スポンサーリンク

 

こんにちは!「会社を辞めたいと思っている人のための情報館」です。世の中にはウソをつくのが上手な人がたくさんいますよね。ウソがうまい人は、いつも巧みな言葉を使います。だからダマされている方は、深刻な状況になるまで「ウソをつかれている」と気がつかない事が多いんです。

あなたが「この人、もしかしてウソついてるかも?」と感じても、ウソがうまい人はすぐにその気配を察知して対策を打ちます。相手が本当にウソをついているのかいないのか!それを知るにはどうすればいいのでしょうか?

今回はその方法をお伝えしたくて、記事を書きました。それでは早速、心理学を使った方法で相手のウソを見破るテクニックをご紹介します!

 

身体の動きからウソを見抜く5つのコツがあるよ!

 

人はウソをつく時に、表情やしぐさに変化がでてくるんです。

 

例えば手で鼻や口を触るとか、髪を触るとか、しきりに足を組み替えるとかとかとか・・・いろいろありますよね。

 

やり方は人によってそれぞれ違います。

 

どうしてウソをつく時にそういう変化がでてくるのでしょうか。

 

それは、罪の意識や後ろめたさ、焦りなどの心理状態が無意識そういう行動を起こさせていると考えられているんです。

 

それでは、具体的な体の部位別によくありがちな動作を紹介します。

 

これを知っていれば、相手のウソを見抜く時にとっても役立ちますよ♪

 

ウソをつく時の足はどうなる?

 

足って一番ウソが出やすい部位なんです!

 

なぜかというと、表情や話し方などは意識してゴマ化すことができても足まで意識していない人が多いからです。

 

で、ウソをつく時の足はどういう動きをするのか!ご紹介します。

 

一番多いのが貧乏ゆすりです。

 

よく見かけますよね。

 

そして次に多いのが足の組み替えを頻繁にやる、ということです。

 

是非、注意してみてくださいね。

 

手の動きに出てくる変化のベスト5

 

足の次に無意識に動かしてしまうのが手なんです。

 

それではさっそく、ウソをつく時によく出る手の動きベスト5を紹介しましょう。

 

・しきりに手をこする

・口や鼻の辺りに触れる

・口元を隠す

・こぶしを握る

・腕を組む

次は目だよ

 

目の出てくる変化のベスト5をご紹介します。

 

・キョロキョロする

・下を見る

・視線をそらす

・まばたきの回数が増える

・サングラスを外さない

意外と変化を見抜くのが難しい【表情】の変化

 

表情からウソを見抜くのは意外と難しいと言われています。

 

それは、後ろめたさを隠すためにポーカーフェイスを意識的に作る事ができるからです。

 

でもウソを見抜くポイントがあります。それは、いつもの表情と違うかどうかということです。

 

それではよくある表情の変化をご紹介します。

 

・いつもと比べて表情がかたい

・いつもと比べて頻繁にうなずく

・いつもより笑いが少ない

・いつもよりもしくは笑いが多い

最後は姿勢の変化でウソを見抜く!

 

実は、からだの動きと感情は連動しやすい傾向があります。

 

特にイスに座っている時に、その変化がでてきます。

 

それでは具体的な変化をご紹介します。

 

・イスに浅く腰かけようとする

・もしくはイスに深く腰かけようとする

・たびたび姿勢を変える

 

以上、ウソをつく人の身体の動きの特徴でした!

 

会話からウソを見抜く3つのポイント

 

会話からウソを見抜くポイントは、相手の話が「会話のルール」を外れているかどうかがポイントなんです。

 

自由に話しているように見える会話ですが、そこには一定のルールがあるんですよ。

 

と言っても何のことか分からないと思いますので、具体的な例をあげてご説明します。

 

会話の量がなんだか不自然?

 

 

相手の話す量がいつもと比べて不自然に多かったり少なかったりする時は、ウソをついている可能性があります。

 

これは、ウソがばれないようにあらかじめ作ったストーリを話していたり、逆にボロが出ないように言葉数を減らしているからなんです。

 

話のキャッチボールが微妙に成立していない?

 

例えば

 

昨日はどこにいたの?

 

という奥さんの質問に対して

 

そう言えば昨日は寒かったよね

 

と夫が答えたら、会話が成立しませんよね。

 

夫が話の流れからかけ離れたことを言ったのは、その話をしたくない!という心理が隠されているのです。

 

だから会話のキャッチボールが不自然な時は、何かを隠そうとしている可能性が高いのです。

 

あいまいな受け答えは怪しい?

 

例えば

 

昨日はどこで何をしていたの?

 

という奥さんの質問に対して

 

ちょっといろいろあって・・・・

 

と夫が答えたら、怪しいですよね。

 

人は何か言いにくい事がある時、それを言わずに済ませようという心理が働きます。

 

その結果としてあいまいな受け答えをしてしまうんですね。

相手のウソを引き出すテクニックだってあるよ!

スポンサーリンク

 

ウソがうまい人は、表情や会話の変化を意識しているのでウソを見抜くのはむずかしいです。

 

そんな時、相手のウソを引き出すテクニックがあるんです。

 

それは、こちらかの質問の方法を工夫するテクニックです。

 

さっそくそのテクニックをご紹介しましょう!

 

「はい、いいえ」で答える質問をしちゃダメ

 

例えば、彼氏が浮気しているかもしれないと彼女が思ったとします。

 

この時

 

ちょっと、あんた浮気してるでしょう!

 

と質問してはいけません。

 

だってウソがうまい彼氏ならこう答えるでしょう。

 

僕が浮気している?なんでそう思うの?そんなに僕はモテないよ、ハハハハハ

 

こんな感じでのらりくらりと逃げるからです。では、どういう質問すればいいのでしょうか?

 

一歩一歩追い詰める質問がいい!

 

例えばこんな感じで質問してみてください。

 

あんた、昨夜はどこいってたの!

 

すると彼氏は

 

友達とカラオケ行ってた!

 

と答えたとします。

 

そこであなたは

 

友達って誰?どこの店?

 

と追い込むのです。

 

ここで彼氏が適当な友達名と店名を言った場合、あなたは

 

じゃあ、今から確認するよ!

 

と追い込んでください。

 

もし彼氏が浮気をしていたなら、ここで彼は撃沈するでしょう。

 

撃沈しなかったら

 

何を歌ったの?どんな料理を食べたの?

 

と次々に質問してください。

 

口から出まかせのウソの場合、一つ一つ事実を確認していくことで、ボロが出やすくなるものです。

 

もし彼氏がカラオケに行っていないのであれば、一つ一つの質問に答えるのに時間がかかるようになります。

 

番外編!メイクに隠された彼女の心理を見抜こう!

 

メイクには、不思議な力が隠されているってご存知ですか?

 

実はメイクには、人の行動を大胆に変える力があるんです!

 

人は、メイク一つで気分が上向いたり、積極的になったりと本人の気分や行動に大きな影響を与えますよね。

 

またメイクをうまく使いこなすことで、相手が自分にもつ印象を操作することもできるんです。

 

では早速、パターン別にメイクに隠された心理をご紹介しましょう。

濃いメイクに隠された心理とは

濃いメイクをする時の心理には、だいたい4つのパターンがあります。

 

①自分に自信がないという心理

②自信過剰で自分をアピールしたいという心理

③不安を隠したいという心理 

④いつもと違う自分になりたいという心理

ナチュラルメイクの裏にある心理とは

 

①真面目で誠実な人であることをアピールしたいという心理

②相手に自分の本心を見てもらいたい、また相手からも誠実な対応をしてほしいという心理

③そのままの自分で十分、私は自信がある!という心理

ノーメイクの人の心理

①自分を飾ることに興味がないという心理

②自分の外見の変化に対する周囲の反応に興味がないという心理  

以上、【番外編】メイク別の心理の紹介でした。

まとめ

 

今回は「ウソを見抜くテクニック」をご紹介しました。

 

ウソをつくのがうまい人って、結構いますよね。

 

かわいいウソなら許せます。

 

でも

 

自分の欲望を満たすために平気でウソをつく人は嫌ですよね。

 

そういうタイプの人たちにダマされないように、日ごろからウソを見抜く力をつけてくださいね。

心理学に関するこちらの記事もおススメします。

僕が心理学から学んだ【ウソにダマされない方法】の全まとめ

【自分を変える心理学】僕が実践した6つのテクニック

スポンサーリンク