・待遇がひどすぎ!入社前に聞いた話と実態が違い過ぎる・・・

 

・まさかこんなにブラックだとは思わなかった。毎日しんどくて泣きたい・・・

 

・一日中ノルマに追われて、もう精神的にボロボロだ・・・

 

・今の仕事が自分に向いていないという事にやっと気がついた・・・

 

 

新卒の方が転職を検討する場合、このような悩みを抱えているケースが多くあります。

 

どのような会社もそうですが、入社してみないことには実態が分からないものです。

 

厚生労働省の調査によると、入社して3年以内に会社を辞める方は約3割です。

 

つまり、約3人に1人の方が入社して3年以内に会社を辞めているのが現実なのです。

 

だから最初の就職で失敗してしまっても、それは仕方がないことなのかもしれません。

 

 

こんにちは。サラリーマンお助け村の村長です。

 

第二新卒とは入社して3年以内に会社を辞めて転職活動をする若手求職者のこと、

 

この記事は、真剣に悩んでいる第二新卒の方に向けて書いています。

 

今、この記事を読んでいる方は、

 

・会社の方針に違和感を感じている

 

・やっている仕事がどうしても自分に合わないと感じている

 

・会社の待遇面(残業時間や給料や休暇の取得など)に強い不満がある

 

・高圧的な上司との人間関係にとても悩んでいる

 

そのようなつらい状況にあるのかもしれません。

 

社員を大切にしない企業は、世の中にはたくさんあります。

 

だから新卒で辞める方が3割もいるのかもしれませんね。

 

ところで第二新卒の採用状況は、どうなっていると思いますか。

 

実は今、とても恵まれた状況にあります。

 

中途採用サポネットの調査によると、

 

2018年度の企業の中途採用の見通しは、「経験者採用・未経験者採用ともに積極的」が45.2%と高い数字になっており、市場に追い風が吹いているのです。

 

なので第二新卒は、転職するタイミングとして問題ありません。

 

とは言え、この追い風がずっと続くと思ってはいけません。

 

必ず逆風が吹く時がやってくるでしょう。

 

だから追い風が吹いている今のうちに、行動を起こすことが大事なのです。

 

また、今は追い風が吹いているとはいえ、第二新卒の転職にはライバルもいるわけです。

 

ライバルに勝って希望の転職を成功させるためには、まずはあなたが本気で転職したいと思う事です。

 

本気の気持ちがなければ、どんなに知識を詰め込んでもうまくいきません。

 

この記事では、本気で転職したい第二新卒の方に向けて、

 

・転職で失敗する5つの原因

 

・就活の鉄則5か条

 

について、具体的な例や模範解答などを示しながら分かりやすく解説しました。

 

もう就職で失敗したくない!という強い思いがある方は、是非この記事を読んで自分が納得のいく転職を成功させてください。

 

因みに、今回の記事はボリュームがかなりあります。

 

もしお時間がないという方は、まず目次を見て興味のある個所からお読みください。

 

 

転職で失敗する5つの原因

先ほども書きましたが、ここ数年は「第二新卒歓迎」と書かれている求人が増え、需要が高まっています。

 

しかしそんな状況にあっても、転職がうまくいく人、いかない人がいます。

 

なぜうまくいかないのか?

 

そこにはちゃんと原因があります。

 

どんな原因で転職に失敗してしまうのか、以下にほとんどのケースで当てはまる5つの原因を紹介します。

 

原因をしっかり理解できれば、同じ失敗を繰り返さえさずにすみますよね。

 

その1:退職理由で失敗する人

 

退職理由で失敗する人というのは、ネガティブな退職理由を言ったために採用されなかったという事です。

 

例えば、

 

・飛び込み営業がどうしても合わなくて、退職を決意しました。

 

・社内の人間関係が予想以上に最悪だったので退職しました。

 

このような感じです。

 

たとえそれが本心であっても、受け取る側はいい印象をもたないものです。

 

つまり採用側は、

 

・この人は責任転嫁をする人だ。

 

この人を採用したら同じような理由を言ってきっとすぐに辞めてしまうだろう

 

などとマイナスの印象をもってしまうのです。

 

だから、

 

本音はあってもひとまず置いといて、建前上はポジティブな退職理由を言う

 

これがポイントです。

 

つまり、採用する側があなたに好印象をもつような退職理由を言うのです。

 

模範例を紹介します。

 

本音⇒飛び込み営業がイヤだった。

建前⇒前職では飛び込み営業を経験させていただきました。この営業は予想外の出来事が多く、毎日刺激的な展開があって、それはそれで貴重な経験をさせていただいたと感謝しています。しかし今は、既存顧客との関係を大切にして売上を伸ばしている御社の営業スタイルこそ大事ではないかと思い、この度応募させていただきました。

 

本音⇒人間関係が最悪だった。

建前⇒前職は、個人主義の社風がやや強すぎたと感じています。このため、どうしても協力して業務を進めることが難しい環境でした。私は、一つのゴールに向かってチームが協力しながら目標を達成するという経験をしたかったので、チームプレーを重視しながら成果を上げている御社の環境に魅力を感じていました。それでこの度、応募させていただきました。

 

このような感じで、本音はひとまず置いといて、できるだけポジティブな退職理由が言いましょう。

 

ぶっつ本番でこのような回答はなかなかできるものではありません。

 

事前にしっかり考えて、復唱できるようにしておくことが成功のカギです。

 

その2:志望動機で失敗する人

 

面接では、どうして当社に応募したのですか?と志望動機を聞かれますよね、

 

この時、志望理由を明確に伝えることができないと転職に失敗してしまいます。

 

志望動機があいまいだと、

・この人は一体何をやりたいのだろう?

・本当は前の会社がイヤで逃げ出しただけではないか?

・ただ楽な仕事をしたいだけではないか?

 

と悪い印象を持たれてしまいます。

 

例えば悪い例として、

 

・前職の経営状態が悪化し、漠然と将来に不安を感じたので御社に応募しました。

 

・営業が自分に合わないと気づいたので、事務職を募集している御社に応募しました。

 

このような応募理由だと、あなたが一体何をやりたいのかが分かりません。

 

そうなると、採用する側は一気に採用意欲を無くしてしまいます。

 

なので志望動機は、何をやりたいのかはっきり伝わるように明確に話しましょう。

 

模範例を紹介します。

学生の時は、自分が本当にやりたいことが分かっていませんでした。しかし社会で働く経験をさせていただいて、自分はルート営業ではなく、本当は店舗での営業をやりたかったのだという事に気がつきました。今は、将来営業部長になりたいというはっきりした夢があります。そのために前職で培ったルート営業の経験を活かして、ぜひ御社で活躍したいと考えています。

 

このような感じで、何をやりたいのかをはっきり言いきることです。

 

そして、できるだけストーリーをもって伝えると説得力が出てきますよ。

 

志望動機も、ぶっつけ本番ではいい答えをすることはできません。

 

事前にしっかりと考えておいてくださいね。

 

その3:応募企業の選定で失敗する人

 

応募企業の選定で失敗する人とは、一言で言えば分不相応な企業に応募しているので採用が決まらなかったという事です。

 

だれでも、知名度のある超大手企業や人気の高い有名な企業に応募したいものですが、そこが実力とかけ離れていては転職がうまくいきません。

 

つまり、転職市場における自分の価値が分かっていないという事です。

 

理想が高いのは悪いことではありませんが、高すぎるのはダメです。

 

また、転職エージェントのアドバイザーは、理想が高すぎる人は相手にしません。

 

なぜなら、理想が高すぎる人は採用される可能性が低いので、時間の無駄になるからです。

 

アドバイザーも商売なので、採用の可能性の高い人から優先的にサポートします。

 

だからこそ、客観的に見た自分の強み・弱みを知っておく必要があります。

 

知ることで、自分の能力を過大評価することがなくなるのです。

 

ではどうすれば、客観的な自己分析ができるのでしょうか。

 

ネットでちょっと検索すれば、さまざまな自己分析ツールがでています。

 

なので、まずはネットで自己分析ツールを選んでやってみるのも一つの手です。

 

手っ取り早いのは、大手転職エージェントの自己分析ツールを利用する方法です。

 

例えば大手転職サイトのリクナビNEXTには、グッドポイントという診断ツールがあって簡単に自分が知らなかった強みや弱みに気づくことができます。

 

興味のある方は試してみてください。(*但し登録の必要があります)

グッドポイント

 

その4:退職のタイミングで失敗する人

 

退職のタイミングで失敗する人とは、転職先が決まる前に退職して失敗した人ということです。

 

なぜ先に退職すると失敗してしまうのか、

 

それは

 

・すぐに転職先が見つからず、お金がどんどん減っていき資金が足りなくなって生活が苦しくなる

 

・生活が苦しくなると、気持ちに焦りが出て冷静な転職活動ができなくなる

 

・冷静な転職活動ができなくなった結果、もうどこでもいいから就職してしまえ!となって失敗する

 

このような悪循環に陥ってしまう可能性が高いからです。

 

ですから、とりあえず退職してから転職先を探すという判断はなるべく避けてくださいね。

 

但し、こんな場合は別です!

 

・このまま働いていたら、すぐに身体を壊してしまう!

 

・もう限界、精神的に耐えられそうもない!

 

もしそういう差し迫った状況なら、すぐに退職してください。

 

一番大事なのは、あなたの身体だからです!

 

僕は、我慢しすぎて身体を壊した経験があります。

 

だからこそ、ここで強く言っているのです。

 

身体さえ元気であれば、人生は何とかなります。

 

どうか自分の身体を一番に考えてくださいね。

 

その5:前職の説明で失敗する人

 

前職の説明で失敗する人というのは、面接官の質問の意図を理解しないで回答して失敗した人という事です。

 

特に多いのは、失敗経験の説明です。

 

例えば面接官が「前職での失敗経験を教えてください」と言った時、

 

・特に大きな失敗はありません

 

・失敗経験で思い当たる点はありません

 

と答えたらダメです。

 

まず、まったく失敗した経験のない新入社員などはいません。

 

だからこのような回答をしたら、この人は自分の失敗に気づかない人なのかもしれないと面接官に思われてしまうかもしれません。

 

そもそも面接官は、失敗したことがない人を採用したいわけではありません。

 

この質問で面接官が知りたいことは、

 

・失敗経験を人のせいにしないで、素直に受け入れることができる人なのか

 

・失敗経験から何かを学んだのか(もしくは何かを学ぼうとしていたのか)

 

・失敗経験をどのように乗り越えたのか

 

・失敗経験がその後の仕事に生かされているのか

 

という事です。

 

だから失敗経験を話すことは、自分の人間性をアピールしている事につながります。

 

ではどのように答えたらいいのでしょうか。

 

ここで模範例を紹介しますね。

 

お客様に出した見積書の単価が一桁間違えていることを、上司からに指摘されたことがありました。

上司からは「すぐにお客様に電話してお詫びし、訂正しなさい!」と強く叱られました。

この時、なぜ初歩的なミスをしてしまったのか、同じ失敗をしないようにするにはどうしたらいいのかと考えました。

初歩的なミスをしたのは、疲れていたのに慌てて見積書を作成していた事が原因だったと気がつきました。

それからは、どんなに疲れていても、「決して慌てるな!」と自分に言い聞かせるようにしています。

そして、見積書は必ず自分自身で2回チェックをするようにしました。

また近くに先輩社員がいる時は、できるだけチェックしてもらうようにしました。

その結果、見積書だけでなく書類全般でミスを指摘されることが減りました。

 

いかがですか。

 

ちょっと長くなりましたが、ポイントは失敗経験を通じて学んだこと、改善したこと、工夫したことなどを具体的に盛り込むことです。

 

ここでいかにうまく伝えることができるかで合否が変わります。

 

これもぶっつけ本番では、話すことはできません。

 

必ず事前に考えて老いてくださいね。

 

以上、転職で失敗する5つの原因でした。

 

第二新卒の転職で失敗する人は、この5つの失敗のどれかが原因になっていることがほとんどです。

 

だから、5つの失敗をしっかり理解して対策を立てれば、転職が成功する可能性が高くなるのです。

 

じっくり対策を立ててみてくださいね。

 

次に紹介するのは、就活時に守るべき6か条の鉄則です。

 

転職に失敗する5つの原因を理解した上でこの6か条の鉄則を押さえていれば、まさに鬼に金棒です。

 

就活時に守るべき5か条の鉄則

 

第二新卒の転職で一番大事な事、それは自分にあった企業を選ぶという事です。

 

ここでは、自分に合った企業を見つけるためにこれだけは守るべきポイントを6か条の鉄則として紹介しています。

 

この鉄則を守れば、必ず自分に合った企業を選べるでしょう。

 

鉄則1:今後どう生きたいのか決めるべし

まず最初に、自分として今後どのような会社員生活を送りたいのか!これを明確にしておくことが先決です。

 

例えば、

 

・お金はそこそこでいいから、もっと余暇を充実させた生活を送りたい

 

・仕事を通して自分を成長させたい、できれば役員まで上りつめたい

 

・とにかくお金だけ稼げればいい、その後は早期退職して海外でリタイア生活を送りたい

 

などなど、人生に求めることは人によって様々でしょう。

 

まずは、あなたがどのような人生を送りたいのか! これがないと何も決まりません。

 

ただ何となく生きていれば、日々の忙しさに忙殺されて必ず流されてしまいます。

 

でも、そう言われてもまだ自分がどう生きたいのかよく分からないという人もいるかもしれません。

 

そんな時は、自己分析をしてみることです。

 

自己分析をする事で、今まであまり意識していなかった自分の特徴を客観的に知ることができるのです。

 

先ほども紹介しましたが、大手転職サイトの自己分析ツールを使うのが手っ取り早いですよ。

グッドポイント

 

鉄則2:応募企業を徹底的に調べるべし

 

 

今の時代、ネットで調べればほとんどの情報が手に入ります。

 

ですから、まずは自分が応募する企業については徹底的に調べてください。

 

徹底的に調べることで、その企業について全体像が見えてきます。

 

これをやらないために、後で後悔する結果になった人は意外と多いのです。

 

ただ、ネットの情報がすべて正しいとは限りません。

 

中には誤った情報もありますよね。

 

だから、一つの情報だけを頼りにするのではなく複数の情報をチェックしてください。

 

例えば、

 

・応募企業に関する情報をネットで検索したら、1記事だけでなく複数の記事に目を通す。

 

・複数の口コミサイトをチェックする。

 

・応募したい企業の本社や営業所、工場などを自分の目で見る。

 

・一般ユーザーのふりをして、電話をかけてみる

 

などなど、できるだけさまざまな角度から情報を調べてください。

 

相手を徹底的に調べて知ることが、自分に合った会社を見つける近道なのです。

 

鉄則3:伝え方で決まると心得るべし

 

同じような内容の事でも、伝え方一つで相手の印象はまったく違ってきます。

 

だから、うまく伝える技術がない人は、とても損をしてしまうのです。

 

例えば面接で自分の実績をアピールする時に、

 

前職では、営業としてそこそこの評価をいただいておりました。

 

と言うよりは、

 

前職では年に2回ほど査定がありました。7段階で評価するのですが7の評価を2回、6の評価を3回いただいたことがあります。

 

といった方が説得力があります。

 

つまり、具体的な数字を示した方が相手に与えるインパクトが大きいのです。

 

この他にも、うまく伝える技術はたくさんあります。

 

ここですべて紹介することはできないので、代表的なテクニックを2つ紹介しますね。

 

例1)「っ」をプラス

 

悪い例:この方法で、良くなります
 ↓
良い例:この方法で、きっと良くなります

 

このように小さい「っ」の入った言葉ったい、きっと、ばっちり、きっちり、ぴったなどのを入れると、相手の心に響きやすくなります。

 

例2)話す順番を「意見」→「理由」→「事例」→「意見」にする

 

悪い例:あの会社は、評判がいいからおススメですよ。
 ↓
良い例: 

 (意見)あの会社は、評判がいいからでおススメですよ。

 (理由)会社の理念が素晴らしいから、社員の満足度が高いんです。

 (例)しかも社員の離職率は、ここ10年で1%以下なんです。

 (意見)だから私はおススメするんです。

 

話し方にはいくつかの「型」がありますが、この例のように「意見」→「理由」→「事例」→「意見」の順に話すことでより説得力が増すのです。

 

相手にうまく伝わるような言い回しは、すぐにはできるものではありません。

 

だからこそ、今から意識して練習を繰り返すことが大切です。

 

ちょっと意識してみてくださいね。

 

鉄則4:これだけは譲れないという条件を決めておくべし

 

あなたにとって、これだけは絶対譲れない条件は何ですか?

 

自分の希望がすべて叶う企業など、ほとんどないのが現実です。

 

だからこそ、条件を絞り込むのです。

 

例えば、

 

・多少の残業はいいけど、長くても2時間以上は不可

 

・諸手当を含めて最低でも手取りで30万円以上なきゃダメ

 

・営業はいいけれど、飛び込み営業は絶対イヤ

 

・通勤1時間圏内なら構わないけど、それ以上はダメ

 

とかとか、このように絶対ゆずれない条件を先に決めてしまうのです。

 

そうすることで、応募企業はある程度絞られてきます。

 

そこから、追加の希望条件を満たせるかどうか検討すればいいのです。

 

その方が、効率的に自分に合った企業を探すことができますよ。

 

鉄則5:積極的にアドバイスを求めるべき

 

一番いい方法は、身近にいる転職経験者の話を聞くことです。

 

実際に転職を経験した人のリアルな体験談の中には、必ずあなたの役に立つ情報があるものです。

 

もし、身近にそのような人がいない場合は、転職のプロ(転職エージェントのアドバイザー)に聞くのも一つの手です。

 

転職に関しては、アドバイザーはプロです。

 

ただし、アドバイザーの都合を言葉巧みに押し付けられてしまう場合もあります。

 

だから、アドバイザーも商売でやっているんだ!ということを十分意識した上で話を聞くことが大切です。

 

以上、就活時に守るべき5か条の鉄則でした。

 

最後に、利用すべき転職エージェントの選び方についてお話します。

 

利用すべき転職エージェントの選び方

 

転職エージェントには、2種類あります。

 

それは、案件を豊富に持つ総合転職エージェントと業界や専門性に特化した案件を持つ特化型転職エージェントです。

 

基本的に転職エージェントであれば、どちらに登録しても問題ありません。

 

ただし、得意不得意がありますので登録する時は注意が必要です。

 

総合転職エージェントの場合、さまざまな職種に対応した案件を豊富に持っている反面、次のようなデメリットがあります。

 

1.採用の可能性の高い人しか相手にしないので、断られることがある

2.大手はノルマが厳しいので、エージェントの都合で強引にあなたの希望とは違う企業を押し付けられることがある

 

このようなデメリットがあることを理解した上で、登録先を決めましょう。

 

一番おすすめなのは、総合転職エージェント特化型転職エージェントを1つづつ登録することです。

 

両方登録することで、それぞれのメリット、デメリットを実感することができます。

 

でも具体的にどこに登録すればいいの?と迷ってしまう方がいるかもしれません。

 

そこで今回、僕の長年の経験から自信を持っておススメできる2社を厳選しました。

 

もし迷っているという方は、参考にしてみてくださいね。

 

総合転職エージェントのおススメは、【リクルートエージェント】

⇒誰もが知っている転職業界の最王手です。10万件以上の非公開求人があるので、まずは登録すべきと思います。

 

特化型転職エージェントのおススメは、就職Shop

⇒経験の少ない20代の転職に特化した転職エージェントです。書類選考がないので、登録後にお断りされることはありません。

また、就職Shopが紹介する企業は、すべて取材して実態を確認済みなので安心です。

 

まとめ

かなりの長文でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

第二新卒を採用する企業の本音は、即戦力ではありません。

 

企業が期待するのは、あなたの若さです。

 

つまり、社会経験が少なく特定の企業文化が染み込んでいないので、環境の変化を柔軟に受け入れる素質があると判断しているのです。

 

そしてこれから育てていけば、会社の中枢を担える人材になれる可能性があると考えています。

 

また社会人の経験があるので、一から教えなくても最低限のマナーを持っているだろうと期待しているわけです。

 

せっかくの人生です。

 

どうか納得のいく転職をして、充実した人生を送ってくださいね。

 

応援してます!

 

こちらの記事もおススメします

新卒だけど仕事を辞めたい人へ【辞め時】の考え方と今後の対策