50代会社辞めたら、その後の生活費はどうなるのだろう?

 

これから早期退職を検討している方であれば、まず最初にこの点が一番心配になるかと思います。

 

退職後、別の仕事で稼ぐにせよ、貯金を切り崩して生活するにせよ、お金の問題は無視できません。

 

ネットを見ると、平均的な夫婦が暮らしていくのに必要な月額費用は30万とか35万とか言っています。

 

でも、住宅ローンの有無子供の教育費の有無貯金の額、年金の受給額の違いなどさまざまな要因によって、必要な額は一概に言えません。

 

実際僕が早期退職してみたら、生活費はもっと少ない額でおさまっています。

 

なのでいくらが正解というものはないと思います。

 

それよりも大事なのは、それぞれの家計の実態を把握することではないでしょうか。

 

1人1人の家計の実態を把握することで、その人が退職後に必要とする金額が分かるのです。

 

とは言っても、家計の実態を把握する方法はいろいろありるので迷うかもしれません。

 

でも、僕が実際に試した方法はとても役立ちました。

 

なので何かの参考になればと思い、紹介することにしました。

 

今回は、

・僕が退職前に家計の実態を把握した方法

・実際に早期退職して、退職前の見通しと退職後の実態ははどうだったのか

 

についてのお話しです。

 

 

こんにちは。

 

サラリーマンお助け村の村の村長です。

 

僕は会社の社風がどうしても合わなくて、50歳になった時に早期退職しました。

 

退職する前は、退職後のお金のことがとても心配でした。

 

初めての経験なので、退職後の生活がどうなるのか想像がつかなかったのです。

 

そこで、まずは退職前に家計の実態を詳しく調べようと思いました。

 

方法は、エクセル表を使って日々の出費を記録しました。

 

その結果、退職前の家計状態を正確に把握することができました。

 

次はそれを元にして、退職後の見通しを立てました。

 

現状がはっきりわかったので、見通しは簡単に立てることができました。

 

その時、最悪の事態が起こることも想定し対策案も考えました。

 

そうすることで、不安はほとんど消えました。

 

これから書く記事は、当時僕が実際に記録した表を添付しています。

 

これから退職を検討している方の参考になれば幸いです。

 

 

僕が家計を把握した方法とは

 

僕が家計の実態を把握するために行動を始めたのは、退職する1年くらい前からです。

 

具体的な方法ですが、エクセル表を使って記録しました。

 

まずは、日々の生活の中で出費があったものをただ打ち込みました。

 

でも最初はうまくいきませんでした。

 

それは

・あまり細かくつけすぎたため、面倒くさくなった

・2か月に1回とか年1回とかで発生する費用を見落としてしまった

・旅行や家電製品の故障などの突発的な出費の記録を忘れてしまった

 

このようなことがあったのです。

 

それでも、何度が試行錯誤するうちに徐々にコツをつかみました。

 

次にある程度打ち込んだら、グループ分けをしました。

 

例えば

・住居費関連

・通信費関連

・公共料金関連

・食費関連

・交際費関連

・特別費関連

・・・などなどです。

 

そして、出費の実績と今後予想される金額を打ち込みました。

 

実際に出費(支出)が発生するたびに、予想の金額を都度修正しました。

 

そしてこの作業を1年続けたのです。

 

その結果、かなり正確に出費の実態を把握することができました。

 

その金額は、週刊誌や新聞に載っているものとはかなり違いました。

 

それでは実際に使った表を紹介します。

 

僕が作った管理表

ここでは、僕が実際に使っていた管理用を紹介します。

 

管理表は2種類あります。

月別管理表(出費のみ)

・年別管理表(出費と支出)

 

それぞれについて紹介します。

 

月別管理表(出費のみ)

以下が実際に使っていた表の抜粋です。

 

約1年かけてなんども修正したものです。

 

なのでこの金額は、ほぼ実態に近いものになっています。

 

単位:円 4月 5月 6月
住居 ローン(毎月) 110,905 110,905 110,905
ローン(ボーナス時)     36,290
固定資産 36,000    
管理費(マンション) 32,480 32,480 32,480
小遣い パパ 20,000 20,000 20,000
ママ 20,000 20,000 20,000
通信 NTT 4,754 4,754 4,754
プロバイダー 842 842 842
格安スマホ代 5,000 5,000 5,000
公共 ガス 6,000 6,000 5,000
電気 6,500 6,500 6,500
NHK 2,520   2,520
下水 3,700   3,700
水道   4,000  
保険 全労災 8,100 8,100 8,100
アクサダイレクト 3,000 3,000 3,000
ガソリン 10,000 10,000 10,000
車検(2年分を月割り) 12,000 12,000 12,000
買い物 食費 60,000 60,000 60,000
雑費 15,000 15,000 15,000
10,000 10,000 10,000
特別費 家電、行事関連 10,000 10,000 10,000
旅行 10,000 10,000 10,000
小計        

 

年別管理表(出費と支出)

これは、退職後の収入と出費の予想額を打ち込んだ表です。

 

先ほどの月別管理表をもとにして、作りました。

 

一家の財産状況が1年単位で分かる表です。

 

単位:
万円
収入 支出 
  ママ パパ 年金 小計 税金 生活費 特別費 小計
退職1年目 150 100   250 0 300   300 850
2年目 150 0   150 150 300   450 550
3年目 150 0   150 71 300   371 329
4年目 150 300   450 102 300   402 377
5年目 150 400   550 143 270   413 514
6年目 150 400   550 143 270 200 613 451
7年目 150 500   650 190 270   460 641
8年目 150 500   650 190 270   460 831
9年目 150 500   650 190 270   460 1,021
10年目 150 600   750 235 270 200 705 1,066
11年目 100 600   700 235 270   505 1,261
12年目 100 600   700 235 270   505 1,456
13年目 100 700   800 271 270   541 1,715
14年目 100 700   800 271 260 200 731 1,784
15年目 100 700   800 271 260   531 2,053
16年目   700 230 930 271 260   531 2,452
17年目   700 250 950 271 260   531 2,871
18年目   700 250 950 271 260 200 731 3,090
19年目   600 250 850 235 260   495 3,445

 

 

入力する時に失敗したこと

入力する時に、いろいろと失敗をしました。

 

僕の失敗経験が何かの参考になると思ったので、紹介したいと思います。

 

金額の小さいものまですべて入力してしまった

出費を記録していると、金額の小さいものから大きいものまでさまざま出てきます。

 

それを一つ一つチェックしていたらキリがありません。

 

でも僕は、全部把握しようとしていました。

 

それで失敗したのです。

 

つまり、面倒くさくなってしまったのです。

 

まずは金額の大きなものから押さえることが大事です。

 

あまり細かい出費は意識せず、大きな金額を把握することが長続きするポイントでした。

 

缶コーヒーなどの細かな出費よりも数千円、数万円の出費を意識して入力した方がいいです。

 

細かい数字は、雑費のグループでまとめて管理することで表がスッキリして分かりやすくなりました。

 

月単位だけしか把握しなかった

出費を月単位だけで把握していると、どうしても見落としてしまうものが出てきました。

 

それで失敗しました。

 

つまり、毎月発生しない出費がいろいろあったのです。

 

例えば

・車検は2年に1回発生します

・退職後の税金は毎月発生しません

・旅行などの費用は不定期で発生します

・家電製品の買い替えは、数年に1度です

 

このような出費があります。

 

それで試行錯誤の末、次のように管理することにしました。

 

年単位で発生した費用は、月割りにして毎月の費用に組み込むことにしたのです。

 

例えば車検の場合、2年に1回発生する費用を24ヶ月で割るのです。

 

そして、毎月発生する費用として管理しました。

 

そうすることで、実際その月に出費が発生しなくても、将来発生する費用として常に意識することができました。

 

見落としてしまった出費とは

僕が退職後に見落としてしまった費用は、税金です。

 

今までは給料から天引きされていたので、あまり意識していなかったのです。

 

でも退職したら、自己負担になります。

 

特に金額の大きい住民税、健康保険、年金の出費はビビりました(^^;)。

 

この金額、本当にばかにならないほど大きいのです。

 

なぜなら、今までは会社が半額負担してくれましたが、退職したら全額自己負担になるからです。

 

ですから、税金は絶対に忘れないでくださいね。

 

その他に、旅行や結婚式などのイベント費、家電製品の故障による買い替え費や家の修理費、車の買い替えなどの費用も忘れがちなので、ざっくりと積み立てるようにしてください。

 

 

退職して、実際の出費はどうだったのか

 

現在、早期退職して4年目突入ですが、予想したよりもいい結果で推移しています。

 

当初の予定と違ったのは下記の3点でした。

 

①新たな収入(独立して起業)は、退職2年目から発生した。

⇒当初の予定では退職4年目より収入が発生する見通しだった。

 

②生活費は、当初想定していた金額より少なかった。

⇒当初の予定では、出費は年間300万円だったが実際は270万円だった。

 

③嫁さんの収入が当初想定していた金額より増えた。

⇒当初の予定では、嫁さんの収入は年間150万円だったが実際は180万円になった。

 

ということで、当初の計画よりは生活に余裕が出る結果となりました。

 

もともと最悪の事態を想定して見通しをつけていたので、そういう意味では想定通りと言えます。

 

数字の見直しは今後も修正していくつもりですが、大きく見通しが外れる確率は低いと思っています。

 

もちろん、予期せぬ事態に遭遇することもあるでしょうし、病気や事故、災害や不況、親の介護などさまざまなことが起こるかもしれません。

 

それでも、現状を把握して将来の見通しを立てておけば、いざという時にやみくもに慌てることなく、何をどうすればいいのか的確な判断ができると思います。

 

これから独立を検討している方へ僕から伝えたい事

早期退職後は、できれば何らかの方法で稼ぎたい!

 

そう思っている方はたくさんいらっしゃいます。

 

そんな方に、僕からちょっとだけお話したいことがあります。

 

まず最初に、

 

何の技術も特技もない人間がいきなり独立しても、現実はかなり厳しいということを是非知っておいてください。

 

だから、もし独立するのであれば何らかの技術を身につけてからの方がいいと思います。

 

会社を辞める時、僕には何の技術も特技も専門知識もありませんでした。

 

年齢は50歳近くになっており、これから先ちょっと不安だなぁ~と感じていました。

 

それで、何か一つでもいいから技術を身につけようと思ったのです。

 

50歳のおっさんが一から学んでも身につけることができる技術はないのかなぁ~と思いながら、必死に探しました。

 

数か月間は探しまくったと思います。

 

あれやこれやと迷いながらも、最終的に僕が消去法でたどり着いたのはプログラマーでした。

 

プログラマーであれば、僕のようなまったくのド素人でもそれなりの技術が身につく可能性があったのです。

 

当初は3ヶ月で技術を身につける予定でした。

 

でも実際は、半年もかかってしまいました(^^;)。

 

覚える力が弱かったのかもしれません。

 

でも半年後には、無事に独立することができました。

 

仕事で毎日パソコンをいじっている方であれば、僕よりはハードルは高くないと思います。

 

だからやってみる価値はあると思います。

 

店舗などを構えるわけではないので初期投資がほとんどかかりませんし、失敗しても失うものは大してありません。

 

因みにプログラマーを目指すのであれば、できるだけちゃんとした大手のスクールで学ぶことをおススメします。

 

僕は最初にちょっぴり安いところに申し込んだのですが、そこはハズレでした。

 

それで、お金と時間を無駄にしたのです。

 

その後、ちょっと高かったけど別のスクールに入りなおして、技術を身につけることができました(^^;)。

 

プログラマー養成スクールと言ってもそれなりにお金はかかるので、変な学校に入って失敗すると痛手が大きいです。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学んだ方が絶対いいと思います。

 

今、僕が絶対おススメするプログラミングスクールは、WebCampProです。

 

WebCampProは、未経験や初心者の方でもエンジニアスキルを身に付けることができるプログラミングスクールです。

 

転職を目指す方だけでなく、僕のように独立を目指す人向けのサポートもしっかりやってくれます。

 

因みに日中はいつでも講師がいるので、自分の好きな時間に学習することが可能です。

 

また専属のアドバイザーがついてくれて、何かといろいろなアドバイスをしてくれます。

 

学ぶ期間は3ヶ月間です。

 

本人の努力次第ですが、頑張ればプログラマーとして独立することができるはずです。

 

独立できれば、会社に属さない生き方をすることができます。

 

そのためには、一歩踏み出すことが大事です。

 

無料のカウンセリングサービスがあるので、まずはそれを受けてみて、それから申し込むかどうかを決めればいいと思います。

 

WebCampPro

 

新しい一歩を踏み出すときは、誰でも最初は怖いものです。

 

でも、その一歩を踏み出すことで新しい未来が開かれます。

 

何事もやってみなければわかりません!

 

そしてやってみた結果、心配していた事のほとんどが起こらないものです。

 

知らない世界に飛び込む時、そこが分からないから不安が先行するだけです。

 

変化を恐れて今の会社にいても、それはリスクを避けた事にはなりません。

 

どんな会社でも倒産しますし、リストラもあるのです。

 

一番のリスクは、現状に甘んじて変化をしないことだと思います。

 

僕が早期退職した時は、先行きが見えなかったのでとても怖かったです。

 

でも、どうしても現状を変えたかった。

 

だから自分を信じて決断し、プログラミングを学びました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

今では、サラリーマン時代よりもはるかに稼げるようになりましたし、自由に使える時間が増えました。

 

自分が本当にやりたいことをやって生活しているので、毎日がとても充実しています。

 

会社を辞めて後悔したことなど、一度もありません。

 

僕は、あなたの未来を切り開くことはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか開くことができないのです。

 

今が、人生を変える転機かもしれません。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

失敗を恐れてはいけません。

 

現状を変えたと悩んでいるなら、まず一歩を踏み出してくださいね。

 

私のような平凡なサラリーマンでも成功できたのですから、あなたにもできるはずです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。