませんか?

 

是非、あなたが望む人生を送ってくださいね。

 

応援してます!

 

こちらの記事もおススメします

会社を辞めたい!50代で本当に退職したから言える実感とは

 

転職を検討している人は必見!

僕がおススメする登録すべき転職サイト(エージェント)

この記事には、どこに登録すべきなのか、なぜそこがおススメなのかについて、僕が自信をもって書いていますので必ずあなたの参考になると思います。