スポンサーリンク

 

こんにちは!

一年中、高血圧のチャリオです(笑)。

今日は、とっても驚きのニュースをお届けします。

それはズバリ!

 

高血圧の真犯人は腎臓(じんぞう)だった!

 

という話です。

と言われても、ピンときませんよね。

実はこれ、最新の研究で発表されたことなんですよ。

 

ところで腎臓(じんぞう)って、どんな働きをするかご存知ですか?

え!腎臓って「オシッコ」をつくる臓器じゃないの?

そういう方が多いかと思います。

もちろん、それも正解です。

 

でも腎臓(じんぞう)の働きって、それだけじゃないんです。

実は、あまり一般的には知られていない役割がたくさんあるんです。

例えば、

・体液にあるナトリウム、カリウム、リンなどの成分調整したり

・体液の酸とアルカリのバランスを整えてくれたり

・原尿(オシッコの素)を作ってくれたり

・原尿の99%を再吸収したり

などなど、いろいろなお仕事をしてくれています。

 

そして最新の研究によると

腎臓(じんぞう)と血圧が密接に関係している!

ということが分かりました。

今、世界では重症の高血圧患者に対して、腎臓の手術がどんどん行われるようになっています。

 

そこで今回は、腎臓(じんぞう)と血圧の関係にスポットライトをあてて

 

腎臓高血圧の悪循環のこわ~い関係の話 

血圧を下げる腎臓手術がすんなり分かる話

腎臓の機能が低下した時の具体的な症状の話

腎臓の機能を回復する方法の話

 

について、超分かりやすく紹介しますね(^▽^)/。

 

こわ~い悪循環の仕組みとは

腎臓(じんぞう)の働きが低下すると、血圧にどう影響するのか?

 

まず最初に、その仕組みを簡単に説明しますね。

 

①腎臓(じんぞう)の働きが低下すると・・・

 

 

腎臓(じんぞう)の機能が低下すると、あるものが排出できなくなるんです。

 

それは、

・余分な塩分 

・余分な水分

 

この2つ排出できなくて、体の中にたまってしまうんです。

 

②余分な塩分や水分がたまるとどうなる?

 

 

余分な塩分や水分がたまると、体の中の血液量が増えてしまいます。

 

その結果、血圧が上がるんですね。

 

③血圧が上がるとどうなる?

 

 

血圧が上がると、今度はそれが原因で腎臓への負担が増えちゃうんです。

 

④腎臓への負担が増えるとどうなる?

 

腎臓への負担が増えると、ますます腎臓の働きが低下します。

 

つまり①~④が繰り返されるので、腎臓(じんぞう)の機能低下と高血圧の悪循環が永遠に続くのです。

 

こわ~いですね。

 

この悪循環を断ち切る方法はあるのでしょうか。

 

実は、腎臓から出ているある酵素に着目して手術をすることで、この悪循環を断ち切ることができました!

 

その酵素とは一体なんなのでしょうか。

 

腎臓(じんぞう)から出ている酵素とは

腎臓から出ている酵素の名前は、

 

レニン

 

です。

 

???? 聞いたことないですよね。

 

このレニン、あるホルモンをつくる上で欠かせない酵素なんです。

 

その酵素とは、

 

アンジオテンシンⅡ

 

と呼ばれるものです。

 

ちょっと難しくなってきましたね(^^;)。

 

 

できるだけ分かりやすく説明しますね。

 

アンジオテンシンⅡは、血圧を下げる働きをするホルモンです。

 

 

ここでを簡単にまとめると、

 

①血圧が低下したり、血液量が減る

     ↓

②腎臓でレニンが分泌される

     ↓

アンジオテンシンⅡが作られる

     ↓

血圧が上昇する

 

なんとなく、イメージつきますか?

 

つまり、レニンが分泌されると、血圧が上がるわけです。

 

でも腎臓(じんぞう)の働きが低下すると、レニンが過剰に分泌されてしまいます。

 

その結果、血圧が下がらなくなるのです。

 

つまり、高血圧の状態が続くわけなんですね。

 

まさに、今の僕の状態と同じです(^^;)。

 

高血圧が続くと、腎臓の機能はますます低下してしまいます。

 

悪循環の始まりですね。

 

一体どうすればいいのでしょうか?

 

 

大丈夫です!

 

この悪循環、手術によって止めることができるようになったんです。

 

つまり、手術でレニンの過剰な分泌を止める事ができるようになったということです。

 

その手術が

 

腎デナベーション

 

と呼ばれるものです。ちょっと舌を噛みそうな名前ですね(笑)。

 

では次に、最先端の治療法(腎デナベーションについて、ご紹介しますね。

 

最先端の治療法(腎デナベーション)で高血圧が治る!

ちょっとおさらいしますね。

 

なぜ腎臓を手術すると血圧が下がるのか?

 

それは、先ほどご説明したレニンにカギがあります。

 

多くの高血圧患者の腎臓(じんぞう)では、レニンが過剰に分泌されていることがわかっています。

 

レニンが過剰にあると、

 

血圧を上げろ!

 

という指令が体に出されてしまいます。

 

その結果、高血圧になってしまうのです。

 

 

では、いよいよ本題に入ります。

 

なぜ腎臓を手術すると血圧が下がるのか?

 

ということですが、それは手術で

 

レニンの放出元である交感神経を断ち切る!

 

からです。

 

これこそが、今話題の腎デナベーションなのです。

 

 

この手術、特に重度の高血圧患者向けの治療法として、世界中で注目を集めています。

 

その手術では、

 

腎臓につながる交感神経を熱で焼き切ります!

 

腎臓(じんぞう)と中枢神経系をつなぐ交換神経を熱で焼くのです。

 

そうすることによって、過剰な「レニン」の分泌量が抑制されるのです。

 

東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科のHPより

 

実際の手術では、太ももの血管などから細い管(カテーテル)を入れて腎臓まで導きます。

スポンサーリンク

 

そして、腎臓の周囲にある交感神経の一部を焼き切ります。

 

いま世界中で数多くの臨床試験が行われていますが、日本でも、複数の臨床試験が始まっています。

 

腎臓機能が低下した時のサインは?

ここまで、腎臓(じんぞう)の働きと血圧の関係、そして悪循環を断ち切る手術の方法を見てきました。

 

腎臓は、とても大事な臓器ですよね。

 

ところで、もし腎臓の働きが低下すると、どんな症状が出るのでしょうか。

 

気になります。

 

ということで、腎臓の機能が低下した時に出る代表的な症状を絵を眺めるだけで分かるように紹介しますね。

 

*だるさ

 

*食欲不振

 

*頭痛

 

*吐き気

 

*むくみ

 

*どうき息切れ

 

*高血圧

 

*貧血

 

*骨が弱くなる

 

以上が代表的な症状です。

 

いかがですか?

 

該当する症状はありましたか。

 

もし、自覚症状があったら大変です。

 

なぜなら、腎臓機能の低下はかなり悪化するまで自覚症状がでないからです!

 

だから自覚症状が出た時は末期とも言われています。

 

怖いですね~。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

自分ではなかなか分からない腎機能の悪化、早期発見のカギは検査を受けることしかありません。

 

その検査の方法ですが、尿検査血液検査の2つがあります。

 

尿検査で調べること

尿検査では、本来は尿中に出ない成分が混じっていないかを確認します。

 

一般的にはたんぱく尿を確認します。

 

ただ、たんぱく尿は日常的に起こることもあります。

 

だから検査では、どの程度の濃度でたんぱく尿が出たのかどの程度の頻度で出ているのかをチェックします。

 

血液検査で調べること

血液検査では、尿に排出されるべき成分(老廃物)が血液に残っていないかを確認します。

 

一般的にはクレアチニンと呼ばれる老廃物の有無を検査します。

 

腎臓の機能を回復させる王道とは!

 

腎機能が低下する根本的な原因は、食生活の乱れです。

 

そのため慢性腎臓病の患者さんにたいする指導は

 

・減塩

・高血圧予防

・糖尿病予防

・肥満予防

 

が基本になっています。

 

つまり、飽食から生まれた状態を是正する取り組みになっているのですね。

 

腎臓の機能を低下させないためには、食生活の改善と運動不足の解消をすることが王道です。

 

腎臓(じんぞう)マメ知識

腎臓の本当の役割は、オシッコを作ることではありません。

 

本当の役割は、血液の成分を適正に維持することなのです。

 

ところで、人間の血液量はどのくらいあるかご存知ですか。

 

それは4~5リットルです。

 

では腎臓が一日に処理する血液はどのくらいあるかご存知ですか。

 

それはなんと

 

180リットル!

 

だから腎臓は、1日のうちに何度も何度も血液のろ過を繰り返しています。

 

すごい働き者の臓器なんですね。

 

血液中を流れるほぼすべての物質は、糸球体(しきゅうたい)と呼ばれる臓器の穴から血管の外に吸い出されます。

引用:ウィキペディア

 

吸い出された血液は、尿のもと(原尿)になります。

 

原尿の中には、老廃物の他に体に必要な成分が含まれています。

 

だからそれを再吸収して、血液の成分を適正に保っているのです。

 

すごいですよね。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

腎臓と血圧の意外な関係、何となくご理解いただけたでしょうか。

 

腎臓のすごいところは、血液をろ過する時に各臓器から情報を受け取ってその情報をもとに血液の成分の調整を行っていることです。

 

この機能のおかげで、さまざまな食べ物を好きに食べても、血液の成分はいつも一定に保たれていたのですね。

 

もし自分の腎臓の機能に何かの障害があると、それが原因で他の臓器もダメージを受けて多臓器不全を起こすことが少なくないと言われています。

 

でも、相当悪化するまで自覚症状が出ないと言われるのが腎臓です。

 

なので、気になる症状を感じたら是非早めに検査を受けたくださいね。

 

腎臓は、一度壊れたら元には戻りません!

 

死ぬまで大事に使いたいものです。

 

こちらの記事もおススメします!

【風邪が長引く人・治らない人へ】意外に知られていない原因はコレだ!

スポンサーリンク