この記事を読んでいるということは、これから退職するか、もしくは近い将来に退職することを検討している方ではないでしょうか。

 

会社を辞める前に、やらなければならない手続きがいろいろあります。

 

そして会社を辞めた後も、やらなければならない手続きがあるのです。

 

特に会社を辞めた後の手続きは、会社に頼ることができないので、全部自分でやらなければなりません。

 

面倒くさいからと放置していると、結局は後で自分に降りかかって、もっと大変なことになります。

 

そこでこの記事では、やるべきことを時系列に9つのステップでまとめました。

・退職前にやること(ステップ1~6)

・退職後にやること(ステップ7~9)

 

時系列に書いてあるので、上から順番に読めば、すんなり理解できますよ。

 

それでは早速ステップ1から始めましょう。

 

退職前にやる手続き

まず最初は、退職前にやる手続きですが、全部で6つのステップがあります。

 

辞める前の手続きは、普通は会社の方で全部やってくれるはずです。

 

でも、中には大事な手続きがもれる(離職票や源泉徴収票を忘れたりなど)ケースもあります。

 

そうなると、退職した後にまた会社に行かなければならないので面倒です。

 

そうならないためにも、6つのステップを知っておいてください。

 

ここは、ざ~と目を通すだけでOKです。

 

ステップ1:雇用保険被保険者と離職票

まずは、雇用保険被保険者離職票です。

 

これは、退職後にハローワークで失業手当をもらう時に絶対必要な書類ですので、忘れずにもらってください。

 

因みに失業手当の受給額は、どのくらいもらえると思いますか?

 

今までの給与や年齢、勤続年数で違ってくるのですが、ざっくり言うと

 

退職前の6か月間の給料(ボーナスは除く)の50~80%

 

です。

 

自己都合退職の場合は、支給期間は最長でも150日間です。

 

勤続年数が短いと、支給期間はもっと減ります。

 

しかも、申請してから3か月間はお金がもらえません。

 

なので、失業手当に過度の期待はできません。

 

失業手当(雇用保険)がいくらもらえるのかは、こちらのサイトで簡単に自動計算できます。

雇用保険の給付額の計算ー高精度計算サイト

 

失業手当をもらいながらアルバイトをする裏ワザとか、失業手当の手続き方法を知りたい方はこちらの記事へ

【失業保険を貰いながらアルバイト】ってバレる?いえ裏ワザあります!

 

ステップ2: 健康保険被保険者証資格喪失確認通知書

次に大事なのは、 健康保険被保険者証資格喪失確認通知書です。

 

ちょっと長い名前ですね。

 

これは要するに健康保険の資格に関する重要な書類です。

 

サラリーマンは会社が加入している健康保険に入っています。

 

そして保険料は会社が半分負担してくれています。

 

でも、退職すると「国民健康保険」に切り替え手続きをしなければなりません。

 

ただ自分から希望すれば、

 

退職してから2年間は今までと同じ健康保険を継続

 

することも可能です。

 

でも継続する場合、保険料は全額自己負担になります。

 

だから払うお金は、サラリーマン時代の倍になりますので注意してください。

 

因みに国民健康保険の金額や免除方法については、こちらの記事をどうぞ。

国民健康保険の金額は大体いくら?免除申請と具体的な計算方法について

 

ステップ3: 源泉徴収票

 

次は源泉徴収票です。

 

源泉徴収票とは、

 

「1年間にどのくらの所得があって、そこからどのくらの所得税を払ったか」

 

を示す書類です。

 

退職後にどうして源泉徴収票が必要なの?

 

って思うかもしれません。

 

源泉徴収票が必要な理由は、確定申告する際に必要だからです。

 

また転職する場合は、転職先の会社から提出を依頼されることもあります。

 

因みに源泉徴収票は、退職してから家に郵送で送られてきます。

 

早くて2週間後、遅くても1か月以内に会社から送られてくるのが普通です。

 

フリーランスの確定申告については、こちらの記事をどうぞ

専業ブロガーとして稼げてきたので、確定申告はいくらから必要か調べてみた

 

 

ステップ4:年金手帳

年金手帳は、会社が保管している場合と個人が保管している場合があります。

 

会社が保管している場合は、必ず返してもらいましょう。

 

年金手帳は、厚生年金保険に加入していたことを証明するものです。
(*サラリーマンは、厚生年金に加入しています)

 

これがないと、将来年金を受け取ることが難しくなります。

 

退職後は、厚生年金⇒国民年金に切替えます。

 

その際に提出が必要になります。

 

また転職する場合は、転職先の会社から提出を依頼されることもあります。

 

国民年金の金額や手続き方法については、こちらをどうぞ。

早期退職したら年金はいくら減る?国民年金の手続きはどうする?

 

ステップ5:退職前に会社に返すもの

次は会社に返却するものです。

 

退職前に会社に返すものと言えば、パソコン、携帯、身分証明書、社章、通勤定期券などになります。

 

ここで注意して欲しいのは、パソコンや携帯に残された個人情報です。

 

後で誰に見られるか分かりませんので、個人データーは確実に消しておきましょう。

 

また、使用済みのパソコンなどは、企業がまとめて転売することがあります。

 

その時、ハードディスクにあなたの個人情報が残っていたら、悪用される可能性があります。

 

だから確実に消してください。

 

ただ消す前に、将来自分が必要とする情報(電話番号やメールアドレスや得意先リストなど)は、別の記憶媒体に保存しておくことをおススメします。

 

会社を辞めたからと言って、それまで築き上げた人脈をリセットするのは、もったいないからです。

 

もちろん、コンプライアンスの問題もありますので、自己責任でやってください。

 

ステップ6:クレジットカードは在職中につくること

会社を辞めると、クレジットカードを作るのが難しくなります。

 

なぜなら、社会的信用がなくなるので、カード会社の審査に通らないからです。

 

クレジットカードがなくても現金があるから関係ない」と言う人もいますが、これからの時代は確実にキャッシュレス化が進みます。

 

現金だけでは生活が困難になるのは、ほぼ確実なのです。

 

だからクレジットカードは、在職中に作っておいてください。

 

在職中に作っておけば、退職後に無職でもカードが使えなくなることはありません。

 

実際僕は、退職前に作ったクレジットカードのおかげで、フリーランスになってからとても助かっています。

 

 

以上、退職前にやる手続きでした。

 

次は退職後にやる手続き(ステップ7~ステップ9)です。

 

 

退職後にやる手続き

退職後の手続きは、すべて自分でやらなければなりません。

 

さっそく説明します。

 

ステップ7:失業保険の申請

まずは、失業保険の申請です。

 

手続きが完了すれば、失業手当をもらうことができます。

 

失業保険の申請手続きはハローワークで行います。

 

その時に必要な書類は、以下の6点です。

① 離職票-1と離職票-2

② マイナンバー

③ 身分証明書(免許証など)

④ 写真(縦3cm×横2.5cm)2枚

⑤ 印鑑

⑥ 預金通帳またはキャッシュカード

 

お金は、申請してから約3か月後に指定した口座に振り込まれます。

 

もらえる金額は人によって違いますが、こちらのサイトで簡単に計算できます。

雇用保険の給付額の計算ー高精度計算サイト

 

失業手当をもらいながらアルバイトをする裏ワザとか、失業手当の手続き方法については、こちらの記事をどうぞ。

【失業保険を貰いながらアルバイト】ってバレる?いえ裏ワザあります!

 

ステップ8: 健康保険の手続き

次は健康保険です。

 

会社を辞めると、今まで使っていた健康保険証が使えなくなります。

 

そうなると、病院に行った時に困りますよね。

 

なので退職したら、近くの市役所や区役所で国民健康保険に切替手続きをしてください。

 

手続き自体は簡単ですぐにできますよ。

 

国民健康保険の金額ですが、各自治体によって違います。

 

ご自分の自治体の国民健康保険の額を知りたい場合は、こちらのサイトで簡単に計算できます。

国民健康保険計算機

 

国民健康保険の金額や免除方法については、こちらの記事をどうぞ。

国民健康保険の金額は大体いくら?免除申請と具体的な計算方法について

 

ステップ9:年金切替手続き

いよいよラストです。

 

年金の手続きとは、厚生年金から国民年金へ切り替えることです。

 

手続きは、近くの市役所や区役所ですぐにできます。

 

金額ですが、現時点(平成30年2月)で毎月16,490円です。

 

退職後2週間以内に手続きしなければなりませんので、注意してください。

 

国民年金の金額や手続き方法については、こちらにまとめてあります。

早期退職したら年金はいくら減る?国民年金の手続きはどうする?

 

 

以上、退職前後にやる手続きでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

こちらの記事もおススメします。

【ブログで稼ぐオッサン】早期退職4年目突入のリアルな日常生活公開

50歳で早期退職する人は必見!僕がネットビジネスで稼ぐまでの道のり

会社を辞めたい!50代で本当に退職したから言える実感とは