こんにちは。サラリーマンお助け村の村長です。

 

僕は、50歳になってすぐに早期退職しました。

 

それまでは、毎日会社を辞めたい!と思いながらも辞めることができませんでした。

 

退職後の収入の目途が立たなかったからです。

 

そんな状況でしたが、無謀にも早期退職を決行しました。

 

そして、資格も技術も専門知識も人脈も何もなかった僕でも、結果的に独立して生活費を稼ぐことができました。

 

そこで今回は、

・僕が早期退職に踏み切ったワケ

・僕が新たな生活費を稼ぐまで

・僕が続けることができた理由

 

について書きたいと思います。

 

この記事が、これから早期退職を検討している人の参考になればうれしいです。

 

 

早期退職後に生きる道

 

サラリーマン時代は、毎日毎日会社を辞めたい!と思っていました。

 

でも、本当に会社を辞めてしまえば、ただちに収入がなくなります。

 

収入が無くなれば、生活ができません。

 

だから辞めたいけど辞められないというのが現実でした

 

嫌だ嫌だと思いながら毎日会社に出勤し、50歳まで働きました。

 

僕の頭の中は、

 

どうすれば会社を辞めることができるのか!

 

そんな悩みでいっぱいでした。

 

しかし何度考えても、定年まで我慢するしかないという答えにたどり着きます。

 

当時は上司との関係が最悪で、それが退職したい一番の理由でした。

 

もし会社を辞めて別の会社に転職したとしても、また酷い上司にあたるかもしれません。

 

そもそも、もうすぐ50歳になる歳だったので転職が無理な年齢でもありました。

 

サラリーマン以外で生きていく道は本当にないのか!

 

とひたすら考えていました。

 

こんな生活がしたい

 

僕は、もう会社に雇われない生き方をしたいと思っていました。

 

サラリーマンとして自分の時間を切り売りしてお金を稼ぐのが、たまらなく嫌になってしまったのです。

 

でも雇われない生き方をするのであれば、自分で事業を起こすか独立してフリーランスになるしかありません

 

事業を起こすなんて、失敗したら怖いし、自分にできるような気がしませんでした。

 

じゃあ独立してフリーランスになるか!というと、それも何となく怖いイメージがありました。

 

まったく僕は、優柔不断な人間だったのです。

 

僕が望んでいた生活は、

 

・嫌な上司に振り回されることなく

・理不尽な仕事に苦しむことなく

・自分のペースで穏やかに暮らす

 

ただそれだけでした。

 

そういう自由な生活に憧れていました。

 

というか、それほど毎日何かに縛られていたからそういう考えになったと思うのです。

 

別に大金持ちになりたいわけではありません。

 

もちろんお金はあった方がいいですが、過剰なストレスをためてまでお金持ちになりたいとは思いませんでした。

 

リスクが少なくて自分にできることは何だろう?

 

と毎日考えていました。

 

必死に調べているうちに、もしかしたらできるかもしれない!と思える候補がいくつか出てきました。

 

それは

 

農業ネットビジネスでした。

 

どちらも新規参入者でもやっていけるような気がしたのです。

 

 

農業の可能性の実際のところ

 

僕は大学生の時に、信州の農家でバイトをしたことがあります。

 

夏休みの2か月間、住み込みで野菜の出荷や栽培の手伝いをしたのです。

 

だから、農業についてはまったく知らないということはありませんでした。

 

農家さんの生活も何となくイメージできたのです。

 

とは言っても、完全な素人です。

 

でも農業であれば、自然が相手ですので嫌な上司に振り回されることはありません。

 

僕は自然が大好きだったので、オフィスで仕事するよりはずっと楽しそうに思えました。

 

ただ心配だったのは、

 

・もうすぐ50歳になるけど、体力がもつのだろうか?

 

・農業やって、本当に生活が成り立つのだろうか?

 

という2点でした。

 

ネットで調べても、参考になりそうな情報が見つかりません。

 

それで、の新規就農窓口に行って相談することにしました。

 

まず最初に、50代から農業を始めても体力的に問題がないのか?ということについて聞いてみました。

 

以下、窓口の人の回答です。

 

もちろん個人差はありますが、50代でも新規就農を始めている人はたくさんいます。ただし、人によっては慣れない作業で熱中症になったり、過労で身体を壊して辞める人もいます。ただ昔と違って機械化が進んでいるから、作業はかなり軽減されてますよ。でも機械は高額です!

 

とのことでした。

 

調べてみると、農業に使うトラクターや収穫マシーンは、ビックリするほど高額なのでした。

 

僕には、農業機械を買うほどのお金の余裕はありませんでした。

 

そうなると、身体を酷使しなければなりません。

 

もちろん、農協で借金をして機械を購入する方もたくさんいます。

 

でも借金を返すだけの稼ぎが出ない方もたくさんいるとのことでした。

 

話を聞いているうちに、農家を目指すのはかなりキビシイかもしれない!と思いました。

 

知らず知らずのうちに、ため息が出てしまいます。

 

また新規で農業を始めた人で1~2年目で生計が成り立つ人は、全体のわずか15%程度とのことでした。

 

つまり6人のうち5人は生計が成り立っていないのです。

 

また、新規就農者の約3割生計の目処が立たないなどの理由で数年以内に農業を辞めているとのことです。

 

この話を聞いて、農業はかなり厳しいことが分かりました。

 

僕が20代の独身者だったら、挑戦したかもしれません。

 

でも家族持ちのアラフィー男には、決断できませんでした。

 

現実的に考えて、農家になることを断念するしかありませんでした。

 

 

ネットビジネスはどうなのか

 

農業をあきらめた僕は、ネットビジネスの可能性について調べました。

 

ネットビジネスと言っても、仕事内容はいろいろあります。

 

例えば

 

クラウドソーシング、ネットオークション、FX 、ドロップシッピング、WEBサービス、スマホのアプリ開発、デジタルコンテンツの販売などなど・・・。

 

一つ一つの仕事の詳細は分かりませんが、たくさんあるようです。

 

そこで僕は、ネットビジネスについての情報を集めました。

 

調べてみると、かなり怪しげなキャッチフレーズで教材を販売しようとするサイトがたくさんありました。

 

例えば、

 

だれでもすぐに儲かる!

 

とか、

 

3か月で月収100万!

 

とか、

 

誰でも簡単に高収入!

 

とかとか・・・

 

そういう甘い言葉で、高額な教材を売ろうとするサイトがたくさんあったのです。

 

きっと、ネットビジネスを始めようと考えている人が世の中にはたくさんいるのでしょう。

 

そういった初心者をカモにして儲けようと企んでいる人がたくさんいるのが、ネットビジネス業界なんだなぁと感じました。

 

それでも、専業で稼いでいる人が少なからずいるようでした。

 

いろいろ検討して、最後に残ったのはブログビジネスでした。

 

これはブログを通して集客し、グーグルの広告を貼り付けて広告費を稼ぐというものです。

 

ネットでいろいろなサイトを見ると、自動的に広告がでてきますよね。

 

あれです。

 

例えばこんなやつです。⇩

 

 

この広告をクリックした人がいれば、僕にお金が入る仕組みです。

 

でもクリックする人は、100人に1人いるかいないかです。

 

しかも、クリックで入るお金は10円とか20円です。

 

それでもたくさんの人がブログにくると、確実に稼げるようになります。

 

ユーチューバーも基本的には、グーグルの広告で稼いでいるわけです。

 

それで僕は、ブログビジネスをやってみようと決めました。

 

もちろん僕は超超超初心者だったので、独学でできるとは思っていません。

 

だから最初は、信頼できそうな教材を探してお金を払ってノウハウを学びました。

 

ブログビジネスは簡単に稼げなかった!

 

有料の教材で勉強しながら、僕は毎日自宅のパソコンと格闘しました。

 

でも、僕は基礎の基礎ができていないので、教材に書かれていることが理解できません。

 

まず、教材に出てくる用語からして分からないのです。

 

それでも、せっかくお金を払ったんだからと思って、しぶとく頑張りました。

 

気がつくと、あっという間に半年経っていました。

 

最初は、半年頑張れば数万円は稼げる!という話でした。

 

でも僕の場合、半年経っても月に500円程度しか稼げませんでした。

 

その時、このまま頑張って本当に稼げるようになるのだろうか?と少し怖くなりました。

 

すぐに稼げる人は最初から専門知識があった人ではないか?という疑問が湧いてきました。

 

例えば、IT系の会社に勤めている人とか、学生時代からプログラミングをかじっていた人とか、そういう人なら吸収のスピードがまったく違います。

 

その事に、やっと気づきました。

 

でも、もうサラリーマンに戻る気は全くありません。

 

だから、時間がかかっても続けようと思いました。

 

そしてまたコツコツ頑張りました。

 

気がつくと1年経っていました。

 

その頃には、月2万円程度は稼げるようになっていました。

 

でも、これでは生活できません。

 

しかし、会社に雇われずに自分の力で月2万円を確実に稼げるようになったことは、大きな自信になりました。

 

ブログの集客数ですが、数か月横ばいの時もあれば、一か月で一気に倍増することもありました。

 

多少のアップダウンはありましたが、3か月単位で見ると確実に右肩上がりをしていました。

 

だから頑張ることができたのだと思います。

 

もし、集客数が下がり続けたらメンタルが持たなかったと思います。

 

とにかく時間がかかってもいいから、着実に進もうと思いました。

 

3年目に入ると、なんとサラリーマン時代の月収に追いつくことができました。

 

ここまで来ると、ネットビジネスが楽しくてしょうがなくなります。

 

そして4年目、サラリーマン時代の月収のほぼ倍の金額を稼げるようになりました。

 

3年目から4年目の時の収入の伸びが驚異的でした。

 

ブログビジネスは1年頑張れば生活費ぐらいは稼げるという人もいます。

 

でも、IT知識ゼロのアラフィーのおっさんの場合は、稼げるようになるまでに予想以上の時間がかかるのが現実でした。

 

僕が続けることができた理由

ブログビジネスに参入するほとんどの人は、げる前にやめてしまうそうです。

 

いつ稼げるか分からない状況で、膨大な時間を投資して頑張り続けるのは正直難しいと思います。

 

では、なぜ僕はあきらめずに頑張り続けることができたのでしょうか。

 

今振り返ると、理由は大きくは2つあったと思います。

 

1.時間的に余裕があったから

2.資金的に余裕があったから

 

突き詰めると、この2つしかないと思います。

 

もしこの2つがなかったら、僕はとても続けることはできなかったと思います。

 

例えば、もし副業としてネットビジネスをやっていたら絶対的な時間不足になったと思います。

 

普段の仕事で疲れているのに、家に帰ってから作業をするのは並大抵のことではできません。

 

また、無収入が続いて生活が困る状態になったら、怖くてすぐに転職の道を選んだでしょう。

 

僕の場合、すぐ生活費に困る状況じゃなかったから頑張れたのだと思います。

 

IT知識ゼロの僕のような人がこれから独立を検討しているのであれば、まず最初に資金的な見通しを立てておいてください。

 

無収入で何年くらい生活できるのかを把握しておくことはとても大事です。

 

貯金が底をつけば、気持ちに余裕がなくなります。

 

そうなると、頑張り続けることができなくなるのです。

 

それと、ネットビジネスは想像以上に覚えることが多いです。

 

さらに数年前まで通用していたノウハウでも、すぐに通用しなくなります。

 

それほど、ネットビジネスの業界は変化が激しいのです。

 

だから、

 

1年くらい頑張ればなんとかなる!

 

というような甘い言葉に惑わされないでください。

 

現実はそんなに甘くありません。

 

とにかく何をするにも時間がかかります。

 

そして苦労して覚えたスキルも、1年後には古くなって使えなくなる事もよくあります。

 

だから、

・常に最新の情報を手に入れたり、

・分からないことを自分で調べて解決したり、

 

そのようなスキルがないと稼ぐことはできません。

 

因みに僕の場合、会社で長時間パソコンをいじっていたので何とかなるだろうと高をくくっていました。

 

でも、会社で使っていたパソコン知識なんて、ネットビジネスとは関係ありませんでした。

 

エクセルができる、ワードができる、パワポが使える・・・そんなの、当たり前です。

 

いろいろ脅かすようなことを言ってすみません。

 

いろいろと脅かすようなことを言ったのは、何も知らないで失敗する人があまりにも多いからです。

 

リスクをしっかり認識した上で腹を括ってやるのであれば、問題ありません。

 

以上、【僕がネットビジネスで稼ぐまでの道のり】でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。