スポンサーリンク

まずは稼ぐ方法を確保するべし

サラリーマン時代は、毎日毎日会社を辞めたい!と思っていました。
でも、本当に会社を辞めてしまえば、ただちに収入がなくなります。

 

収入が無くなれば、生活ができません。
だから辞めたいけど辞められないというのが現実でした。

 

嫌だ嫌だと思いながら毎日会社に出勤し、
なんと15年間も我慢しました。

 

僕と同じような気持ちで働いているサラリーマンは、
今もたくさんいるのかもしれません。

 

当時の僕の頭の中は、

 

どうすれば会社を辞めることができるのか!

 

そればかり考えていました。

 

しかし何度考えても、
定年まで我慢するしかない!という答えにたどり着きます。

 

別の会社に転職すれば、また 嫌な上司にあたるかもしれません。

転職先の職場環境が今の職場以上に劣悪かもしれません。

 

そして嫌な思いをすれば、また会社を辞めたいと思うかもしれません。
その可能性は否定できないのです。

 

そう考えると、別の会社に転職するのはリスクが高く意味のないことに思えました。
そもそも転職が無理な年齢でもありました。

 

サラリーマン以外で生きていく道は、本当にないのか!

 

とひたすら考えていました。でも安心してください。
真剣に悩み続ければ、なにかしらヒントは見えてくるものです。

独立にもいろいろあります

雇われない生き方(=サラリーマン以外の生き方)を考えた時、
だれでもすぐに独立ということばが思い浮かぶと思います。

 

でも、独立というとお金がかかりそうだし、
失敗すると大変なことになりそうです。

そもそも独立して何か事業をやろうというような大それた考えは、
僕には全くありませんでした。

 

僕が望んでいる生活は、

 

  • 嫌な上司に振り回されることなく
  • 理不尽な要求で苦しむことなく
  • 自分のペースで穏やかに暮らす

 

そういう生活です。

 

別に大金持ちになりたいわけではありません。
もちろんお金はあった方がいいかもしれませんが、
過剰なストレスをためてまで働いて、お金持ちになりたいとは全く思いません。

 

リスクが少なくて、自分にできることは何だろうと考え続けました。
必死に調べているうちに、リスクが少なくても独立できそうな候補
何となく見えてきました。

 

それは 農業 もしくは ネットビジネス でした。
どちらも新規参入者が入っていける環境があるように思えました。
僕はそれぞれ本気で検討しました。

本当に農業ってやっていけるだろうか!

僕は大学生の時、
信州の農家に住み込みで2か月間バイトをしたことがあります。

 

だからまったく未知の世界というわけではありません。
でも完全な素人です。

 

農業であれば、
自然が相手ですので嫌な上司に振り回されることはありません。

 

自然が好きだったのでオフィスで仕事するよりは、はるかに楽しそうに思えました。

 

ただ心配だったのは、

1.40代後半だった僕の体力がもつのか?

2.農業に転職して本当に食べていけるのか?

 

という2点でした。

 

僕が最初にとった行動は、
県の新規就農窓口に行って相談することでした。

 

僕は千葉県に住んでいましたので、
千葉県庁まで行って、具体的な不安について相談しました。

40代後半の素人でも体力的に大丈夫なのか

もちろん個人差はありますが、
50代でも新規就農を始めている人はいるとのことでした。

 

ただし、人によっては慣れない作業で熱中症になったり、
過労で身体を壊して辞める人もいるとのことでした。

 

昔と違って機械化が進んでいるので作業はかなり軽減されているものの、
機械は高額なので、簡単には手に入らないとのことでした。

そうなると結局は身体を酷使しなければならないのです。
もちろん、農協で借金をして機械を購入する方もたくさんいます。

 

でも借金を返すだけの稼ぎが出ない方もたくさんいるとのことでした。

 

因みに県内で野菜を作っている一般的な農家(ハウス栽培と露地栽培)の場合、
ほぼ年中無休で働いている方が多いとのことでした。

 

つまり土曜も日曜も祭日もないのです。
台風や土砂降り以外は、毎日作業をするわけです。

 

そのため農家の子供は後を継ぐのを嫌がり、後継者が育っていないとのことです。
それで農業従事者の高齢化が問題になっているとのことでした。

 

因みに実家が農家の場合、脱サラして就農した人は比較的成功しているとのことでした。
理由は、土地も機械もノウハウもあって、農作業に身体が慣れているからということでした。

 

この話を聞いて、かなりハードル高いなーと感じてしまいました。

新規就農で本当に食べていけるのか

新規就農してから1~2年目で生計が成り立つ人は、
全体のわずか15%程度とのことでした。
つまり6人のうち5人は生計が成り立っていないのです。

 

また新規就農者の約3割は、
生計の目処が立たないなどの理由で数年以内に農業を辞めています。

生計が成り立たずに農業を続けている人は、
生活費の不足分を就農給付金家族の収入でなんとかつないでいるようです。

 

ただ新規就農して5年目になると、
約50%が生計が成り立つようになっています。
逆に言えば、2人に1人は5年経っても生計が成り立っていないのが実情でした。

 

根拠となるデーターは、
一般社団法人全国農業会議所・全国新規就農相談センターのものです。
現実はかなり厳しいことが分かりました。

 

千葉県庁の方は、僕の不安に対して本当に親切に対応し、そして真実を話してくれました。
しかし、現実を聞いて農家になることを断念するしかありませんでした。

ネットビジネスはどうなのか

それでは、実際に脱サラした人は、
いったいどんな仕事をしているのでしょうか。僕は調べ続けました。

脱サラした人がその後に始めた仕事は、
実に多岐にわたります。

 

その中でリスクが少なくて、投資が不要な仕事を探してみました。
探してみると、予想以上にたくさんの職種があります。

 

でも、資格も技術もないアラフィーの僕です。
そんな僕にでもできそうな仕事となるとかなり限られてきます。

 

何をするにもまったくの素人なので、
素人でも時間をかければ稼げる仕事という観点で探しました。

スポンサーリンク

 

最終的に候補として残ったのは、
アフィリエイトブログ収入の道でした。

 

アフィリエイトというのは、
自分で作ったサイトで何かのモノを宣伝して売る商売です。

 

ブログ収入は、アクセスを集めて広告収入を得る商売です。
どちらも素人でも始められる仕事のようでした。

アフィリエイトに挑戦した結果は

僕がアフィリエイトということばに出会ったのは、
あるブログがきっかけでした。

そのブログは、50代でリストラされた人が
一からアフィリエイトを始めた時の体験談です。

 

時間はかかったものの徐々に収入が上がり、
最後はサラリーマン時代よりも収入が増えたという内容でした。

 

ブログには、それまでに苦労したことや失敗談
どんな気持ちで毎日を過ごしてきたかなど、リアルに書かれていました。

 

そのブログを読んだことがきっかけとなって
僕はアフィリエイトに興味を持ちました。

 

ネットで調べてみると、

 

すぐに儲かる!とか、

3か月で月収100万!とか

誰でも簡単に高収入とか・・・

 

そういう甘い言葉で高額な教材を売ろうとするサイトがたくさんありました。

 

アフィリエイトを始めようとする人がたくさんいるのでしょう。
そういった人たちをカモにして儲けようと企んでいる人がたくさんいるのです。

 

でも実際のところ、アフィリエイトをやっている人のうち97%は、
まったく収入がないか、あっても月3万以下とのデーターがありました。

 

また、1年以内に挫折する人が約半分もいるのが実態のようでした。

 

データーの取り方によって数値は変わるのでしょうが、
厳しい世界であることには変わりません。

 

ただ、基礎からきちんと学んで時間をかければ
稼げるようになる可能性はかなり高いと言われています。

 

そのことは、多くアフィリエイターも書いていて、
ほぼ意見が一致していましたので、まず間違いないようです。

 

いろいろ考えた末、僕はアフィリエイトをやろうと決めました。

 

退職しても、すぐに破産する恐れがなかったことも理由の一つです。
1年間くらいは無収入でも大丈夫と予測していました。

 

だから時間をかけてじっくり勉強すれば、何とかなるだろうと思ったのです。

 

1年間、無収入でアフィリエイトに打ち込める人は、それほど多くないと思います。
多くの人が働きながら、アフィリエイトをやっているのです。

 

だから逆に、アフィリエイトだけに専念すれば、
生き残れる可能性が出てくると考えたのです。

 

しかし実際に始めてみると、予想以上に時間がかかりました。

最初の収入が発生するまでが1年もかかりました。

さらに収入が安定するまで2年もかかり、

最終的に生活できると目途がつくまで3年もかかったのです。

 

新規参入のライバルが急激に増えたこともあって、
予想以上に苦戦しました。

 

生活が安定するまでは、本当に苦しい毎日でした。
でも、成功を信じて毎日コツコツと頑張り続けました。

 

おかげで今では生活が安定し、充実した毎日を送ることができています。
嫌な上司に悩まされることなく、自分で自分の時間を管理できています。

 

今のライフスタイルが、今までの人生の中で一番幸せだと感じています。
思い切ってアフィリエイトに踏み切って本当によかったと思っています。

ブログ収入ってどういうこと?

ブログ収入とは、
具体的にはグーグルなどが提供している広告を自分のブログに貼り付けて、
読者がそれをクリックしたら報酬をもらうというものです。

 

ただし、収入は微々たるものです。

ブログの収入で月1万円以上稼いでいる人は、全体の1割だそうです。
たったこれだけ稼ぐのに、毎日1000人以上の読者に読まれるような
ブログを作らないとダメだそうです。

 

実際、毎日1000人以上の読者に読んでもらえるようなブログを作るには、
最低でも100記事以上の投稿が必要というデーターがあります。

 

そう考えると、とても効率が悪いビジネスです。
いや、もはやビジネスとは言えないかもしれません。

 

しかし、月1万円稼げるようになると、
月5万、月10万は比較的早く到達するのが傾向があることが分かっています。

読者の役に立つ良質な記事を毎日書き続けていけば、安定的に
月30万円を稼ぐことも夢ではありません。

 

問題は、書き続けることができるかどうかという点にあるようです。
ある程度の収入が出てくると、その後の収入は比較的安定します。

 

さらに、投稿数が200記事、300記事となってくると、
ユーザー数が急激に増え、それに伴い収入も急激に伸びることが分かっています。

 

しかしほとんどの人は、そこまで書き続けることができずに辞めてしまうようです。
逆にあきらめずに続けていれば、勝てる可能性はかなり高いと言えます。

 

ブログ収入は一つの資産と考えると、アパートの大家さんに似ています。
一度作ってしまえば、安定的に収入が見込めるからです。

ただし、定期的なメンテナンスは必要です。
それはアパートの大家さんでも同じですよね。

まとめ

サラリーマン以外に生きていく方法(=雇われないで生きていく方法)
として僕が選んだのは、アフィリエイトとブログ収入でした。

とても時間はかかりましたが、今ではサラリーマン時代よりも多くの収入があります。

 

会社を辞めてからは、過剰なストレスがなくなり、身体は健康になり、
好きな時間に好きなことができる自由を手に入れることができました。

 

しかし最初は不安でした。

 

もし稼げなかったらどうしよう!

資金が底をついたらどうしよう!

 

という心配が消えなかったからです。

 

でもどんなに苦しい時でも、
サラリーマンに戻りたいと思ったことは一度もありませんでした

 

万が一稼げなかったら、近くの工場かスーパーでバイトをして生活しよう!
と僕は最初から腹を決めていました。

 

もう人生の残り時間は見えています。
いやいや会社に通いながら時間を浪費するよりは、
新しい世界にチャレンジした方がいいと思ったのです。

仮に失敗したとしても、挑戦したことを後悔しなかったと思います。

僕が最終的に決断したきっかけは、当時82歳だった父の言葉でした。

 

”時間はあっという間に過ぎてしまうから、

おまえが会社とどうしても合わないのなら、

早く第二の人生を始めたらいい” 

 

と言ってくれたのです。
その言葉が僕の背中を押してくれました。

 

なぜ早期退職を実行できたのか、
それは、退職後の収入の目途がついたからです。

 

サラリーマン以外にも生きていく道は必ずあります。稼ぐ方法はたくさんあるのです。
会社を辞めようかどうか迷っている方は、是非一度考えてみてください。

 

応援してます。

スポンサーリンク