スポンサーリンク

 

こんにちは!

僕は、50代になってすぐに早期退職しました。

それまでは、毎日辞めたいと思いながらも辞めることができませんでした。

 

僕が

どうして早期退職に踏み切ったのか、

どうしてアフィリエイトをはじめようと思ったのか、

その後の生活はどうなっているのか、

についてこのブログで書きたいと思います。

僕の体験談が、これから早期退職を検討している人の参考になればうれしいです。

 

早期退職後に生きる道

 

サラリーマン時代は、毎日毎日会社を辞めたい!と思っていました。

 

でも、本当に会社を辞めてしまえば、ただちに収入がなくなります。

 

収入が無くなれば、生活ができません。

 

だから辞めたいけど辞められないというのが現実でした

 

嫌だ嫌だと思いながら毎日会社に出勤し、なんと50歳まで働きました。

 

僕の頭の中は、

 

どうすれば会社を辞めることができるのか!

 

そればかり考えていました。

 

しかし何度考えても、定年まで我慢するしかない!という答えにたどり着きます。

 

 

 

もし別の会社に転職したとしても、また嫌な上司にあたるかもしれません。

 

当時は上司との関係が最悪で、それが退職したい一番の理由だったのです。

 

また転職先の職場環境が、今以上に悪くなる可能性もあります。

 

 

そう考えると、別の会社に転職するのはリスクが高くて意味のないことに思えました。

 

そもそも、転職が無理な年齢でもありました。

 

僕は、もうすぐ50歳になる時だったのです。

 

サラリーマン以外で生きていく道は本当にないのか!

 

とひたすら考えていました。

 

こんな生活がしたい

 

もう雇われない生き方をしたいと思っていました。

 

サラリーマンとして自分の時間を管理されるのが、たまらなく嫌になってしまったのです。

 

でも雇われない生き方をするのであれば、自分で事業を起こすか独立するしかありません

 

そもそも何か事業をやろうというような大それた考えは、僕には全くありませんでした。

 

じゃあ独立かというと、それも何となく怖いイメージがありました。

 

つまり、

 

・独立するなんて、なんだかとってもお金がかかりそう

 

・独立して失敗したら、大変なことになりそう

 

そういうマイナスのイメージがつきまとっていたのです。

 

 

僕が望んでいる生活は、

 

 

・嫌な上司に振り回されることなく

 

・理不尽な要求で苦しむことなく

 

・自分のペースで穏やかに暮らす

 

 

ただそれだけです。そういう自由な生活がしたかったのです。

 

別に大金持ちになりたいわけではありません。

 

もちろんお金はあった方がいいかもしれませんが、過剰なストレスをためてまで働いてお金持ちになりたいとは全く思いませんでした。

 

リスクが少なくて自分にできることは何だろう?

 

と毎日考えていました。

 

必死に調べているうちに、僕にもできそうな候補が何となく見えてきました。

 

それは

 

農業ネットビジネスでした。

 

どちらも新規参入者でも入っていける環境があるように思えました。

 

 

農業の可能性を調べてみた

 

僕は大学生の時に、信州の農家でバイトをしたことがあります。

 

夏休みの2か月間、住み込みで野菜の出荷や栽培の手伝いをしたのです。

 

だから、農業についてはまったく知らないということはありませんでした。

 

農家さんの生活も何となくイメージできたのです。

 

とは言っても、完全な素人です。

 

でも農業であれば、自然が相手ですので嫌な上司に振り回されることはありません。

 

僕は自然が大好きだったので、オフィスで仕事するよりはずっと楽しそうに思えました。

 

ただ心配だったのは、

 

・もうすぐ50歳になる僕でも、体力がもつのだろうか?

 

・農業やって、本当に生活が成り立つのだろうか?

 

という2点でした。

 

ネットで調べても、参考になりそうな情報が見つかりませんでした。

 

それで僕は、千葉県の新規就農窓口に行って相談することにしました。

 

移住するのではなく、今住んでいる千葉県内で農業を始めようと考えたのです。

 

それで千葉県庁の中にある新規就農窓口まで行って、具体的な不安を相談してみました。

 

体力的に大丈夫なのか

まず最初に、50代から始めても体力的に問題がないのか聞いてみました。

 

以下、窓口の人の回答です。

 

「もちろん個人差はありますが、50代でも新規就農を始めている人はたくさんいますよ。

 

ただし、人によっては慣れない作業で熱中症になったり、過労で身体を壊して辞める人もいるけどね。

 

昔と違って機械化が進んでいるから、作業はかなり軽減されてますよ。

 

でも機械は高額だから、簡単には手に入らないよ!」

 

とのことでした。

 

調べてみると、農業に使うトラクターや収穫マシーンは、ビックリするほど高額なのでした。

 

 

当時の僕は、マンションのローンが残っていたので、農業機械を買うほどの余裕はありませんでした。

 

だから、高額な機械を買うことはできません。

 

そうなると、身体を酷使しなければならないのです。

 

もちろん、農協で借金をして機械を購入する方もたくさんいます。

 

でも借金を返すだけの稼ぎが出ない方もたくさんいるとのことでした。

 

以下、窓口の人の話です。

 

「千葉県内で野菜を作っている一般的な農家(ハウス栽培と露地栽培)さんは、ほぼ年中無休で働いている方がほとんどだね。

 

だから、土曜も日曜も祭日もないし、台風や土砂降り以外は、毎日作業をしているよ。

 

だから農家の子供は後を継ぐのを嫌がり、後継者が育っていないんだよね。

 

それで、どんどん農家の方が高齢化して問題になっちゃうわけ。」

 

話を聞いているうちに、農家を目指すのはかなりキビシイかもしれない!と思いました。

 

知らず知らずのうちに、ため息が出てしまいます。

 

 

 

新規就農者の実態、成功者はどのくらいいるの?

新規で農業を始めた人は、本当に生活ができているのか?という点も聞いてみました。

スポンサーリンク

 

新規就農してから1~2年目で生計が成り立つ人は、全体のわずか15%程度とのことでした。

 

つまり6人のうち5人は生計が成り立っていないのです。

 

また、新規就農者の約3割は生計の目処が立たないなどの理由で数年以内に農業を辞めているとのことです。

 

生計が成り立たずに農業を続けている人は、生活費の不足分を就農給付金や家族の収入でなんとかつないでいるようです。

 

 

ただ新規就農して5年目になると、約50%が生計が成り立つようになっています。

 

逆に言えば、2人に1人は5年経っても生計が成り立っていないのが実情でした。

 

 

この話を聞いて、現実はかなり厳しいことが分かりました。

 

僕が20代の独身者だったら、挑戦したかもしれません。

 

でも家族持ちのアラフィー男には、決断できませんでした。

 

現実的に考えて、農家になることを断念するしかありませんでした。

 

 

ネットビジネスはどうなのか

 

農業をあきらめた僕は、ネットビジネスの可能性について調べ始めました。

 

 

ネットビジネスと言っても、仕事内容はいろいろあります。

 

例えば

 

クラウドソーシング、ネットオークション、FX 、ドロップシッピング、WEBサービス、スマホのアプリ開発、デジタルコンテンツの販売などなど・・・。

 

一つ一つの仕事の詳細は分かりませんが、たくさんあるようです。

 

しかし、僕のような資格も技術もない素人でもすぐにできそうなものはありませんでした。

 

そこで、素人でも時間をかけて勉強すれば稼げる可能性のある仕事という観点で再度探しました。

 

それで最終的に候補として残ったのがアフィリエイトでした。

 

アフィリエイトというのは、自分でネット上にサイトを作って、そこで何らかの商品を販売する仕事です。

 

もちろん、サイトを作ったことは一度もありません。

 

でも、毎日オフィスで何時間もパソコンをいじっていたので、もしかしたら僕にもできるかもしれないと思ったのです。

 

それに、初期費用が全く掛からないという点は、とても魅力的に思えました。

 

アフィリエイトに挑戦、その結果は!

 

僕は、アフィリエイトについて調べまくりました。

 

調べてみると、怪しげなキャッチフレーズで素人に教材を販売しようとするサイトがたくさんありました。

 

例えば、

 

だれでもすぐに儲かる!

 

とか、

 

3か月で月収100万!

 

とか、

 

誰でも簡単に高収入!

 

とかとか・・・

 

そういう甘い言葉で、高額な教材を売ろうとするサイトがたくさんあったのです。

 

きっと、アフィリエイトを始めようと考えている人がたくさんいるのでしょう。

 

そういった初心者をカモにして儲けようと企んでいる人がたくさんいるのが、ネットビジネス業界なのです。

 

 

もちろん僕は超初心者なので、独学でできるとは思っていません。

 

だから、ネットでいい教材を探そうと思っていました。

 

でも、あやしげな宣伝をする教材が多すぎて、何を信じたらいいのか分からなくなりました。

 

仮にいい教材が見つかったとしても、本当に稼げるようになるのだろうか?と少し怖くなりました。

 

 

それで、実際のところはどうなのか調べてみたのです。

 

すると、アフィリエイトをやっている人のうち97%はまったく収入がないか、あっても月3万以下というデーターが何度もでてきました。

 

また、1年以内に挫折する人が約半分もいるのが実態のようでした。

 

データーの取り方によって数値は変わるのでしょうが、厳しい世界であることには変わりません。

 

ただ、多くの情報から総合的に判断すると

 

時間をかけて基礎から学べば、稼げる可能性はかなり高い!

 

と思えました。

 

そのことは、多くアフィリエイターが書いているサイトでもほぼ意見が一致していましたので、おそらく間違いないと確信したのです。

 

いろいろ考えた末、僕は早期退職してアフィリエイトをやろう!と決めました

 

 

ど素人の僕でも、時間をかけてじっくり勉強すれば、何とかなるだろうと思ったのです。

 

しかし実際に始めてみると、稼げるようになるまでに予想以上の時間がかかりました。

 

最初の収入が発生するまで2年もかかり、そして最終的に生活できると目途がつくまでに3年もかかってしまったのです。

 

もちろん、早い人は1年以内に成果を上げている人もいます。

 

でも、アラフィーで初心者の僕には、無理な話でした。

 

だから生活が安定するまでは、本当に苦しい毎日でした。

 

でも、成功を信じて毎日コツコツと頑張り続けました。

 

おかげで今では生活が安定し、充実した毎日を送ることができています。

(当時の詳細については、こちらのプロフィールに書いています)

 

嫌な上司に振り回されることなく、自分で自分の時間を自由に管理できています。

 

今のライフスタイルが、今までの人生の中で一番幸せと感じています。

 

思い切ってアフィリエイトに踏み切って本当によかったと思っています。

 

一番苦労したのは集客

どんな商売にも共通しますが、ある程度の数の人がいないと商売になりません。

 

アフィリエイトをする場合でも、自分が作ったサイトにたくさんの人が見に来なければ商売になりません。

 

具体的な人数ですが、最低でも毎日1000人以上の読者に読まれるようなサイトを作らないとダメだそうです。

 

つまり毎月3万人以上の人に読んでもらえるようなサイトを作る必要があるのです。

 

これがとても大変でした。

 

しかし、3万人を突破すればユーザーは急激に増えて10万人、30万人突破は比較的早く到達する傾向があるそうです。

 

 

問題は、3万人を集客するまであきらめずに書き続けることができるかという点です。

 

ほとんどの人は、そこまで書き続けることができずに辞めてしまうようです。

 

逆にあきらめずに続けていれば、生き残れる可能性はかなり高いと言えます。

 

今振り返ると、僕が3年間も続けられた理由は、大きくは2つあったと思います。

 

 

1.資金的に余裕があったから

 

2.専業でできたから

 

 

この2つがなかったら、とても続けることはできなかったと思います。

 

資金に余裕があったから、無収入でも頑張れたのです。

 

専業でやっていたから、相当量の時間を投資できたのです。

 

その結果、カメのようにスピードが遅かったけど、そこそこ稼げるようになったのだと思います。

 

まとめ

いかがですか。

 

何事も、やってみないとどうなるかわかりません。

 

最初は、1年間程度頑張れば食べていけるようになると思っていましたけど、実際は違いました。

 

なんと3年もかかってしまったのです。

 

 

でも、どんなに苦しい時でもサラリーマンに戻りたいと思ったことは一度もありませんでした。

 

もし資金が底をついたら、近くの工場かスーパーでバイトをしながらでも続けよう!

 

と最初から腹を決めていました。

 

 

50歳を過ぎると、人生の残り時間が何となく見えてきます。

 

いやいや会社に通いながら貴重な時間を浪費するよりは、自分がやりたいことに時間を使った方が絶対いいと思ったのです。

 

仮に失敗したとしても、挑戦したことを後悔しないだろうって思ったのです。

 

最後まで、読んでいただき本当にありがとうございます。

 

サラリーマン以外にも生きていく道は必ずあります。

 

それだけは断言します。

 

だから、今の生活が嫌でたまらないという方は、是非検討してみてください。

 

応援してます。

 

こちらの記事もおススメします

会社を辞めたい!50代で本当に退職したから言える実感とは

スポンサーリンク