転職エージェント担当者が強引で断りにくい!

どうやって断ればスムーズに断れるのか分からない!

断ったら、後で根に持たれそうで心配!

 

このような悩みを持っていませんか?

 

転職エージェント担当者の巧みな言葉に誘導されてしまうことはよくあります。

 

気がついたら、あまり乗り気でないのに断ることができない状況に追い込まれていた!ことがあるのです。

 

転職エージェント担当者もノルマがあるから必死です。

 

中には、自分の成績を上げるために本人にふさわしくないような会社を強引に薦めるケースもあるのです。

 

担当者に遠慮して、自分の進路を誤ったりたくはないですよね。

 

そんな時はどうすればいいでしょうか?

 

 

こんにちは。

 

サラリーマンお助け村の村の村長です。

 

下手に断ると心証が悪くなって、その後の転職活動に影響がでるかも・・・・

 

そんな心配をする人はたくさんいます。

 

でも、そのような心配は不要です。

 

ポイントを押さえれば、誰でもスムーズに断ることができますよ。

 

しかも、後で根に持たれることもありません。

 

実は、うまく断ることはそんなに難しい事ではないのです。

 

ちょっとしたテクニックを知っていれば大丈夫です。

 

そこで今回は、下記の3つのシーン別に断り方のちょっとしたテクニックを紹介します。

・求人案件を提示された時の断り方

・面接の案内を受けた時の断り方

・内定通知が出た時の断り方

 

 

求人案件を提示された時の断り方(5つのテクニック)

 

求人案件の断り方その① このひと言を付け足そう!

 

断る時に「じっくり検討したのですが・・・・・」という言葉を付け足しましょう。

 

この言葉を入れるだけで「そうか、検討した結果ダメだったんだな」と思わせることができます。

 

もちろん、本当に検討する必要はありません。

 

ただ、その言葉をつけるだけで印象がよくなるということを知っておいてください。

 

求人案件の断り方その② すぐに返答しない

 

断りたくても、すぐに断ってはいけません。

 

1日か2日の時間を空けてから返事をしてください。

 

これは時間を空けることで「きっとじっくり考えたんだろう」と担当者に思わせるテクニックです。

 

求人案件の断り方その③ 別の依頼をする

 

断る時に簡単に理由を伝えた上で、すぐに別の依頼をするのもテクニックの一つです。

 

例えば、こんな感じで伝えます。

 

「今回の案件は、〇〇部分の条件が希望と合わないのでもう少し他の求人情報を探したいと思います。

ただ、△△という条件の求人があれば検討したいのですが、探していただけないでしょうか」

 

具体的な希望を言ってから「探していただけないでしょうか」と依頼するわけです。

 

この言い方でエージェント担当者は、断られた事実よりも新たな仕事に意識が向くのです。

 

求人案件の断り方その④ 友人を使う

 

紹介してもらった会社には友達がいた!というウソを使うのも有効なテクニックです。

 

友達に話を聞いたら、その会社は自分には合わなかった!という方向に話をもっていくのです。

 

例えば、こんな感じで伝えます。

 

「ご紹介いただいた会社には友人がいました。それで会社についていろいろヒアリングをしたのですが・・・ その会社の社風は、私には合わないことが分かりました」

 

エージェント担当者も、1社1社の詳しい社風などは把握していません。

 

だから友人から詳しい社風を聞いたと言えば、何も言えなくなるのです。

 

求人案件の断り方その⑤ 感謝を伝える

 

エージェントの担当者も人間ですから、感謝の気持ち言われると悪い気はしません。

 

でもダラダラと言う必要はありません。

 

一言だけでいいのです。

 

例えば、こんな感じです。

 

「この度は有益な求人情報を紹介していただき、ありがとうございました。・・・・」

 

または

 

「今回の件、いろいろとご尽力頂きありがとうございました。・・・・」

 

 

面接の案内を受けた時の断り方(2つのテクニック)

 

面接の連絡をもらってから、断りたくなることもあるでしょう。

 

人によっては、断るのはルール違反だ!って言う人もいます。

 

本当はどうなのでしょうか。

 

実際には断っている人はたくさんいます!

 

それで訴えられたという話は聞いたことがありません。

 

転職エージェントも商売ですから、嫌味を言うかもしれませんがそれ以上深追いはしません。

 

時間がもったいないからです。

 

とは言え、嫌味を言われるのもイヤですよね。

 

そんな時は、これから紹介する断り方のテクニックを使ってください。

 

因みに断る時は、メールでも電話でも可能です。

 

それではさっそく、断り方のテクニックを紹介します。

 

面接の断り方その① 電話で断る時のポイント

 

一番大事なことは、お詫びの言葉をきっちり伝えることです。

 

例えば、こんな感じです。

 

「せっかく貴重な機会を頂いたにもかかわらず、誠に申し訳ございません。・・・・」

 

では、気になる理由の説明はどうすればいいのでしょうか。

 

それは、一身上の都合でOKです。

 

わざわざ自分から、断る理由を詳細に語る必要はありません。

 

でも、理由を聞いてくるエージェント担当者もいるかもしれません。

 

そんな時は「とてもプライベートなことなので、ごめんなさい」とぼかして答えればいいのです。

 

因みに電話をかける時間帯ですが、始業直後と退社間際の時間だけはさけたほうがいいでしょう。

 

なるべく、担当者が忙しくない時間に電話をかけることで心象がよくなるからです。

 

面接の断り方その② メールで断る時のポイント

 

メールで断る場合もあるでしょう。

 

その場合、長々と書いてはいけません。

 

逆効果です!

 

エージェント担当者は、あなたが企業に採用されるかどうか!しか興味ありません。

 

なんだかんだ言っても、担当者にはノルマがあり日々追われています。

 

本音の部分では、あなたの個人的な情報には興味がないのです。

 

だから、簡潔に要点だけを書けばOKです。

 

それでは具体的に書く項目と例文を紹介します。

 

①まずは件名を書く

 例⇒面接の辞退のご連絡

 

②次に宛先を書く

例⇒●●会社××部 △△様

 

③簡単な挨拶を書く

 例⇒いつも大変お世話になっております。

 

④面接の日時と自分の名前

 ⇒○月○日○○時より、面接のお時間を頂いております○○です。

 

⑤面接を辞退したい旨を書く

 ⇒突然、勝手を言って申し訳ございませんが、一身上の都合で、この度の面接を辞退させていただきたいと思い連絡をいたしました。

 

⑥簡単な謝罪のひと言を書く

 ⇒せっかく貴重な機会を頂いたにもかかわらず、誠に申し訳ございません。

 

⑦自分の名前を書く

 ⇒山田太郎

 

*因みにメールを送った後に、電話をかけるとさらに印象はよくなりますよ。

 

 

内定通知が出た時の断り方(3つのテクニック)

 

企業から内定通知をもらった後に、断りたくなる場合もあるでしょう。

 

まず、大前提として知っておいてほしいことがあります。

 

それは、内定通知が出たからと言って

 

その会社に絶対入社しなきゃいけない!というわけではない

 

ということです。

 

内定には法的な強制力はありません。

 

内定通知の意味は入社してもいいという許可です。

 

だから、あなたには断る権利もあるわけです。

 

是非、覚えておいてくださいね。

 

それでは早速テクニックの方法を紹介します。

 

内定の断り方その① 条件面の不満を理由に断る

 

条件面の不満とは、例えば

・年収額が希望に届かない

・契約社員からスタートだった

・勤務時間が希望と違う

・勤務地が希望と違う

 

とかとか・・・、そういうことですね。

 

そんな時、次のように断りましょう。

 

「契約社員という条件がどうしても気になりまして、じっくり考えた結果、大変申し訳ないのですがお断りすることにしました」

 

自分の希望と違う点は何なのか、このことをはっきり伝えることがポイントです。

 

内定の断り方その② 他の会社を理由に断る

 

「他の会社を理由に断る」という方法もあります。

 

ちょっとリスキーな感じがするかもしれませんが、話の持って行き方次第では使える武器です。

 

断り方の例を紹介します。

 

「同時進行で転職活動を進めてておりました別の会社で、内定がほぼ決まりそうです。 自分の将来を考え慎重に検討した結果、大変申し訳ないのですが今回の内定はお断りすることにしました」

 

エージェント担当者に期待を持たせる言葉は一切言ってはいけません。

 

はっきりと自分の意志を伝えることで、エージェント担当者も気持ちよく受け入れてくれるのです。

 

内定の断り方その③ プライベートを理由に断る

 

プライベートを理由に使うというテクニックがあります。

 

エージェント担当者はプライベートな話に深入りしたがりません。

 

面倒くさいことに巻き込まれるのがイヤなのです。

 

それでは、断り方の例を紹介します。

 

「人生の一大事なので、家族と何度も相談しました。そして私自身もじっくり考えたのですが、特殊な家庭事情があるので今回の内定を受けるのは難しいと判断しました。それで 誠に勝手ながら辞退させていただくことにしました。・・・・」

 

特殊な家庭の事情があることを伝え、これ以上はプライベートなことなので踏み込ませないようにするのです。

 

もしエージェント担当者が家庭事情の詳細を聞いてきたら、「それはプライベートなことなのでちょっとお答えできません」と言えばいいのです。

 

充実した人生を送るために

下記は、今よりも充実した人生を送りたいと願う方に向けて書いています。

 

だから、今の生活に満足している方は、これ以後は読む必要はありません。

 

どうか本気で現状を変えたいと思う方だけお読みください。

 

**************************

 

充実した人生を送るためには、自分で仕事を選ぶことです。

 

誰かに強制的に仕事を押しつけられたり、イヤイヤながら仕方なく働いても充実した人生は送れません。

 

大事なのは、自分の意思で仕事を決めることです。

 

そのためには、まず武器を持つこと。

 

武器を持つとは、自分を売り込むことができる技術や専門知識を持つということです。

 

独立するにしても、転職するにしても、それは同じです。

 

つまり、自分の武器をもつことができれば

 

【手に職をつけたり、自由な働き方ができたり、自分で好きな会社を選ぶ】ことができるのです。

 

つまり自分が主体となって人生を生きることができるのです。

 

とは言っても、働きながら技術や専門知識を身につけるのは大変なことです。

 

僕がサラリーマンだった時は、

 

・未経験者でも身につけることができる

・学んだことが現実の世界で武器として使える

・今だけでなく、今後も長い期間通用する

 

このような条件をクリアーする技術や専門知識とはなんだろうか?

 

といつも考えていました。

 

そして最終的にたどり着いたのがプログラミングでした。

 

今考えても、現実的な選択だったと思っています。

 

プログラミングというと、マニアックな世界に感じる人もいるかもしれません。

 

でも実は、【まったくの素人でも短期間にそれなりの技術を身につけることが可能な数少ない分野の一つ】なんです。

 

それに、何よりありがたいのは時間と場所に縛られないで働くことができる!という点です。

 

また日本では、「プログラマーの供給は完全に不足」しています。

 

将来多くの仕事がAIにとって代わると言われていますが、そのAIを使ってロボットを動かすプログラムは人間がやらなければなりません。

 

だから、技術さえ身につければ「仕事が見つからない方が難しい!」という状況です。

 

そのような状況を総合的に考えて、僕はプログラミングしかない!と思い挑戦しました。

 

しかし最初は、うまくいきませんでした。

 

独学だったので

 

・時間がかかりすぎて効率が悪い

・モチベーションが続かない

・最新のテクノロジー(実用的なテクノロジー)が分からない

 

そんな問題が出てきたのです。

 

もう挫折する寸前でした。

 

何とか挫折しなかったのは、途中からプログラミングスクールに通ったからです。

 

スクールで学ぶと、当然お金がかかります。

 

でも、【一生使える技術を身につけるための投資】なので決して無駄なことではないと思い決断しました。

 

ここで一つアドバイスをします。

 

もし、これからプログラミングに挑戦しようと思うなら、できるだけちゃんとした大手のスクールを選んでください。

 

ネットを見れば、さまざまなプログラミング系のスクールが出ていますが、値段だけを見て決めるのは危険です。

 

というのも、僕は最初に金額の安いスクールに入って失敗した経験があるのです。

 

それで、相当なお金と時間を無駄にしてしまいました。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学ぶべきです。

 

おススメできるスクールはどこですか?と聞かれれば、現時点では【TECHCAMP】と僕は答えています。

 

理由は、他のスクールと比べて相当な時間をかけてしっかり学習するスタイルになっているからです。(因みに最短コースの場合でも10週間程度はかかります)

 

それだけ受講内容が濃いですし、未経験から始めるのであればこのくらいの時間は絶対必要です。

 

オンラインのみの学習も可能ですし、教室(渋谷にある)を利用して学習することは可能です。

 

本気で人生を変えたいと思うのなら絶対おススメです。【TECHCAMP】

 

**************************

 

ちょっと話が長くなりましたが、【あなたには充実した人生を送る権利がある!】ということをどうか忘れないでください。

 

そして人生を変えるには、【リスクを取ってチャレンジする必要がある】ということです。

 

因みに僕の友人も、僕のススメでプログラミングを学び、独立を果たし人生を変えました。

 

プログラミングだろうが他の方法だろうが何でもいいので、技術や専門知識をつけて新しい世界に挑戦してみてください。

 

でも失敗したら怖いな、今の仕事は嫌だけど、チャレンジはしたくないな・・・

 

そう思っていたら、一生、自分の道は見つけられません。

 

本気で現状を変えたいと思うから、この記事をここまで読んだんですよね? 

 

いま動かずにページを閉じたら、明日も同じ生活が続きますよ。

 

繰り返しますが、人生を変えるには、リスクを取ってチャレンジする必要があります。

 

僕が会社を辞めた時、先行きが見えなかったのでとても怖かった事を覚えています。

 

でも、どうしても人生を変えたかったので、自分を信じて挑戦しました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

僕は、あなたの未来を変えることはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか変えることができないのです。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

現状を変えたいと思うなら、勇気をもって一歩を踏み出してください。

 

僕のような平凡な人間でもできたのですから、あなたにもできるはずです。

 

応援してます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。