スポンサーリンク

転職を考えている人は、まずは転職サイト登録すると思います。

 

その時に、注意してほしいポイントがあるんです!

 

このポイントを知らないと、企業を選んだ後で必ず後悔すると思います。

 

そこで今回は、転職サイトを使う時に知っておいてほしいポイントをご紹介します。

 

是非、覚えて転職活動に活用してくださいね。

 

 

 

転職サイトの企業情報は信用できない?

 

転職サイトの企業情報が信用できない理由

転職サイトに登録すると、さまざまな企業の情報が掲載されています。

 

でも、中には真実と違う事が書かれている場合があるということをご存知ですか。

 

どうしてそうなるのか、その理由をご説明します。

 

転職サイトというのは、企業からお金をもらって活動しています。

 

だからお金を出してくれる企業はお客様です。

 

そのお客様の悪口なんては、絶対に書けません。

 

知っていても、書けないのです。

 

たとえその企業がブラックな会社でも、お金を出してくれればお客様です。

 

だから、転職サイト内では美化して宣伝するのです。

 

そして、その企業に何人応募したのか、何人入社したのか、これで転職サイトの評価が決まるのです。

 

そういう事情があるので、転職サイトが書く企業情報が100%信用できるわけではなのです。

 

 

 

じゃあ、転職サイトは全く信用できないわけ?

 

だからと言って転職サイトの情報がすべていい加減というわけではありません。

 

あまりに事実と違う情報を掲載すれば、口コミなどでその転職サイトの評判が落ちます。

 

だから転職サイトとしても、あからさまにいい加減な情報を掲載することはできないのです。

 

ただ、微妙に言い回しを工夫したり、伝えなければいけない情報なのにあえて掲載しないということはやっています。

 

つまり!

 

明らかなウソやねつ造情報は掲載しないけど、お客様である企業に都合のいい内容に書き上げているのです。

 

この点をよく頭に叩き込んだうえで、企業情報を読むようにしてください。

 

転職サイトの記載表現に惑わされることなく、書かれた情報の中で事実の部分だけに注目するのです。

 

 

 

転職サイト以外の情報源も活用しよう

 

自分の気になる企業が見つかったら、その企業に関する口コミや関連記事をできるだけたくさん集めてください。

 

口コミがすべて信用できるわけではありませんが、ブラック企業を見つける時の一つの判断基準になります。

 

それと、その企業のホームページをじっくり読んでみると、いろいろな発見があるはずです。

 

企業のホームページは情報の宝庫ですから、転職サイトに書かれていない情報をたくさん見つけることができます。

 

また他の転職サイトでその企業情報がどのように書かれているのか比較してみてください。

 

そうすることで、その企業に関する情報を客観的に分析することができるのです。

 

さらにその企業の商品が市場に販売されているのであれば、是非買ってみてください。

 

できれば、その企業に電話して商品の感想を伝えてみてください。

 

その時、電話に出た企業の担当者の反応から、企業の姿勢を感じることができるはずです。

 

要は、あらゆる角度から情報をとってみて、

 

その会社が自分が応募すべき会社なのかどうかを検討するのです。

 

 

 

転職サイトの本音を知っておこう

 

転職サイト側の本音

そもそも転職サイト側の本音とは何でしょうか。

 

それは「なるべく多くの企業からお金をもらう事」なのです。

 

つまり、できるだけ多くの企業求人を掲載し、そこにできるだけ多くの転職者を応募させることなのです。

 

残念ながら、あなたに合ったベストな企業を探すことではありません。

 

まずはそのことを押さえた上で、転職サイトを利用してくださいね。

 

 

 

転職サイト側の事情

転職サイト側は、掲載する企業の内情を把握していません。

 

というより、物理的に把握することなどできないのです。

 

つまりブラック企業だろうとホワイト企業だろうと、いちいちチェックなどできないのです。

 

そんな時間もないし、余裕もないし、そもそもそんなことをやる意思もありません。

 

転職サイトというものは、求人掲載の依頼があれば、ただ機械的に掲載するだけなのです。

 

だから、最終的な企業の見極めは本人がしないといけないのです。

 

転職サイト側には、そういう事情があるという事を覚えておいてください。

 

 

 

それでも転職サイトは使うべき

 

そうは言っても、企業の情報を集める時に転職サイトほど便利なものは他にありません。

 

企業の情報だけではなく、いろいろな機能があります。

 

例えば、応募すると企業に連絡してくれますし、その後のやり取りもメールなどでサポートしてくれます。

 

だから、転職サイトを活用しない手はありません。

 

転職サイトを上手に活用すれば、あなたの強い味方になるのは間違いないのです。

 

だから、これまでに書いた転職サイトの本音を理解した上で転職サイトをうまく活用してくださいね。

 

 

 

転職サイトの「給料」を見る時のポイント

 

転職サイトには、必ず企業の給料条件が記載されています。

 

その情報を見る時に、注意してほしいポイントがあります。

 

 

基本的に最低額の給料が記載されている

 

例えばこんな記載があったとします。

スポンサーリンク

 

月給25万円~30万円(経験・スキルを考慮の上決定。お気軽に希望をお伺いさせてください)

 

このような記載をされていると、何となく25万円と30万円の中間の金額がもらえるかもと思ってしまいます。

 

でも実態は、よほどのことがない限り最初の給料は25万円になります!

 

このケースのように、給料の額に幅を持たせている場合は必ず低い方の額になるということを覚えておいてください。

 

 

 

給料の額に幅を持たせている理由

ではなぜ、給料の額に幅を持たせているのでしょうか。

 

それは、企業情報の見栄えをよくするためです。

 

例えば下記のように書かれていたらどうでしょうか。

 

 

A社:月給25万円~30万円(経験・スキルを考慮の上決定。お気軽に希望をお伺いさせてください)

 

B社:月給25万円(経験・スキルを考慮の上決定。お気軽に希望をお伺いさせてください)

 

 

 

A社の方が、給料がいいような錯覚を感じませんか。

 

でも、どちらも実態は月給25万円で変わらないのです。

 

このように、企業は記載方法を工夫することで少しでも印象をよくしようとしています。

 

なぜならそうすることで、たくさんの方が応募することを期待しているからです。

 

 

 

モデルケースの年収を期待してはいけない

 

下記のような給料のモデルケースを見たことはありませんか。

 

 

【年収例】

400万円   支店係長 ・30歳

530万円   営業課長・40歳

730万円    支店長・45歳

 

 

こんな感じで、役職別の年収モデルケースが記載されていることがよくあります。

 

これを見て、

 

「お!支店長までなれば、730万ももらえるのか!」

 

と思わないでくださいね。

 

これは、その役職についた人の中で最高額が記載されているのです。

 

だから、その役職につけば誰でもその給料をもらえるという意味ではありません。

 

これも給料の見栄えをよくするために、起業がよく使う手です。

 

モデルケースの給料は、あまり参考にならないということを覚えておいてくださいね。

 

 

 

転職サイトの労働条件を見る時の注意点

 

企業情報を見る時に気になるのがお休みや残業の条件ですよね。

 

「有給休暇」が何日あるのか、残業がどのくらいあるのかは、誰でもチェックします。

 

でも、その時に注意してほしい事があるのです。

 

 

 

本当に休めなければ価値はない

転職サイトの企業情報には、「有給休暇」のことが書かれていますよね。

 

でも、その日数が必ず休めるという事ではありません!

 

記載されているのは、あくまでも会社の規定として定めているということです。

 

本当に休めるかどうかは、入社してみないと分かりません。

 

同じ会社でも、部署によって休みがとりやすかったり、とりにくかったりしますよね。

 

同じように「年間休日〇〇日」とか「残業は月〇〇時間以内」と書かれていても、実態と違う場合がよくあります。

 

ではどうすればいいのでしょうか。

 

 

 

口コミサイトで実態をチェック

 

労働条件の実態を知る決定的な方法はありません。

 

実際に入社して働いてみないと分からないのです。

 

でもまったく方法がないわけではありません。

 

僕がおススメする方法は、口コミサイトをチェックすることです。

 

口コミサイトの情報がすべて正しいとは言いませんが、ある程度の信ぴょう性はあります。

 

特に休日の消化実態や残業時間に関しては、経験者から多くの情報が寄せられていることが多いです。

 

だから参考にはなりますよ。

 

口コミサイトもいろいろありますが、どこがいいか迷うかもしれません。

 

そこで僕がよく使っている口コミサイトを2つ紹介しますので、参考にしてみてください。

 

おススメの口コミサイト

転職会議

キャリコネ

 

 

 

 

新着求人の中にいい情報がある

 

転職サイトを見ると「新着求人」というのがありますよね。

 

この「新着求人」、侮れません。

 

ビックリするほどお宝の求人情報が時々出てくるからです。

 

 

 

優良な求人情報はすぐ終わる?

新着求人に優良企業が掲載されると、応募者がすぐ殺到します。

 

そうなると、締め切り間際に応募してもほぼ検討が終わっていることが多いのです。

 

せっかく有料企業が求人を出しているのに、これを見逃す手はありません。

 

ダメ元でも、応募はしたいものです。

 

でも採用枠の人数が少ないと、応募期間中なのに候補者が絞られてしまう事も多いのです。

 

だから新着求人の中に希望の企業があれば、できるだけ早めに応募した方がいいのです。

 

 

 

でも毎日チェックするわけにはいかないし・・・

「できるだけ早めに応募した方がいい」

 

とは言っても、毎日新着求人をチェックするのは現実的ではありませんよね。

 

実は、転職サイトによって新着求人の更新日が決まっています。

 

多くの転職サイトで、週に2回ほど新着求人更新をしているところが多いです。

 

例えば、火・金とか月・木という感じですね。

 

だから、自分が登録した転職サイトの更新日を調べてみるのです。

 

それで週に1回程度、新着求人をチェックするのが効率的です。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

 

転職サイトの実態が、少しはご理解いただけたかと思います。

 

転職サイトはあくまでも一つの道具です。

 

この道具をうまくつかって、是非、希望する企業を見つけてください。

 

応援してます。

 

転職に関してはこちらの記事も参考にしてください

【退職の決断ができない人へ!】本心に気づく6つのステップ

⇒【ブラック企業の求人の見分け方】を全てリスト化【保存版】

退職決断後にやること全まとめ【絶対保存版】2018年

【転職のテクニック】自分に合った会社を探すポイントと方法

【履歴書・職務経歴書の書き方】落とされないためのノウハウ

スポンサーリンク