50代会社辞めたら、その後の生活費はどうなるのだろう?

 

これから早期退職を検討している方であれば、まず最初にこの点が一番心配になるかと思います。

 

退職後、別の仕事で稼ぐにせよ、貯金を切り崩して生活するにせよ、お金の問題は無視できません。

 

ネットを見ると、平均的な夫婦が暮らしていくのに必要な月額費用は30万とか35万とか言っています。

 

でも、住宅ローンの有無子供の教育費の有無貯金の額、年金の受給額の違いなどさまざまな要因によって、必要な額は一概に言えません。

 

実際僕が早期退職してみたら、生活費はもっと少ない額でおさまっています。

 

なのでいくらが正解というものはないと思います。

 

それよりも大事なのは、それぞれの家計の実態を把握することではないでしょうか。

 

1人1人の家計の実態を把握することで、その人が退職後に必要とする金額が分かるのです。

 

とは言っても、家計の実態を把握する方法はいろいろありるので迷うかもしれません。

 

でも、僕が実際に試した方法はとても役立ちました。

 

なので何かの参考になればと思い、紹介することにしました。

 

今回は、

・僕が退職前に家計の実態を把握した方法

・実際に早期退職して、退職前の見通しと退職後の実態ははどうだったのか

 

についてのお話しです。

 

 

こんにちは。

 

サラリーマンお助け村の村の村長です。

 

僕は会社の社風がどうしても合わなくて、50歳になった時に早期退職しました。

 

退職する前は、退職後のお金のことがとても心配でした。

 

初めての経験なので、退職後の生活がどうなるのか想像がつかなかったのです。

 

そこで、まずは退職前に家計の実態を詳しく調べようと思いました。

 

方法は、エクセル表を使って日々の出費を記録しました。

 

その結果、退職前の家計状態を正確に把握することができました。

 

次はそれを元にして、退職後の見通しを立てました。

 

現状がはっきりわかったので、見通しは簡単に立てることができました。

 

その時、最悪の事態が起こることも想定し対策案も考えました。

 

そうすることで、不安はほとんど消えました。

 

これから書く記事は、当時僕が実際に記録した表を添付しています。

 

これから退職を検討している方の参考になれば幸いです。

 

 

僕が家計を把握した方法とは

 

僕が家計の実態を把握するために行動を始めたのは、退職する1年くらい前からです。

 

具体的な方法ですが、エクセル表を使って記録しました。

 

まずは、日々の生活の中で出費があったものをただ打ち込みました。

 

でも最初はうまくいきませんでした。

 

それは

・あまり細かくつけすぎたため、面倒くさくなった

・2か月に1回とか年1回とかで発生する費用を見落としてしまった

・旅行や家電製品の故障などの突発的な出費の記録を忘れてしまった

 

このようなことがあったのです。

 

それでも、何度が試行錯誤するうちに徐々にコツをつかみました。

 

次にある程度打ち込んだら、グループ分けをしました。

 

例えば

・住居費関連

・通信費関連

・公共料金関連

・食費関連

・交際費関連

・特別費関連

・・・などなどです。

 

そして、出費の実績と今後予想される金額を打ち込みました。

 

実際に出費(支出)が発生するたびに、予想の金額を都度修正しました。

 

そしてこの作業を1年続けたのです。

 

その結果、かなり正確に出費の実態を把握することができました。

 

その金額は、週刊誌や新聞に載っているものとはかなり違いました。

 

それでは実際に使った表を紹介します。

 

僕が作った管理表

ここでは、僕が実際に使っていた管理用を紹介します。

 

管理表は2種類あります。

月別管理表(出費のみ)

・年別管理表(出費と支出)

 

それぞれについて紹介します。

 

月別管理表(出費のみ)

以下が実際に使っていた表の抜粋です。

 

約1年かけてなんども修正したものです。

 

なのでこの金額は、ほぼ実態に近いものになっています。

 

単位:円 4月 5月 6月
住居 ローン(毎月) 110,905 110,905 110,905
ローン(ボーナス時)     36,290
固定資産 36,000    
管理費(マンション) 32,480 32,480 32,480
小遣い パパ 20,000 20,000 20,000
ママ 20,000 20,000 20,000
通信 NTT 4,754 4,754 4,754
プロバイダー 842 842 842
格安スマホ代 5,000 5,000 5,000
公共 ガス 6,000 6,000 5,000
電気 6,500 6,500 6,500
NHK 2,520   2,520
下水 3,700   3,700
水道   4,000  
保険 全労災 8,100 8,100 8,100
アクサダイレクト 3,000 3,000 3,000
ガソリン 10,000 10,000 10,000
車検(2年分を月割り) 12,000 12,000 12,000
買い物 食費 60,000 60,000 60,000
雑費 15,000 15,000 15,000
10,000 10,000 10,000
特別費 家電、行事関連 10,000 10,000 10,000
旅行 10,000 10,000 10,000
小計        

 

年別管理表(出費と支出)

これは、退職後の収入と出費の予想額を打ち込んだ表です。

 

先ほどの月別管理表をもとにして、作りました。

 

一家の財産状況が1年単位で分かる表です。

 

単位:
万円
収入 支出 
  ママ パパ 年金 小計 税金 生活費 特別費 小計
退職1年目 150 100   250 0 300   300 850
2年目 150 0   150 150 300   450 550
3年目 150 0   150 71 300   371 329
4年目 150 300   450 102 300   402 377
5年目 150 400   550 143 270   413 514
6年目 150 400   550 143 270 200 613 451
7年目 150 500   650 190 270   460 641
8年目 150 500   650 190 270   460 831
9年目 150 500   650 190 270   460 1,021
10年目 150 600   750 235 270 200 705 1,066
11年目 100 600   700 235 270   505 1,261
12年目 100 600   700 235 270   505 1,456
13年目 100 700   800 271 270   541 1,715
14年目 100 700   800 271 260 200 731 1,784
15年目 100 700   800 271 260   531 2,053
16年目   700 230 930 271 260   531 2,452
17年目   700 250 950 271 260   531 2,871
18年目   700 250 950 271 260 200 731 3,090
19年目   600 250 850 235 260   495 3,445

 

 

入力する時に失敗した3つのこと

入力する時に、いろいろと失敗をしました。

 

僕の失敗経験が何かの参考になると思ったので、紹介したいと思います。

 

①金額の小さいものまですべて入力してしまった

出費を記録していると、金額の小さいものから大きいものまでさまざま出てきます。

 

それを一つ一つチェックしていたらキリがありません。

 

でも僕は、全部把握しようとしていました。

 

それで失敗したのです。

 

つまり、面倒くさくなってしまったのです。

 

まずは金額の大きなものから押さえることが大事です。

 

あまり細かい出費は意識せず、大きな金額を把握することが長続きするポイントでした。

 

缶コーヒーなどの細かな出費よりも数千円、数万円の出費を意識して入力した方がいいです。

 

細かい数字は、雑費のグループでまとめて管理することで表がスッキリして分かりやすくなりました。

 

②月単位だけしか把握しなかった

出費を月単位だけで把握していると、どうしても見落としてしまうものが出てきました。

 

それで失敗しました。

 

つまり、毎月発生しない出費がいろいろあったのです。

 

例えば

・車検は2年に1回発生します

・退職後の税金は毎月発生しません

・旅行などの費用は不定期で発生します

・家電製品の買い替えは、数年に1度です

 

このような出費があります。

 

それで試行錯誤の末、次のように管理することにしました。

 

年単位で発生した費用は、月割りにして毎月の費用に組み込むことにしたのです。

 

例えば車検の場合、2年に1回発生する費用を24ヶ月で割るのです。

 

そして、毎月発生する費用として管理しました。

 

そうすることで、実際その月に出費が発生しなくても、将来発生する費用として常に意識することができました。

 

③見落としてしまった出費とは

僕が退職後に見落としてしまった費用は、税金です。

 

今までは給料から天引きされていたので、あまり意識していなかったのです。

 

でも退職したら、自己負担になります。

 

特に金額の大きい住民税、健康保険、年金の出費はビビりました(^^;)。

 

この金額、本当にばかにならないほど大きいのです。

 

なぜなら、今までは会社が半額負担してくれましたが、退職したら全額自己負担になるからです。

 

ですから、税金は絶対に忘れないでくださいね。

 

その他に、旅行や結婚式などのイベント費、家電製品の故障による買い替え費や家の修理費、車の買い替えなどの費用も忘れがちなので、ざっくりと積み立てるようにしてください。

 

 

退職して、実際の出費はどうだったのか

現在、早期退職して4年目突入ですが、予想したよりもいい結果で推移しています。

 

当初の予定と違ったのは下記の3点でした。

 

①新たな収入(独立して起業)は、退職2年目から発生した。

⇒当初の予定では退職4年目より収入が発生する見通しだった。

 

②生活費は、当初想定していた金額より少なかった。

⇒当初の予定では、出費は年間300万円だったが実際は270万円だった。

 

③嫁さんの収入が当初想定していた金額より増えた。

⇒当初の予定では、嫁さんの収入は年間150万円だったが実際は180万円になった。

 

ということで、当初の計画よりは生活に余裕が出る結果となりました。

 

もともと最悪の事態を想定して見通しをつけていたので、そういう意味では想定通りと言えます。

 

数字の見直しは今後も修正していくつもりですが、大きく見通しが外れる確率は低いと思っています。

 

もちろん、予期せぬ事態に遭遇することもあるでしょうし、病気や事故、災害や不況、親の介護などさまざまなことが起こるかもしれません。

 

それでも、現状を把握して将来の見通しを立てておけば、いざという時にやみくもに慌てることなく、何をどうすればいいのか的確な判断ができると思います。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

充実した人生を送るために

下記は、今よりも充実した人生を送りたいと願う方に向けて書いています。

 

だから、今の生活に満足している方は、これ以後は読む必要はありません。

 

どうか本気で現状を変えたいと思う方だけお読みください。

 

**************************

 

充実した人生を送るためには、自分で仕事を選ぶことです。

 

誰かに強制的に仕事を押しつけられたり、イヤイヤながら仕方なく働いても充実した人生は送れません。

 

大事なのは、自分の意思で仕事を決めることです。

 

そのためには、まず武器を持つこと。

 

武器を持つとは、自分を売り込むことができる技術や専門知識を持つということです。

 

独立するにしても、転職するにしても、それは同じです。

 

つまり、自分の武器をもつことができれば

 

【手に職をつけたり、自由な働き方ができたり、自分で好きな会社を選ぶ】ことができるのです。

 

つまり自分が主体となって人生を生きることができるのです。

 

とは言っても、働きながら技術や専門知識を身につけるのは大変なことです。

 

僕がサラリーマンだった時は、

 

・未経験者でも身につけることができる

・学んだことが現実の世界で武器として使える

・今だけでなく、今後も長い期間通用する

 

このような条件をクリアーする技術や専門知識とはなんだろうか?

 

といつも考えていました。

 

そして最終的にたどり着いたのがプログラミングでした。

 

今考えても、現実的な選択だったと思っています。

 

プログラミングというと、マニアックな世界に感じる人もいるかもしれません。

 

でも実は、【まったくの素人でも短期間にそれなりの技術を身につけることが可能な数少ない分野の一つ】なんです。

 

それに、何よりありがたいのは時間と場所に縛られないで働くことができる!という点です。

 

また日本では、「プログラマーの供給は完全に不足」しています。

 

将来多くの仕事がAIにとって代わると言われていますが、そのAIを使ってロボットを動かすプログラムは人間がやらなければなりません。

 

だから、技術さえ身につければ「仕事が見つからない方が難しい!」という状況です。

 

そのような状況を総合的に考えて、僕はプログラミングしかない!と思い挑戦しました。

 

しかし最初は、うまくいきませんでした。

 

独学だったので

 

・時間がかかりすぎて効率が悪い

・モチベーションが続かない

・最新のテクノロジー(実用的なテクノロジー)が分からない

 

そんな問題が出てきたのです。

 

もう挫折する寸前でした。

 

何とか挫折しなかったのは、途中からプログラミングスクールに通ったからです。

 

スクールで学ぶと、当然お金がかかります。

 

でも、【一生使える技術を身につけるための投資】なので決して無駄なことではないと思い決断しました。

 

ここで一つアドバイスをします。

 

もし、これからプログラミングに挑戦しようと思うなら、できるだけちゃんとした大手のスクールを選んでください。

 

ネットを見れば、さまざまなプログラミング系のスクールが出ていますが、値段だけを見て決めるのは危険です。

 

というのも、僕は最初に金額の安いスクールに入って失敗した経験があるのです。

 

それで、相当なお金と時間を無駄にしてしまいました。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学ぶべきです。

 

おススメできるスクールはどこですか?と聞かれれば、現時点では【TECHCAMP】と僕は答えています。

 

理由は、1人1人にメンターがついて個別のスケジュール管理や学習アドバイスをしてくれることと、未経験者でも分かるように相当な時間をかけてしっかり学習するスタイルになっていることです。

 

全国の教室を利用して学習することも可能ですし、オンラインのみの学習も可能です。

 

本気で人生を変えたいと思うのなら絶対おススメです。【TECHCAMP】

 

**************************

 

ちょっと話が長くなりましたが、【あなたには充実した人生を送る権利がある!】ということをどうか忘れないでください。

 

そして人生を変えるには、【リスクを取ってチャレンジする必要がある】ということです。

 

因みに僕の友人も、僕のススメでプログラミングを学び、独立を果たし人生を変えました。

 

プログラミングだろうが他の方法だろうが何でもいいので、技術や専門知識をつけて新しい世界に挑戦してみてください。

 

でも失敗したら怖いな、今の仕事は嫌だけど、チャレンジはしたくないな・・・

 

そう思っていたら、一生、自分の道は見つけられません。

 

本気で現状を変えたいと思うから、この記事をここまで読んだんですよね? 

 

いま動かずにページを閉じたら、明日も同じ生活が続きますよ。

 

繰り返しますが、人生を変えるには、リスクを取ってチャレンジする必要があります。

 

僕が会社を辞めた時、先行きが見えなかったのでとても怖かった事を覚えています。

 

でも、どうしても人生を変えたかったので、自分を信じて挑戦しました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

僕は、あなたの未来を変えることはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか変えることができないのです。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

現状を変えたいと思うなら、勇気をもって一歩を踏み出してください。

 

僕のような平凡な人間でもできたのですから、あなたにもできるはずです。

 

応援してます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。