なぜあの人は何年も同じ部署で異動ないのだろうか?

 

なぜいつも同じ人ばかり異動しているのだろうか?

 

まったく畑違いの部署への異動がどうしてあるのだろうか?

 

そんな風に感じたことはありませんか?

 

人事異動って、不思議なことがいっぱいです。

 

みなさんは、どのような方法で人事異動が行われているかご存知でしょうか?

 

 

こんにちは。

 

サラリーマンお助け村の村長です。

 

定期異動の場合、毎年2月の初めに多くの企業で人事異動の内示が出ますよね。

 

そして3月1日には、一斉に新しい赴任先へ異動になります。

 

サラリーマンなら誰もが一年で一番ソワソワする時期です。

 

でも、僕にとっては一番嫌な季節でした(^^;)

 

人事異動の発表を見て、僕はいつも思うんです。

 

なんであの人が? 昨年異動したばかりなのに・・・

どうしてこの人が? まったく畑違いの部署に異動なの・・・

え!ウソでしょう。あの人、あんなに活躍してたのに・・・

 

そんな風に感じたことはありませんか?

 

つまりどう考えても、理解できない不可解な異動が必ずあるんですよね。

 

人事異動は一体どのように決められるのでしょうか?

 

実は、本当に偶然なんですが、

 

僕は人事異動が決まる決定的な瞬間を目撃したことがあります!

 

あの時、会社にとって社員はコマの一つなんだという事をあらためて実感しました。

 

今回はちょっと怖くなるような話もありますが、これを読めば人事異動の決定方法と裏事情が何となく分かると思います。

 

どうか最後までお付き合いください。

 

 

衝撃!兵隊の人事が決まる部屋とは!

あれは1月の中旬だったと思います。

 

ちょうど部署長人事が発表された後のことでした。

 

僕はたまたま間違って、ある部屋の扉を開けてしまったんです。

 

それは、極秘で人事を決める部屋でした。

 

(因みに人事異動の順番ですが、まずは支社長や部長クラスの部署長人事が発表されます。そして、その1か月後に平社員の異動が発表されるというのが一般的なようです。)

 

平社員は一つのコマだった!

 

ドアを開けた瞬間、ヤバイ!と感じました。

 

怖い顔をした人たちが一斉に僕をニラんだのです。

 

そして、こう言われました。

 

すぐにドアを閉めてココから出ていきなさい!

 

ぴーン!と張りつめた空気を感じました。

 

その時、僕は見たのです!

 

テーブルの上に超巨大な組織図があって、その上にコマようなものが置かれていたのを。

 

その部屋は、まさに人事異動を決める部屋だったのです。

 

誰かがカギをかけ忘れたのでしょう。

 

僕は、簡単に中に入ってしまいました(^^;)。

 

普通は部外者が入れないように厳重にカギを閉めてるはずですが・・・

 

大きなテーブルの上にあった組織図をチラ見すると、

 

どこの部署に何人補充し、どこの部署から何人削減するか!

 

ということをコマを動かしながら決めていたということが一瞬で分かりました。

 

因みに通常の人事異動が決まるまでには、大きく分けて3つの段階があります。

 

人事異動が決まるまでの3つの段階

 

人事異動が決まるまでの3つの段階とは、こういう流れの事です。

 

ステップ① 新しい組織を決める

ステップ② 新しい組織の部署長人事を決める

ステップ③ 平社員(兵隊)の人事を決める

 

あの時、僕が見たのはまさにステップの段階でした。

 

僕は、なるほど、兵隊はこうやって配置を決めていたのかぁ!ーンときました。

 

経営幹部が「ここの部署は人が足りないから人を入れろ!」と言えばコマを補充し、「ここの部署は人をもっと人を減らせ!」言えば組織図の上のコマを動かす、そういう作業をしていたんですね。

 

それにしても、平社員の人事異動がコマを使って決めていたは知りませんでした。

 

 

 

人事異動がない人の特徴とは 

 

どこの会社にも長年まったく異動しない人がいますよね。

 

その人たちは、まるで人事から忘れ去られた人のようです。

 

でもそれは忘れ去られたわけじゃなく、異動できない理由がちゃんとあったんです。

 

ところでいつも異動しない人たちには、2種類のタイプがあるって知ってますか。

 

つまり

 

仕事ができるタイプ

 

仕事ができないタイプ

 

です。

 

それぞれに異動できない裏事情があります。

 

仕事ができるタイプ

 

【できる部下】の場合、上司が人間的に優れた人であれば部下の成長のために身を切る覚悟で異動させるでしょう。

 

でも現実は、そうなりません。

 

僕の経験では、【できる部下】を手放すような立派な上司なんてほとんどいませんでした。

 

今の管理職は、誰もが分の部署の成績のことで頭がいっぱいです。

 

だから、部下の成長とか部下の人生とかをじっくり考える余裕なんてありません。

 

その結果、【できる部下】をどうしても手放すことができないのです。

 

たちの悪い上司になると、どんな手を使っても【できる部下】を手元に置いておこうとあの手この手で裏から手をまわします。

 

ひどい上司の場合、他の部署から引き抜きの声ががかからないように、わざと自分の部下の欠点を社内に言う人もいるんです。

 

仕事ができないタイプ

 

【できない部下】の場合は、例えるならまさにトランプのババ抜き状態でした。

 

上司にとって頭が痛いのは、その部下がいることで自分の部署の成績が上がらない事です。

 

だから、とにかくこの部下をどこか別の部署に異動させようとします。

 

そのために、部下の人事評価欄にウソでも部下を褒める事を書きます。

 

例えば

 

彼は協調性があって、事務処理能力が高く、どんな困難でも跳ね飛ばす力を持っていて・・・

 

こんな感じで、心にもない事を書くわけです。

 

そして、他の部署の上司がこの人事評価を見て引っ掛かるのをじっと持つのです。

 

まさに人間のババ抜きですね。

 

このババ抜きの対象になってしまった人は、短い期間にいろいろな部署を異動する傾向があります。

 

そうなると、本人は自信をなくしてボロボロになり、最後は会社を去っていくのです。

 

多くの会社では、多かれ少なかれこのような駆け引きが行われていると思って間違いありません。

 

 

辞めさせることが前提の人事異動

 

本人を辞めさせる目的で、人事異動を発令するケースもあります。

 

僕はその現場を見た経験があります。

 

経理部で20年近く勤務していた女性(45~46歳ぐらいだったと思います)の話です。

 

ある時、この女性に辞令が出ました。

 

この女性は入社以来、一度も人事異動をしたことがなかったのですが、ある時に海外販売部への辞令が出たのです。

 

海外販売部の仕事は、最低でも英語が話せないと仕事になりません。

 

でもこの女性は、英語が全く話せませんでした。

 

それでこの女性は「私にはとてもムリです!」と言って上司に泣きついたのです。

 

僕もこの辞令は、正直かなりムリがあると思いました。

 

でも、上司は女性の訴えを頑として受け付けませんでした。

 

問題のある人を合法的にクビにする人事異動

実はこの女性、ちょっと問題のある人でした。

 

いつも横柄な態度をとるということで、社内では有名な人だったのす。

 

それで、どこの部署も彼女だけは欲しくないと言われていたんですね。

 

そんな背景があったので、彼女は入社以来20年近くも異動がなかったのです。

 

でも会社としては、何とかしてこの女性を辞めさせようと考えていたのでしょう。

 

そこで今回の辞令が出たようです。

 

当時、経理部と海外販売部は同じ役員が担当していました。

 

それで、その役員の鶴の一声で人事発令が出たようです。

 

この女性は、辞令の撤回が不可能と知って退職してしまいました。

 

まんまと会社のワナにハマったわけです。

 

会社は社員に「会社を辞めろ!」とは言えません。

 

でも人事異動という手段を使って合法的に辞めさせることができるという事を知っておいてください。

 

 

ずるい手を使う課長たち

 

自分が目をつけた社員を引き抜くために、こっそり役員に手を回すズルい課長もいました。

 

どうしても優秀な部下が欲しい!

 

これが本音です。

 

でも優秀な社員は、優秀であるがゆえに直属の上司が手放しません。

 

だから、優秀な社員は簡単に引き抜けないのです。

 

強引に人事異動をコントロールする人たち

 

会社には、強引な手を使って人事異動をコントロールしようとする人がいます。

 

ある課長は、役員をうまく誘導して希望通りの部下を手に入れました。

 

普通に考えれば、役員が課長クラスの要望を聞いて人事権を発動するなんて誰も思わないでしょう。

 

でも、そんなことはよくあるのです。

 

例えば、

・その課長が大学の後輩だった

とか

・その課長が自分の派閥に所属している

とか

・その課長がゴルフ接待によく付き合ってくれる

とか

 

・・・そんな実に下らない理由で簡単に権力を行使することもあるんです。

 

パワハラで有名なある課長は、かつて自分の部下だったA君を手元に呼び寄せるために人事権をもつ役員に近づきました。

 

そして、役員とゴルフに行ったり、役員の奥さんの誕生日にプレゼントを買ったりと見え見えのゴマすりをしました。

 

その結果、役員はパワハラ課長の言いなりになって人事権を行使したのです。

 

まったくバカらしい話ですが、実話です。

 

役員も人間ですから、最後は好き嫌いで動く部分は大きいようです。

 

パワハラ課長に連れ戻されたA君は「あの課長の部下だけは2度とやりたくない!」と言ってたそうです。

 

でもその願いはかなわず、またパワハラ課長の部下になってしまいました。

 

あの時は、かわいそうでなりませんでした。

 

会社に振り回されない人生を送りたいなら

人事異動は、サラリーマン人生のなかで極めて影響が大きいです。

 

しかしサラリーマンであれば、人事異動は避けて通れませんし、理不尽な辞令でも断ることはできません。

 

希望通りの異動であればいいのですが、

・辞めさせるための辞令だったり

・嫌がらせ人事だったり

・報復人事だったり

・とばっちり人事だったり

 

を受けたのではたまりません。

 

それでも、じっと我慢する人もいるでしょう。

 

でもたった一度の人生ですから、自分の道は自分で決めてもいいのではないでしょうか

 

自分で自分の道を選ぶには、自分の価値を高めるしかありません。

 

自分の価値を高めれば、こちらが会社を選ぶ立場に変われます。

 

自分の価値が高まれば、どこに行っても認めてもらえます。

 

会社の理不尽な決定に我慢できなければ、また別の会社を選ぶこともできるのです。

 

では具体的にどうすればいいのか?

 

自分の価値を高めるとは、専門知識や技術を身につけることです。

 

でも、未経験者でも働きながらできるのだろうか?と思うかもしれません。

 

結論から言えば、できます。

 

ただし、今からできる分野は限られています。

 

現時点でそれが可能なのは、プログラミングだけです。

 

 

プログラミングであれば、まったくのド素人でも最短1か月程度でそれなりの技術をつけることができます。

 

だから、やってみる価値はあると思います。

 

プログラミングスクールはいろいろあるので、ネットで調べて気に入った学校を自分で選べばいいと思います。

 

でも、どこのプログラミングスクールを選べばいいのか分からない?という人もいるでしょう。

 

そんな人には、GEEK JOBキャンプをおススメします。

 

なぜかというと、GEEK JOBキャンプは無料だからです。

 

なぜ無料なのかというと、受講者が就職すれば企業側からGEEK JOBキャンプに報酬が入る仕組みになっているからです。

 

だから無料でも、決して授業内容のレベルが低いわけではありません。

 

GEEK JOBキャンプであれば、即戦力として通用する高い専門知識をしっかり習得することができます。

 

因みにGEEK JOBキャンプの受講生がプログラマーとして転職に成功する人は95%以上です。

 

無料の 体験会や説明会があるので、まずはそれを受けてから申し込むかどうかを決めればいいと思います。

 

GEEK JOBキャンプ

 

新しい一歩を踏み出すときは、誰でも最初は怖いものです。

 

でも、その一歩を踏み出すことで新しい未来が開かれます。

 

何事もやってみなければわかりません!

 

そしてやってみた結果、心配していた事のほとんどが起こらないものです。

 

心配ばかりしても意味がありません。

 

僕は、あなたの未来を切り開くことはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか開くことができないのです。

 

今が、人生を変える転機かもしれません。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

応援してます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。