会社辞めたいと思っている人は、大きく分けると2種類に分類できます。

 

それは、

・実際に行動して辞めた人

・行動しなかった人

です。

 

行動した人と行動しなかった人の差は、どこにあるのでしょうか。

 

実はその差とは、「決断」できたかどうかなのです。

 

でも、会社を辞める「決断」は人生を左右する大きな事です。

 

だから簡単にできないのは当然なのです。

 

何も考えず、決断もせず、勢いだけで辞める人もいるかもしれませんが、そんなことをしてはいけません。

 

人生を左右する大きな決断ですから、じっくり考えて自分が納得できる結論を出すべきです。

 

 

こんにちは。

 

サラリーマンお助け村の村の村長です。

 

僕は40代の時に「会社を辞めたい」と思い、49歳でやっと退職の決断をしました。

 

そして50歳で退職しました。

 

退職の決断をするまでは、いろいろと悩みました。

 

でも、一つ一つの問題を順番に考えて自分なりの答えを出すことで、なんとか決断することができました。

 

人が何か大きな「決断」をする時は、必ずいくつかのステップを順に踏んで考える必要があります。

 

今振り返ると、僕はとても時間がかかってしまいました(^^;)。

 

でも最後にステップを踏んで考えたので、当初自分では気づかなかった辞めたい本当の理由にたどり着くことができました。

 

そして、自分の納得がいく結論を導き出すことができたのです。

 

「こんな会社はもう辞めたい!」

 

そう思っても、決断できない人はこのステップを踏んでいないことが多いです。

 

本当に辞めるべきか、それとも残るべきかは、ステップを踏んで考えれば判断できると思います。

 

ただ悩んでいるだけでは、同じ考えが頭の中でグルグル回るだけです。

 

会社を辞めるにしても残るにしても、最終的には「充実した人生を送る!」という目標があるはずです。

 

その目標を叶えるためにも、これから説明する7つのステップを読んでみてください。

 

そして、自分が納得のいく結論を道べき出してください。

 

最終的に決断するのはあなた自身です。

 

それでは参ります。

 

 

ステップ1:決断できない理由を探る

 

 決断できないのはなぜか

 

会社を辞めたい!

 

という気持ちがあるのに、すぐに退職の決断できないのはなぜでしょうか。

 

それはあなたの決断をためらわせる理由が、どこかにあるからです。

 

僕の場合、

 

会社を辞めたい!

 

と思ってから実際に退職を決断するまでに、10年弱もかかってしまいました(^^;)。

 

僕が退職の決断をするのにそれほどの時間がかかってしまった理由は、

 

辞めた後の生活の目途がつかない!

 

からです。

 

退職したら収入が途絶えます。

 

当時は中学校と小学校に通う子供が2人いました。

 

会社を辞めたら教育費が払えません。

 

マンションのローンは、1000万以上残っていました。

 

僕の場合は、このように経済的な問題があったので決断ができませんでした。

 

会社を辞めたいのに決断できない人は、ほとんどが経済的な理由です。

 

しかし世の中には経済的な理由があっても、退職を決断し実行する人たちもいます。

 

そういう人たちは、僕のように「お金の問題」を言い訳にしません。

 

なぜ「お金の問題」を言い訳にしなかったのか?

 

それは、「覚悟」があったからだと思います。

 

覚悟がある人とは

 

決断できた人は、ある程度の覚悟はできていたと思います。

 

例えば、

 

もし独立して数年間収入が発生しなかったら、その時はバイトを掛け持ちしてでも生活費を稼ぐ!

 

そのぐらいの覚悟ができていたと思います。

 

つまり、腹を括っていたかどうか!の問題だったと思うのです。

 

とは言っても、無謀な覚悟をしても意味がありません。

 

十分に検討して、過去の実績や自分の能力を客観的に振り返り、

 

最悪の場合でも俺ならなんとかできる!

 

そういう確信もてる人なら、覚悟を決めてもいいと思います。

 

決断できない理由を問う事に意味がある

あなたが退職の決断ができない本当の理由が必ずあると思います。

 

それは何でしょうか?

・今の生活を失いたくないからなのか!

・変化をすることが怖いからなのか!

・ただ単に自分に自信がないからなのか!

 

いろいろあると思います。

 

どれが正解ということはありません。

 

ありのままに「本当の理由」を自分に問うてみてください。

 

もしかしたら、表面的な理由と本心が違うかもしれません。

 

そういうことはよくあるのです。

 

本当の理由を見つけたら、次はそれを掘り下げます。

 

 

ステップ2:辞めなかった場合のリスクを想像する

 

もし会社を辞めなかったらどうなるか!を想像してみてください。

 

その際、次の2つの視点から考えて見てください。

 

視点1:このままで耐えられるのか

 

会社を辞めないでこのままの状態が続いた場合、あなたは本当に持ちこたえることができますか?

 

一度想像してみてください。

 

例えば

 

パワハラが原因で会社を辞めたいと悩んでいる人は、今の状態が続いても本当に我慢できるでしょうか?

 

もしくは

 

長時間労働が原因で会社を辞めたいと悩んでいる人は、10年後も身体がもつのでしょうか?

 

今の自分の状況に置き換えて想像してみてください。

 

視点2:本当に後悔しないだろうか

もし会社を辞めなかった場合、未来の自分の姿を想像してください。

 

例えば、

・5年後の自分の姿(会社での立ち位置、家族の状況、人生の充実度など)

・10年後の自分の姿(会社での立ち位置、家族の状況、人生の充実度など)

・20年後の自分の姿(会社での立ち位置、家族の状況、人生の充実度など)

 

未来のあなたは、自分の理想の人生を送っているでしょうか?

 

「あの時、会社を辞めていればよかった」とは思わないでしょうか?

 

自分の状況に置き換えて想像してみてください。

 

ステップ3:同じ境遇の人の情報を集める

退職した後の生活に漠然とした不安があると、決断できないものです。

 

そういう時に助けてくれるのがリアルな体験談の情報なんです。

 

できるだけ自分と同じ状況に置かれている人の体験談を読むのがベストです。

 

そういう情報が一番役に立つのです。

 

特に読んで欲しいのは、失敗の体験談です。

 

なぜなら

・なぜ失敗したのか?

・同じ失敗をしないためにはどうすればいいのか?

 

という事が分かるからです。

 

ステップ4:辞めたい理由を掘り下げる

できるだけ具体的に考える

会社を辞めたいと思う理由は、人それぞれです。

例えば、

・仕事がつまらないから

・上司と合わないから

・パワハラを受けているから

・長時間労働がイヤだから

・残業代が未払いだから

・理不尽な人事に嫌気をさしたから

・同僚との人間関係がうまくいかないから

・仕事そのものがうまくいかないから

・職場環境が悪すぎるから

・正当な評価をしてくれないから

 

いろいろあるでしょう。

 

どれか一つだけというよりは、いくつかの要因が複合的に影響しているのが普通です。

 

でも、もう少し具体的に考えてほしいのです。

 

先ほど書いた理由は、あまりにも抽象的です。

 

仮に「仕事がつまらないから」が原因だとしたら、具体的に何がそうさせているのか考えてください。

 

例えば、

・仕事に関する権限をほとんど与えられていないからつまらない

・毎日クレーム処理ばかりで本来の仕事ができないからつまらない

・仕事そのものが単調でやりがいが感じられないからつまらない

 

そういう感じで掘り下げてみるのです。

 

そして、感じたことは文字にして書き出してください。

 

ただ頭で考えただけでは、すぐに消えててしまいます。

紙に書き出すと、驚くほどいろいろな点でメリットがあります。

 

例えば

・書く時は時間がかかるので、じっくり考えることができる

・書いた文字を見ることで、複数の理由を俯瞰的に見ることができるので、論理的に考えることができる。

・書くことで新たな発想が生まれやすい。

・後で振り返って自分の考えを見ることができる。

 

このようなメリットがあります。

 

また、頭では何となく分かっていても、書き出さないとその先に考えが進まないものです。

 

原因を掘り下げて考え、そして文字として紙に書く!という一連の動作をすることで、問題点を客観的に認識することできるのです。

 

 

ステップ5:生活費を計算する

会社を辞めた場合、まずは資金面の見通しをつけることが大事です。

 

独立するにしても、転職するにしても、貯金を切り崩して生活するにしても、お金のことを無視するわけにはいきません。

 

まずは自分が生きていくために、手取りの収入がいくら以上なら生活できるのか!を計算してみてください。

 

また最悪の場合も想定して、何年間までなら無収入でも耐えられるのか!も計算してみてください。

 

これはとても大切なことです。

 

計算することで、今辞めるべきか残るべきかの判断を客観的にすることができるのです。

 

ステップ6:転職することを想像してみる

もし転職するのであれば、すぐに転職する気がなくても転職サイトに登録だけはしておいてください

 

登録自体は5分程度で終わりますし、気になる求人情報をチェックしておくだけであなたには【転職できる】という選択肢が残ります。

 

仕事が忙しくなると、【転職ができる】という選択肢を忘れてしまいます。

 

でも登録さえしておけば、定期的にメールが来るので常に自分の可能性や市場価値を意識することができるのです。

 

その結果、気持ちに余裕がでるのです。

 

登録する転職サイトは、とりあえず大手のリクナビNEXT1社だけ登録しておけば十分でしょう。

 

たくさん登録すると、情報量が多すぎて何が何だか分からなくなって非効率的です。

 

登録だけならすぐに終わることですから、さっさとやってしまいましょう。

 

リクナビNEXT

 

ステップ7:自分の適性を考えてみる

会社を辞める決断をする前に、「自分の適性」を知っておくのは大事です。

 

「自分の適性」とは、

・どのようなことが得意なのか

・どのようなことに興味があるのか

・どのようなことに熱中できるのか

・どのようなことであれば長続きするのか

 

このような自分の特性です。

 

自分の特性を無視して、転職や独立してもうまくいきません。

 

自分の適性を知るには、過去の自分を振り返ることです。

 

過去の自分をしっかり見つめなおし自己分析することで、自分の適性が分かるのです。

 

とは言っても、自己分析は自分ではなかなかできるものではありません。

 

どうしても主観が入るので、客観的に分析できないのです。

 

そんな時は、大手転職サイトの無料診断ツールを使うといいでしょう。

 

大手診断ツールは各社が出していますが、おススメはリクナビNEXTの(グッドポイント診断)です。

 

もちろん実際に転職する必要はありません。

 

登録するだけなら無料ですので、気軽に使ってみましょう。

 

簡単な質問に答えるだけで、自分では気づかなかった強みや弱みが分かるので、利用しない手はありません。

 

時間は約30分程度で終わります。

充実した人生を送るために

下記は、今よりも充実した人生を送りたいと願う方に向けて書いています。

 

だから、今の生活に満足している方は、これ以後は読む必要はありません。

 

どうか本気で現状を変えたいと思う方だけお読みください。

 

**************************

 

充実した人生を送るためには、自分で仕事を選ぶことです。

 

誰かに強制的に仕事を押しつけられたり、イヤイヤながら仕方なく働いても充実した人生は送れません。

 

大事なのは、自分の意思で仕事を決めることです。

 

そのためには、まず武器を持つこと。

 

武器を持つとは、自分を売り込むことができる技術や専門知識を持つということです。

 

独立するにしても、転職するにしても、それは同じです。

 

つまり、自分の武器をもつことができれば

 

【手に職をつけたり、自由な働き方ができたり、自分で好きな会社を選ぶ】ことができるのです。

 

つまり自分が主体となって人生を生きることができるのです。

 

とは言っても、働きながら技術や専門知識を身につけるのは大変なことです。

 

僕がサラリーマンだった時は、

 

・未経験者でも身につけることができる

・学んだことが現実の世界で武器として使える

・今だけでなく、今後も長い期間通用する

 

このような条件をクリアーする技術や専門知識とはなんだろうか?

 

といつも考えていました。

 

そして最終的にたどり着いたのがプログラミングでした。

 

今考えても、現実的な選択だったと思っています。

 

プログラミングというと、マニアックな世界に感じる人もいるかもしれません。

 

でも実は、【まったくの素人でも短期間にそれなりの技術を身につけることが可能な数少ない分野の一つ】なんです。

 

それに、何よりありがたいのは時間と場所に縛られないで働くことができる!という点です。

 

また日本では、「プログラマーの供給は完全に不足」しています。

 

将来多くの仕事がAIにとって代わると言われていますが、そのAIを使ってロボットを動かすプログラムは人間がやらなければなりません。

 

だから、技術さえ身につければ「仕事が見つからない方が難しい!」という状況です。

 

そのような状況を総合的に考えて、僕はプログラミングしかない!と思い挑戦しました。

 

しかし最初は、うまくいきませんでした。

 

独学だったので

 

・時間がかかりすぎて効率が悪い

・モチベーションが続かない

・最新のテクノロジー(実用的なテクノロジー)が分からない

 

そんな問題が出てきたのです。

 

もう挫折する寸前でした。

 

何とか挫折しなかったのは、途中からプログラミングスクールに通ったからです。

 

スクールで学ぶと、当然お金がかかります。

 

でも、【一生使える技術を身につけるための投資】なので決して無駄なことではないと思い決断しました。

 

ここで一つアドバイスをします。

 

もし、これからプログラミングに挑戦しようと思うなら、できるだけちゃんとした大手のスクールを選んでください。

 

ネットを見れば、さまざまなプログラミング系のスクールが出ていますが、値段だけを見て決めるのは危険です。

 

というのも、僕は最初に金額の安いスクールに入って失敗した経験があるのです。

 

それで、相当なお金と時間を無駄にしてしまいました。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学ぶべきです。

 

おススメできるスクールはどこですか?と聞かれれば、現時点では【TECHCAMP】と僕は答えています。

 

理由は、他のスクールと比べて相当な時間をかけてしっかり学習するスタイルになっているからです。(因みに最短コースの場合でも10週間程度はかかります)

 

それだけ受講内容が濃いですし、未経験から始めるのであればこのくらいの時間は絶対必要です。

 

オンラインのみの学習も可能ですし、教室(渋谷にある)を利用して学習することは可能です。

 

本気で人生を変えたいと思うのなら絶対おススメです。【TECHCAMP】

 

**************************

 

ちょっと話が長くなりましたが、【あなたには充実した人生を送る権利がある!】ということをどうか忘れないでください。

 

そして人生を変えるには、【リスクを取ってチャレンジする必要がある】ということです。

 

因みに僕の友人も、僕のススメでプログラミングを学び、独立を果たし人生を変えました。

 

プログラミングだろうが他の方法だろうが何でもいいので、技術や専門知識をつけて新しい世界に挑戦してみてください。

 

でも失敗したら怖いな、今の仕事は嫌だけど、チャレンジはしたくないな・・・

 

そう思っていたら、一生、自分の道は見つけられません。

 

本気で現状を変えたいと思うから、この記事をここまで読んだんですよね? 

 

いま動かずにページを閉じたら、明日も同じ生活が続きますよ。

 

繰り返しますが、人生を変えるには、リスクを取ってチャレンジする必要があります。

 

僕が会社を辞めた時、先行きが見えなかったのでとても怖かった事を覚えています。

 

でも、どうしても人生を変えたかったので、自分を信じて挑戦しました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

僕は、あなたの未来を変えることはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか変えることができないのです。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

現状を変えたいと思うなら、勇気をもって一歩を踏み出してください。

 

僕のような平凡な人間でもできたのですから、あなたにもできるはずです。

 

応援してます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。