上司がうざすぎて仕事やる気が出ない!とお嘆きの全国サラリーマンの諸君へ

 

その気持ち、痛い過ぎるほど分かります。

 

でも、悲しいことに上司は選べませんよね。

 

ところでウザい上司と言っても、いろいろレベルがあると思うんです。

 

つまり、

 

レベル1

⇒少しウザいと感じる

 

レベル2

⇒かなりウザいと感じる

 

レベル3

⇒頼むから死んでほしいと思う

 

あなたの上司は、どのレベルでしょうか。

 

 

こんにちは!サラリーマンお助け村の村長です。

 

僕は、毎日うざい上司にやる気を奪われていました。

 

先ほどのレベルで言えば、レベル2とレベル3になると思います。

 

具体的にどのようにウザかったのか!

 

レベルをつけてリアルな会話で再現してみました。

 

今、上司がウザすぎて死後のやる気が出ない方の参考になれば幸いです。

 

レベル1:忙しい時にやたらと話しかけてくる上司がウザい!

 

課長課長

ねぇ、君、あの書類どうなってる?

チャリオ君チャリオ君

あ、はい、昨日課長の机に提出しました

課長課長

あ~そう、・・・

チャリオ君チャリオ君

(ホ・・・)

課長課長

おい、明日のスケジュールはどうなってる?

チャリオ君チャリオ君

え~と、課長とA商事の商談に行きますが

課長課長

そうなのか、忘れていたよ

チャリオ君チャリオ君

(え!マジか・・・)

課長課長

その後は?

チャリオ君チャリオ君

会社に戻って事務処理をしますが・・・

課長課長

いや、君の予定じゃなくて、俺の予定だよ!

チャリオ君チャリオ君

??? 課長の予定ですか?

課長課長

そう、俺の予定、手帳を飲み屋に忘れちゃったんだよ。ハハハハハ

チャリオ君チャリオ君

・・・・・・

課長課長

飲み屋の場所教えるから、今から取りに行ってくれ

チャリオ君チャリオ君

・・・(マジか!こいつ死ねばいいのに)

 

超忙しい時にやたらと話しかけてくる上司が本当にウザいです。

 

ある時、やたらとフレンドリーに話しかけてくるので、変だなぁと思っていました。

 

そしたら、なんと自分の手帳を無くしてスケジュールが分からないって言うんです。

 

しかも、僕に飲み屋まで手帳をとりに行けと命じてきました。

 

自分で忘れてきたのに、部下に引きとりに行かせるなんて最低ですよね。

 

あの時、僕はマジでこう思いました。

 

こいつの手帳を引き取ったら、スケジュール欄を消してやろう!

 

 

レベル2:気まぐれで指示がコロコロ変わる上司がウザい!

 

課長課長

オイ、あの報告書はどうなってる!

チャリオ君チャリオ君

え~と、今週中には提出できると思います

課長課長

ダメだ、遅い!

チャリオ君チャリオ君

え~と、でも提出期限は月末だったと思いますが・・・

課長課長

そんなことはどうでもいい! とにかく明日中に出せ!

チャリオ君チャリオ君

・・・(なんでいつもこうなるの、トホホ・・・)

 

この上司は、いつも「期限は絶対厳守!」と言っていました。

 

でも、自分で決めた期限は、コロコロ変えるのです。

 

つまり上司がヒマになると、勝手に期限を前倒しにするのでした。

 

おかげでこちらの予定は、いつもガタガタです(涙)。

 

自分勝手な上司に、本当に振り回されました。

 

ウザい上司のレベル2ですかねぇ(笑)。

 

レベル3:早朝出勤の上司がウザかった!

 

会社で仕事をしていると、上司が思いつくままに新たな指示を出してきます。

 

だから、仕事がたまる一方で全然片付きません。

 

そこで僕は、上司に邪魔されない早朝に仕事を片付けようと思いました。

 

それで、頑張って早朝出勤したんです。

 

ところが・・・・・・

 

チャリオ君チャリオ君

(よ~し!今から仕事をバリバリ片付けるぞ!)

課長課長

お早う、お前、早いな

チャリオ君チャリオ君

(げぇぇぇ!なんであいつが来るんだよ!)  お、おはようございます。課長も早いですね

課長課長

あ~あ、だりぃなぁぁ・・・飲み過ぎて終電なくなっちまったから、朝まで飲んでたぜ、ハハハハハ

チャリオ君チャリオ君

そ、そうなんですか。身体に気をつけてください

課長課長

そうだな、今から家に帰って少し寝ようかな、ハハハハハ

チャリオ君チャリオ君

その方がいいですよ。ハハハハハ

課長課長

じゃあ、そうするか。おいお前、午前中にこの資料まとめといてくれ!

チャリオ君チャリオ君

え!僕がですか?

課長課長

そう、本当は午前中に俺がまとめる予定だったんだけど、今から家で寝るからね、ハハハハハ

チャリオ君チャリオ君

・・・(こいつ、誰か殺してくれぇ)

 

せっかく早朝出勤したのに、なんと上司まで早朝出勤してきたことがあったんです。

 

毎晩のように飲み歩いている上司は、終電に乗り遅れて朝まで飲んでいたとのことでした。

 

上司は家に帰って寝るから、僕に事務仕事を押し付けてきました。

 

おかげで、僕の早朝出勤は台無しになってしまいました。

 

まったく、どこまでもウザい上司です。

 

 

レベルマックス:面倒な仕事を丸投げしてくる上司がウザい!

 

部長部長

おい、課長。ちょっと面倒な仕事だけど急ぎでこのデーターをまとめてくれ!

課長課長

かしこまりました!部長、大至急やらさせていただきます!

チャリオ君チャリオ君

(ヤバ!頼むからこっちに振らないで・・・)

課長課長

おい、君、大至急これをやってくれ

チャリオ君チャリオ君

(あ~きてしまった!) はい、でも私、今から商談のアポが入っているんですが・・・

課長課長

商談なんてどうでもいい!とにかくコレをすぐやってくれ!

チャリオ君チャリオ君

わ、分かりました。因みにコレは何ですか?

課長課長

知らん、そんなこと自分で読んで考えろ

チャリオ君チャリオ君

どのようにまとめればいいですか?

課長課長

いちいち俺に聞くな!

チャリオ君チャリオ君

・・・(はぁ~、トホホホ)

 

課長は、部長から出された仕事を丸投げすることがよくありました。

 

特に、面倒くさそうな仕事は、内容も見ずにこちらに放り投げるのです。

 

それで、提出する時は自分がすべてやったような顔をしていました。

 

あなたの会社には、そんな上司はいませんか?

 

因みにこの課長、なんと役員にまで出世しました。

 

トホホホ。

 

レベル測定不能:強制参加の飲み会の上司が超ウザい!

 

課の飲み会でのことです。

 

課長課長

今日は無礼講だから、ジャンジャン飲んでくれ

チャリオ君チャリオ君

(あ~、早く終わらないかなぁ・・・)

課長課長

俺の若いころはなぁ、倒れるまで働くのが当たり前だったんだよ!それが常識だっつうのぉ!

チャリオ君チャリオ君

・・・・・・

課長課長

上司のパワハラなんて、愛のムチだ。俺はお前らのためにパワハラしてやってんだぞ!ありがたく思え!

チャリオ君チャリオ君

・・・・・・

課長課長

お前らは、全員バカだ。俺がいなきゃ、どこも雇ってくれないぞ!でも、俺は優秀だからどこの会社でも通用するんだ!

チャリオ君チャリオ君

・・・・・・

課長課長

いいか、死ぬ気で働け! 寝ている時も気を抜くな! 風呂に入っている時も仕事のことを考えろ!休みの日も気を抜くな!わかったか!

チャリオ君チャリオ君

・・・・・・

3時間後

 

チャリオ君チャリオ君

課長、明日もありますし、そろそろお開きにしませんか

課長課長

まだまだ俺は大丈夫だ!よけいな心配するな!

チャリオ君チャリオ君

・・・(いや、あんたの心配じゃなくて、帰りたいだけなんだけど)

 

僕がいた部署では、毎月1回、課の「営業会議」というものがありました。

 

そして会議の後は、いつも強制参加の飲み会がありました。

 

この飲み会が、毎回本当に苦痛でした。

 

いつも延々と課長が一人で毒を吐くだけなのです。

 

そしてまわりの課員は、ひたすら聞いているだけ。

 

意見を言うことなどは、許されない雰囲気がありました。

 

強制参加なのに、お勘定はいつも割り勘でした。

 

課長に言わせると、「経費で落としたら公私のけじめがつかないだろ!」とのことでした。

 

しかし僕としては、「あんたの存在そのものが公私のけじめがついていないよ!」と言いたいです。

 

ウザい上司から逃げる究極の方法

ウザい上司から逃げる究極の方法は、会社を辞めることです。

 

同じ会社にいれば、上司を避けようとしても不可能です。

 

しかし辞めた後は、また働かなければなりません。

 

でも、またウザい上司に当たるかもしれません。

 

そうならないためには、自分の価値を高めるしかありません。

 

自分の価値を高めれば、こちらが会社を選ぶ立場に変われます。

 

どこに行っても認めてもらえます。

 

ウザい上司に振り回される可能性は、限りなく低くなるでしょう。

 

それでもウザい上司にあたったら、また別の会社を選ぶこともできるのです。

 

では実際どうすればいいのか?

 

自分の価値を高めるとは、専門知識や技術を身につけることです。

 

それができれば、自分の価値を上げることができるのです。

 

でも、未経験者でも働きながらできるのだろうか?と思うかもしれません。

 

結論から言えば、できます。

 

ただし、今からできる分野は限られています。

 

現時点でそれが可能なのは、プログラミングだけです。

 

プログラミングであれば、まったくのド素人でも最短1か月程度でそれなりの技術をつけることができます。

 

だから、やってみる価値はあると思います。

 

プログラミングスクールはいろいろあるので、ネットで調べて気に入った学校を自分で選べばいいと思います。

 

でも、どこのプログラミングスクールを選べばいいのか分からない?という人は、GEEK JOBキャンプをおススメします。

 

なぜかというと、GEEK JOBキャンプは無料だからです。

 

なぜ無料なのかというと、受講者が就職すれば企業側からGEEK JOBキャンプに報酬が入る仕組みになっているからです。

 

だから無料でも、決して授業内容のレベルが低いわけではありません。

 

GEEK JOBキャンプであれば、即戦力として通用する高い専門知識をしっかり習得することができます。

 

因みにGEEK JOBキャンプの受講生がプログラマーとして転職に成功する人は95%以上です。

 

無料の 体験会や説明会があるので、まずはそれを受けてから申し込むかどうかを決めればいいと思います。

 

GEEK JOBキャンプ

 

新しい一歩を踏み出すときは、誰でも最初は怖いものです。

 

でも、その一歩を踏み出すことで新しい未来が開かれます。

 

何事もやってみなければわかりません!

 

そしてやってみた結果、心配していた事のほとんどが起こらないものです。

 

心配ばかりしても意味がありません。

 

僕は、あなたの未来を切り開くことはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか開くことができないのです。

 

今が、人生を変える転機かもしれません。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

応援してます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。