「今日はなんだか仕事をする気になれない・・・」

上司の顔を見るのがイヤで会社行きたくない・・・」

「体調が悪い、仕事をしたくないなぁ・・・」

「あ~、また会社に行くのか、嫌だなぁ・・・」

 

今、このサイトを見ている方は、このような気持ちかもしれません。

 

誰でも仕事に行きたくない時ってありますよね。

 

でも休むわけにはいかない!

 

そんな時に使える対処法10選を紹介します。

 

 

とっても簡単なテクニックなので、誰でもすぐにできますよ。

 

暗い気持ちのままで、会社に行きたくないですよね。

 

気楽に読んで実践してみてください。

 

 

その①:最低限の法則

仕事というものは、こちらの処理能力にかまわず、次から次へと降りかかってきますよね。

 

そうなると、やらなきゃいけない事で頭がパンパンになってしまうでしょう。

 

今、頭の中は仕事のことでいっぱいいっぱいではありませんか?

 

そんな時、「最低限、今日中にやなきゃいけない事は何だろうか」ということを考えてみてください。

 

そして、できれば手帳やメモ帳などに箇条書きで書いてみてくださいね。

 

そうすることで、

・自然に頭の中が整理される

・視覚的にやる事が頭に入ってくる

 

そのような効果があるからです。

 

やることが明確になり

 

とりあえずこれだけやれば、今日は帰れるんだ!

 

という希望が生まれます。

 

是非、お試しあれ!

 

その②:プチ発散

今日は会社に行きたくない!

 

と声に出してみましょう。

 

この方法、瞬間芸ですが意外と効果がありますよ。

 

自分の心にあるネガティブな感情を口に出すことは、ストレス発散の効果が大きいのです。

 

僕は、布団の中やトイレの中でよくやっていました(笑)。

 

口に出して

 

あ~ヤダヤダヤダ、行きたくねぇ行きたくねぇ

 

 

と気持ちを吐き出すのです。

 

そうすると、不思議なことに少しだけ気分がスッキリします。

 

是非是非、お試しください。

 

その③:プチ目標

気持ちを切り替えるために、ハードルの引く小さな目標を立てて行動してみましょう。

 

これは、簡単なことでも行動しているうちに気持ちが後からついてくるという心理を応用したものです。

 

例えば、

 

目が覚めた時に「あ~仕事行きたくねぇ~」と思ったら、とりあえずトイレに行くという事だけを目標にするのです。

 

この時、他の事を考えてはいけません。

 

ただひたすらにトイレに行くという事だけに意識を集中するのです。

 

そして無事にトイレに辿り着けば、用を足しますよね。

 

そうなると、自然に手を洗うために洗面所に行きます。

 

洗面所で手を洗えば、じゃあ「歯を磨くか」と自然になるのです。

 

 

そして次々と、いつもの行動パターンに入っていきます。

 

つまり、最初の一歩を踏み出すことが肝心なのです。

 

その最初の一歩を踏み出すために、それ以外の事を一切考えない、

 

というテクニックなのです。

 

人は一度動き出すと、あとはいつもの習慣が背中を押してくれます。

 

通勤電車に乗ってしまえば、もう気持ちは自然に仕事に向かってしまうものなのです。

 

是非、お試しください。

 

 

その④:イメージの力

 

 

朝起きた時に、仕事が終わって帰る時の自分をイメージしてください。

 

会社に行ってしまえば、嫌でも時間は勝手に過ぎていきます。

 

そして会社を出て駅に向かう時は、誰でも解放感で満たされているのが普通です。

 

今、「会社に行きたくな~い!」という気持でいっぱいになっている頭を別の方向に向けるのですね。

 

そうすることで、気持ちが楽になり「しょうがない、出勤するか!」となるのです。

 

是非お試しあれ!

 

その⑤:おしゃれの力

 

 

これは、外堀から攻めて気持ちを立て直す方法です。

 

特に女性に有効な方法ですね。

 

でも、男性でも普段からおしゃれを意識している人なら効果がありますよ。

 

いつもより気合を入れておしゃれをすれば、

 

おしゃれをしている自分を誰かに見てもらいたくなる

 

そういう心理が働きます。

 

例えば男性の場合、

 

・いつもより明るめのネクタイにする

・少し派手目のワイシャツにする

 

こうするだけで、気持ちに大きな変化がでてきます。

 

それと、おしゃれをする時に意識してもらいたいことがあります。

 

それは、

 

なるべく明るい色の服を選ぶ

 

という事です。

 

なぜなら明るい色の服は、自分の気持ちを明るくする効果があり一石二鳥になるからです。

 

是非お試しください。

 

その⑥:ご褒美の力

仕事が終わった後に、自分にご褒美を与える計画をしてください。

 

例えば、今日の仕事が終わったら

 

マッサージに行こう!

 

 

とか

 

彼女に会いに行こう!

 

とか

 

競馬に行こう!

 

 

とか

 

スイーツをたくさん食べよう!

 

とか

 

美容院に行こう!

 

 

とか

 

スロットをしよう!

 

 

とか・・・・・・

 

なんでもいいのですが、あなたの好きなことを自分へのご褒美として計画してみるのです。

 

そうすると「久しぶりにマッサージに行くのが楽しみだなぁ」と意識がご褒美の方に向いてくれます。

 

是非お試しあれ!

 

 

その⑦:自分の必要性

一日の仕事の流れを思い出してみてください。

 

 

職場に行けば、あなたを必要としている人がたくさんいるのではないでしょうか。

 

いろいろ人が、あなたに何かを依頼していませんか。

 

それはあなたが必要だからです。

 

その時のシーンを是非思い出してほしいのです。

 

なぜなら、

 

人は自分が必要とされていると感じた時にやる気がでる生き物

 

だからです。

 

是非お試しを!

 

その⑧:我慢の期限

 

どこかまで我慢するのかの期限を決めましょう。

 

この方法は、我慢の終わりを自分で意識する方法です。

 

ここまで頑張ればいい!という事が分かっている時、人は頑張れるのです。

 

例えば、

 

「あと2週間頑張れば楽になる!」

 

こんなイメージが頭にあると、ゴールが見えるので頑張りが続きます。

 

ここまで頑張れば、できてもできなくても終わりにしよう!

 

そう自分で勝手にゴールを決めてみてください。

 

その⑨:遊ぶため

遊ぶために仕事をするんだ!という発想をしてみましょう。

 

生活のために仕方なく仕事をしていると思うよりも、

 

休みの日に自分の好きなことして遊ぶために仕事をするんだ!

 

と考える方が気持ちが楽になりますし、楽しい気持ちになれます。

 

どちらにしても働くことには変わりませんが、ちょっとだけ意識を変えることで前向きになれるのです。

 

是非お試しあれ!

 

その⑩:自分の成長

気の進まない仕事に向かう時、これも自分の成長のため と考えてみましょう。

 

人は、自分のため(自分の利益のため)と思うと積極的な気持ちが生まれる動物です。

 

だから、この仕事はつまらなくて嫌だけど、これも修行と考えよう。きっと自分の成長につながるだろう。

 

そんな感じで発想を切り替えましょう。

 

是非お試しあれ!

 

それでもやっぱり行きたくない!

いろいろと試してみても、

 

やっぱり今日はどうしても会社に行きたくない!

 

そんな時もありますよね。

 

僕はいつもそうでしたが(^^;)。

 

そう思えてしまうのは、気持ちが病んでしまっているからかもしれません。

 

僕は、辛い気持ちのまま無理やり出勤しようとして、何度も途中下車してしまった経験があります。

 

それで、途中下車した駅のトイレ吐いてしまいました。

 

そして、結局家に帰ったのです。

 

そんなことが何度もありました。

 

だから、僕と同じように深刻に思いつめている時は、無理に出社しようとせず

 

思い切って休んでほしいのです!

 

とにかく休むことで、精神的な疲労が大きく回復し、どん底だった気分が軽くなることもあります。

 

休んでいる時は、同僚や上司からどう思われるだろう?なんて気にしてはいけませんよ。

 

一番大事なのはあなたの身体なんですから!

 

 

以上、【仕事に行きたくないけど休めない!そんな時の対処法10選】でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。