「転職エージェント」のデメリットを知っていますか?

 

チャリオ君チャリオ君

転職サイトはよく耳にするけど、転職エージェントとの違いはよく分からないなぁ・・・

 

ケイコさんケイコさん

あらそうなの、じゃあ教えてあげるわ

 

チャリオ君チャリオ君

よろしくお願いいたします。

 

ケイコさんケイコさん

一言で言えば、アドバイザーがつくかどうかだけの違いなのよ

 

チャリオ君チャリオ君

?????

 

ケイコさんケイコさん

つまりね、転職エージェントだと「担当アドバイザー」という転職をサポートする人がついてくれるの。それで応募書類の書き方や面接の方法なんかを指導してくれるのよ

 

チャリオ君チャリオ君

それはいいですね。じゃあ転職エージェントに申し込んだ方が絶対いいですよね。

 

ケイコさんケイコさん

ところが必ずしもそうとは言えないのよ

 

チャリオ君チャリオ君

ど、どうしてですか?

 

ケイコさんケイコさん

ネットにはあまり出ていないけど、転職エージェントには大きなデメリットがあるのよ

 

チャリオ君チャリオ君

そ、そうなんですか!

 

ケイコさんケイコさん

ネットに出ている転職エージェントの情報は、ほとんど企業が作ったサイトか、企業が個人に依頼して書かせた記事なの。だから転職エージェントの「いい部分」しか書かないのよ

 

チャリオ君チャリオ君

なるほど!デメリットを書いたら、登録してもらえないですもんね

 

ケイコさんケイコさん

そうよ、企業は自社に不都合な内容は書かないわ

 

チャリオ君チャリオ君

じゃあ、転職エージェントのデメリットは分からないのですか?

 

ケイコさんケイコさん

ネットの情報だけだと、なかなか本当のことは分からないわね。だから今回、私が特別に教えてあげる。その代わり、後で授業料をいただくからね

 

チャリオ君チャリオ君

・・・・・・・

 

 

ネットで転職に関する情報を調べれば、さまざまな転職サイトや転職エージェントに関する情報が出てきます。

 

転職エージェントとは、アドバイザーがついてくれて転職に関する手続きを代行してくれたり、採用されるまでに必要なことをすべてサポートしてくれる会社のことを指します。

 

但し、使い方や選び方を間違えると、転職活動がうまくいかず希望した企業に採用されないといったデメリットが起こります。

 

だからどちらを選ぶかは、それぞれのメリット・デメリットを知った上で判断すべきです。

 

何となく転職エージェントの方がよさそうと言う理由だけで決めるのはよくありません。

 

しかし転職エージェントに関するデメリット情報は、あまり出ていません。

 

それは、ネットに出ている情報のほとんどが企業が作った宣伝用サイトだったり、もしくは企業が個人に依頼して書かせた記事だからです。

 

企業は、自社に不都合な情報などは絶対書きません。

 

だから、転職エージェントのメリットばかり強調した記事が多くなっているのです。

 

でも、これから転職活動をする人は、転職エージェントのデメリットを知った上で利用するのかどうかを決めるべきです。

 

そこで今回は、転職エージェントデメリットについてまとめました。

 

転職で失敗しないために、是非参考にしてください。

 

 

デメリット1:誤った転職をしてしまう可能性がある!

 

誤った転職とは、あなたが幸せになれない転職ということです。

 

なぜそんなことが起こるのでしょうか。

 

そもそも目的が違う?

 

そもそも目的が違うと言われても、ピンときませんよね。

 

つまり、転職エージェント側の目的とあなたの目的が違うということです。

 

そこでそれぞれの目的を簡単にまとめると、

 

・転職エージェントの目的

⇒一人でも多くの人を転職させて、企業から報酬を得ること。

*転職エージェントの報酬は、採用者の年収の約30%と言われています。つまりとっても高額なんです。

 

・あなたの目的

自分に合った会社(自分が望む企業)に転職し、人生の質を今よりも向上させること。

 

このように、根本的な目的が違うのです。

 

目的が違うと何が起こるのか

 

転職エージェントの目的は、たくさんの人を企業に送り込むことです。

 

だから、ぶっちゃけて言えば

 

あなたのために活動しているわけではありません!

 

さらに極論を言えば、

 

転職後にあなたが後悔しようが、そんなことはどうでもいい!

 

ということなんです。

 

アドバイザーは基本的に親切だけど・・・

 

どんな転職アドバイザー(担当者)でも、仕事ですから熱心に活動します。

 

そして

 

「私は、あなたのために熱心活動していますよ」

 

と思われるように演じるのが普通です。

 

それは、そう演じることであなたに信頼してもらうためです。

 

あなたの信頼を得たアドバイザーは、自分が誘導する方向に沿ってあなたが転職を決めて欲しいと考えています。

 

しかしその最終目的は「企業から報酬も得るため」ということを忘れてはいけません。

 

具体的に起こるデメリットとは

例えば、以下のようなデメリットが実際に起こっています。

 

・あなたの性格に合わない企業と分かっていても熱心に応募をススメてくる。

・あなたの希望とは関係なく、採用される可能性が高い企業にあなたを押し込もうとする。

・多少ブラックな会社でも、ノルマ達成のために紹介してくる。

 

そもそも転職エージェントは、営利目的の企業です。

 

ボランティアで転職サポートをしているわけではありません。

 

営利目的の企業ですから、ノルマ達成のために、このような行動をしてしまうこともあるのです。

 

その事を常に忘れずに、転職エージェントを利用してください。

 

対策はどうすればいいの?

 

根本的な対策は、エージェント担当者の言いなりにならない事です。

 

最終的に会社を決めるのは、自分だ!

 

そういう心構えをしっかりもっていれば大丈夫です。

 

特に以下の2点は注意してくださいね。

 

・アドバイザーに急かされても、すぐに即決はしないで、必ず自分の頭でよく考えてみる。

 

・アドバイザーからの情報を妄信せずに、他の転職エージェントやネットの口コミ情報などもチェックする。

 

デメリット2:企業を紹介しない事がある!

転職アドバイザーが「企業を紹介しない」というケースもよくあります。

 

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 

それは、「採用の可能性が低い人」と判断したからです。

採用の可能性が低い人には、求人を紹介しない理由

転職エージェントもビジネスなので、採用の可能性が低い人には求人案件を紹介しません。

 

それは時間の無駄になるからです。

 

つまりエージェント担当者は自分が効率よく仕事をするために、仕事の優先順位をつけています。

 

そうなると、「採用の可能性の高い人」に集中的に時間を使うようになり、「採用の可能性の低い人」から距離を置くようになります。

 

「求人案件を紹介しない」というやり方は、その手段の一つなのです。

 

エージェント担当者は、常に応募者をふるいにかけています。

 

その結果、エージェント担当者のさじ加減一つで、あなたの採用の可能性が消えてしまうこともあるのです。

 

これも、頭の片隅にいれておいてください。

 

どんな人が「採用の可能性が低い」と判断されるのか

 

では、エージェント担当者は、どのような理由で「採用の可能性が低い人」と判断するのでしょうか。

 

一概には言えないかもしれませんが、次のような人はそのように判断される可能性が高いということを知っておいてください。

 

前職(または現職)の年収が低い人。例えば年収300万以下など。

 

・正社員の経験がほとんどない人。例えばフリーターの人など。

 

・長い期間休んでいた人。例えば病気などで休職していた人など。

 

・高齢の人。

 

・経験がないのに正社員として入社を希望する人。

 

あきらめるしかないの?

もしあなたが上記の条件に該当したとしても、簡単にあきらめてはいけません。

 

一つの転職エージェントでうまくいかなくても、「他の転職エージェントではうまくいった」という話はよく聞きます。

 

要は、相性の問題です。

 

それにタイミングの問題もあります。

 

だからあきらめないで、採用されるまで粘り強く活動を続けてください。

 

転職エージェントは、CMに出てくるような大手ばかりではありません。

 

規模は小さくても、お宝の求人を抱える転職エージェントはまだまだたくさんあるのです。

 

そして、それぞれ得意分野が違いますので、あきらめずに、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

 

 

デメリット3:なんだかんだと時間がかかり過ぎる!

企業への応募や面接の時間調整など、あらゆる場面でエージェントの担当者が仲介します。

 

企業と直接やり取りをすれば早く済む話でも、それが許されていないのです。

 

このため、いつも余計な時間がかかります。

 

またエージェント担当者は、1人で多くの応募者を担当するのが普通です。

 

このために、タイムリーなレスポンスがなされないことも多々あります。

 

因みに1社の面接から内定までは、最低でも1か月以上かかってしまうのが現状なのです。

 

登録後のやり取りが多い!

 

転職エージェントに登録してから、企業に採用されるまでのやり取りは結構多いということをご存知でしょうか。

 

具体的に、どんなことをやるのか以下に書き出しました。

 

① 転職エージェントに登録する。

② 転職エージェント担当者から電話がくる。

③ 転職エージェント担当者と面談をする。

(わざわざこちらから訪問しなければならないことが多い)

④ 転職エージェント担当者から求人の紹介がくる。

⑤ 転職エージェントから職務経歴書の添削指導を受ける。

⑥ 転職エージェント経由で企業に応募する。

⑦ 転職エージェントより面接の指導を受ける。

⑧ 応募企業の面接を受ける。

⑨ 企業から内定の連絡を受ける。

⑩ 転職エージェントより退職のサポートを受ける。

⑪ 転職完了。

 

以上、転職エージェントによっては多少の違いがあるかもしれませんが、大筋ではこんな感じになります。

 

デメリット4:担当者の当たりハズレがひどい!

 

担当者の中には、人間的にちょっと問題のある人もかなりいます。

 

担当者も人間ですから、いろいろな人がいるのは当然の話です。

 

でも、自分の人生を決める大事な選択の時に、ハズレの担当者がついてしまったら最悪です。

 

担当者がハズレだとどうなるのか

 

担当者がハズレで問題になるのは、以下の2点です。

 

・担当者がハズレだと、あなたの希望に沿った会社を探せないので、希望の案件に出会えないリスクがでてくる。

 

・担当者がハズレだと、タイムリーに案件の紹介ができないのでタイミングを逃すリスクが出てくる。

 

因みにハズレ担当者は、企業の採用担当者の印象も悪いです。

 

その結果「この担当者が紹介する人はやめておこう」となりやすい傾向もあるのです。

 

担当がハズレの時はどうすればいいの?

答えは一つしかありません。

 

担当者を変えてください!

 

ときっぱり言ってください。

 

しかし、担当者本人に直接言うことは、できるだけやめましょう。

 

なぜなら、中には逆恨みをするような人もいるからです。

 

だから伝える時は、転職エージェント会社の総合窓口伝えてください。

 

それでも対応してくれない場合は、別の転職エージェントに変更しましょう。

 

 

デメリット5:大量採用型企業の求人が少ない

 

転職エージェントの案件には「大量採用型」求人はほとんどありません。

 

大量採用型とは、一度に30人とか50人とか募集する求人です。

 

どうして大量採用型の求人がほとんどないのかと言うと、コストがかかり過ぎるからです。

 

これは、企業側の都合です。

 

つまり企業としては「大量に人が欲しいけど、転職エージェントに依頼するとお金がかかり過ぎる!」

 

と考えるため、転職エージェントに依頼しないのです。

 

因みに「大量採用型」求人だからと言って、必ずしもブラック企業とは言えません。

 

優良企業が事業拡大のために「大量採用型」の求人を出すこともあるからです。

 

では、「大量採用型」の求人を逃さないためにはどうすればいいのでしょうか。

 

大量採用型の企業に応募したい場合は?

大量採用型の企業は、通常、「転職サイト」に求人を依頼します。

 

その方がコストがはるかに安いからです。

 

ですから、もしあなたが大量採用型の企業を狙うのであれば、転職サイトに登録しておくしかありません。

 

登録料は基本的に無料ですので、保険として登録することをおススメします。

 

そうしておけば、良さそうな求人や職種に目星をつけられますし、オススメの求人がメールで送られてくるので「これだ!」と思える求人に出会えるチャンスも出てきます。

 

登録する転職サイトは、とりあえずリクナビNEXT1社だけ登録しておけば十分でしょう。

 

リクナビNEXTは業界最王手ですし、求人数もNo1です。

 

使い勝手もダントツにいいので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

デメリット6:学歴で案件を決められてしまう!

 

転職エージェントは、登録した人の学歴と社歴」を重視します。

 

学歴や社歴を見て、その人をふるいにかけて紹介する案件を絞るのです。

 

これは、転職エージェント担当者が効率よく仕事を進めるためにやっています。

 

だから学歴や社歴が目立たない人は、その時点で選択の幅をせばめられてしまうデメリットがあるのです。

 

でも、学歴や社歴だけで人の価値が決まるわけではありません。

 

ですから、転職エージェントの判断だけを信じるのではなく、自分から直接に企業に直接応募するとか、転職サイトに登録するとか、さまざまな方法で自分から可能性を広げてください。

 

デメリット7:地方は不利という現実

 

転職エージェントは、基本的に大都市でしかサービスしていません。

 

大都市というのは、東京、名古屋、大阪、福岡のことです(京都、神戸、広島が含まれることもあります)。

 

なぜかというと、大都市は人口が多いので仕事効率がいいからです。

 

人口が少ないと商売の効率が落ちるので、転職エージェントは地方でのサポートに積極的ではありません。

 

そうなると、地方に住んでいる人にとってはメリットがありません。

 

また、「地方で働きたい」という人に対する情報も不足しています。

 

そういう現実があるということも、知っておいてください。

 

デメリット8:人気のない企業を押し付けられる!

 

「人気のない企業」とは、誰も応募しないような企業です。

 

その背景には、業績が極端に低迷しているとか、ブラックな企業体質とか、さまざまな理由があります。

 

しかしそんな企業でも、転職エージェントにとっては大切なお客様です。

 

企業から「人を探してくれ」と依頼がくれば、転職エージェントとしては、何としても誰かを入社させようとします。

 

ひどい場合は、その企業に入社させることをノルマとして担当アドバイザーに課すこともあるのです。

 

そういう背景があるということも、知っておいてください。

 

デメリット9:こんな人には冷たい!

 

一生懸命活動しているのに、不幸にもなかなか採用が決まらない人もいます。

 

しかし、長期間採用が決まらないと、転職アドバイザーは冷たくなる傾向があります。

 

アドバイザーもノルマがあるので、早く決まりそうな応募者に時間をかけたいからです。

 

だから、長期戦で転職エージェントを利用しても、いいことはありません。

 

サポートがどんどん薄くなるので、むしろ採用から遠ざかってしまうのです。

 

タイムリミットは、一般的に3か月間と言われています。

 

この期間を過ぎても決まらなかった場合は、別の転職エージェントか転職サイトに乗り換えた方がいいということを知っておいてください。

 

 

以上、【転職エージェントのデメリット】でした。

 

長文でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

あなたの転職が成功することを、心より祈っています。

 

こちらの記事もおススメします。

転職したいけどやりたい仕事が見つからない!そんな時に試したい5つのステップ

【異業種へ転職希望の方へ】志望動機で失敗しないためのポイントとは

【失敗しないための転職エージェントの選び方】4つのステップで解説