僕は50歳の時に早期退職し、ネットビジネスを始めました。

 

今は、ネットビジネスの収入だけで生活しています。

 

その経験から言える事は、「サラリーマンは副業としてネットビジネスを絶対やるべきではない」ということです。

 

なぜ僕がこれほど強く断言するのか、そこにはハッキリとした根拠があります。

 

政府が推し進める「働き方改革」の影響で、副業に取り組む人が増えてきました。

 

副業にもいろいろありますが、パソコン1台で始められるネットビジネスに人気が集中しています。

 

中でもブログ、アフィリエイト、物販、転売などが代表的です。

 

ただ、これらのネットビジネスに安易に手を出すのは危険です。

 

ネットを見れば、「誰でも簡単に稼げる」という情報があふれています。

 

だから、「私もちょっと頑張れば稼げるかも」と期待してしまうのです。

 

でも、僕の経験から言えば、ちょっとどころの頑張りではまったく稼げないのが現実です。

 

その根拠について僕の経験を踏まえてこれから詳しく説明します。

 

僕はネットビジネス1本で生活できるようになるまで、たくさんの失敗経験しました。

 

だから

・今も、多くの人が簡単に稼げるという殺し文句を信じて参入していること

・ほとんどの人が大切な時間と労力を費やして、何も得ることもなく挫折していること

 

という現状を知っています。

 

これから副業としてのネットビジネスをやろうとする人は、決断する前に、まず現実を知っておいた方がいいと思います。

 

 

データーから見るネットビジネスの現状

まず最初に、データからネットビジネスの現状を見ていきたいと思います。

 

最初にブログ関係、次にアフィリエイト関係のデータをそれぞれ1つ紹介します。

 

ブログ編

下記のグラフは、2万件のブログを分析したほけきよさんのブログより引用しています。

 

これは、何ヶ月ブログが続いているかが分かるグラフです。(*データベースは、はてなブログ)

 

縦軸がブログ数、横軸が継続期間です。

引用元:【ブログは一年続くの?読者数は?2万件のはてなブログで分析する】

 

いかかですか。時間と共に急激に下がっていっているのがわかりますよね。

 

ほけきよさんの分析によると、ブログの継続期間は

・3ヶ月続くブログは 70%

・1年間続くブログは 30%

・2年間続くブログは 10%

 

という結果になっていました。

 

因みに、ここで言う「継続期間」は、3ヶ月に一回書けばとりあえずOKという激アマ条件です。

 

そんな激アマ条件でも、2年間続く人は1割しかいません。

 

ほとんどの人は、継続できずに撤退しているのです。

 

このデータから、いかにブログを継続するのが大変なことかが分かりますね。

 

アフィリエイト編

次はアフィリエイトです。

 

下記のデーターは、日本アフィリエイト協議会が2017年に発表したデーターです。

 

 

これを見ると、アフィリエイトの収入が千円未満の人が7割以上もいることが分かります。

 

また、割以上の人が月3万円も稼げていないのです。

 

この現状で「アフィリエイトは簡単に稼げる」なんて言えるのでしょうか?

 

このグラフ中には、アフィリエイトを専業でやっている人も含まれています。

 

そう考えると、副業でアフィリエイトをやって稼ぐ人の数はもっと少なくなるでしょう。

 

因みに月10万以上稼げている人はわずか2.3%です。

 

多くの人が膨大な時間を投資して、わずかな金額しか稼いでいないことが分かります。

 

 

副業のネットビジネスはなぜ稼げないのか

副業のネットビジネスで稼いでいる人は、ほとんどいません。

 

その根本的な原因は何なのでしょうか。

 

僕の経験上、その理由は4つあると思います。

 

理由1:圧倒的に時間がない

 

一番大きなネックは、物理的に使える時間が圧倒的に少ないということです。

 

これは本業があるのですから、仕方のないことです。

 

最初は、誰でも頑張ります。

 

例えば、通勤時間を使ったり、土日を使ったり、睡眠時間を削ったりして一生懸命取り組むのです。

 

それでも、1日の中で副業に使える時間は多くても3~4時間が限度ではないでしょうか。

 

これでは全く足りないのです。

 

ネットビジネスを専業でやっている人は、1日に10時間~12時間やっている人がざらにいます。

 

ネットビジネスで稼ぐということは、そんな人たちと同じ土俵で戦うということです。

 

だから、副業でやっている人が勝てるはずがないのです。

 

因みに僕も専業でやっていますが、最低でも毎日8時間以上はやっています。

 

「成果は行動に比例する」と言う人もいますが、ネットビジネスの場合はちょっと違います。

 

これは僕の経験上ですが、安定した成果が出るまでには2000時間程度は、やらなければダメだろうと思います。

 

それだけ覚えることが多いし、予期せぬトラブルも多いし、なんやかんやと時間がかかるのです。

 

2000時間と言えば、毎日休まず3時間やっても2年間はかかります。

 

一部の天才タイプの人は、もっと短時間で成果を上げるかもしれませんが、普通の人にはムリな話です。

 

仮にムリして頑張ったとしても、本業との両立で身体を壊してしまう可能性もあります。

 

圧倒的に時間がないという状況は、稼げない一番大きな理由なのです。

 

理由2:初心者をカモにする業者が多すぎる

 

ちょっとショッキングに聞こえたかもしれませんが、これはネットビジネス界では当たり前の話です。

 

そして、

 

ネットビジネスで大きな収入を得ている人のほとんどは、そのノウハウを売って成功している

 

という現実があります。

 

つまり、ネットビジネス初心者をカモにして、「インターネットの副業で稼ぐ方法」を売って収入を得ているのです。

 

しかもこのビジネスモデルは、既に確立されています。

 

この現実に気づかない多くの人は、カモにされてお金と時間を失い、挫折するだけなのです。

 

カモになる顧客は、「うまい話に飛びついて、うまくいかない人」が対象です。

 

つまり、知識弱者を相手に儲けている商売なのです。

 

あなたは、この現実をどう受け止めますか。

 

このビジネスモデルの場合、お客(売り先)に困ることがありません。

 

なぜなら、「リスクが少ない」「パソコン一台で始められる」などのハードルの低さから、次から次へと参入する人が出てくるからです。

 

僕も、ダマされた経験があります。

 

だからその手口がよく分かるのです。

 

そこで、特別にこのビジネスモデルの手口(常套手段)を紹介したいと思います。

 

手口を知って、ダマされないようにしてください。

 

ネット初心者を食い物にするビジネスモデルの手口

初心者をカモにするビジネスモデルの手口を、大きく3つのステップに分けて紹介します。

 

ダマされないために、是非知っておいてください。

 

ステップ1:ブログを作り、その中で無料メールマガジン(又は無料メルマガ)の登録を促す。

⇒この時によく使う手口はこんな感じです。

「人生を変えたいなら、今すぐこの無料メルマガ(もしくはメール講座)に登録しよう」

副業で稼ぐ方法を知りたい方は、こちらのメルマガへ

無料のメルマガで、稼ぐ方法を教えます

・・・などなど、メルマガをあえて無料にすることで、心理的なハードルをさげて登録へ誘導します。

登録させることで、見込顧客を囲い込み、狙い撃ち(ダイレクトメールを送る)するためです。

 

ステップ2:自動メール発信ツールを使って、登録者宛てに5~10回程度の自動メールを送る。

⇒この時によく使う手口は、文章中に登録者の名前を入れるテクニックです。これは、自動発信ツールを使うと簡単にできるのですが、メールをもらった人は、「自分のためだけにメールを送ってくれた」と勘違いして感激してしまうのです。最初は「登録のお礼」「自己紹介」から始まります。そして、「感想など何でもいいので、このメールに返信をください」と必ず言ってきます。

これは登録者との信頼関係を築くためのテクニックです。ここで簡単なメールの交換をすると、登録者は安心して、その後に送られるメールも必ず開封するようになるのです。

 

ステップ3:共感⇒夢⇒脅し⇒安心⇒もう一回脅し⇒勧誘⇒追込み

それぞれのメールは、登録者の心をつかむために細かく計算されています。具体的には、下記内容のメールが数日置きに送られてくるのです。もちろん自動発信メールです。

 

①共感 ⇒「現実は大変だよね、辛いよね、現状を変えたいよね」などと登録者が悩んでいそうな内容を書いて、共感を誘います。

②夢  ⇒「ネットビジネスをやれば、こんなに素晴らしい未来が手に入るんだよ」と書いて、登録者に夢を持たせます。

③脅し ⇒「もし、ここで挑戦しなければ現実は変わらないよ、本当にそれでいいの」と書いて、不安を煽ります。

④安心 ⇒「でも大丈夫、これから紹介する僕のグループに入会すれば、未来は必ず変わります。仲間がいるから挫折する心配もありません」と書いて、安心させます。

⑤脅し ⇒「このままだと、人生後悔しますよ。本当にそれでいいの?」とまた不安を煽ります。

⑥勧誘 ⇒「現状を変えたいなら、今すぐ入会しよう。このグループは本物です。絶対損させません。」と勧誘します。

⑦追込み ⇒「今入会するとこんなにお得なんですよ。こんなすごち特典がありますよ、しかもこれは今だけなんですよ」と最後の追い込みをかけます。

 

これがネットビジネス初心者をカモにしたビジネスモデルの一般的な手口です。

 

この手口で、多くのネットビジネス初心者はころりと騙されて、お金を振り込んでしまうのです。

 

最初にシステムさえ作れば、黙っていてもジャンジャン入会してくるので、笑いが止まらないビジネスなのです。

 

しかし当たり前のことですが、入会しただけでは稼げる力はつきません。

 

本人が死に物狂いで努力しなくては、稼げるようにはならないのです。

 

もちろん入会すれば、いろいろなサポートを受けることができます。

 

しかしメール発信者は、効率よく稼ぎたいから手間のかかるようことは一切しません。

 

だから個別指導などはほとんどしないし、常に一斉メールで教材を送りつけてくるだけなのです。

 

その内容は、ちょっと探せばネットに出ているような内容ばかりですので、投資した金額に見合うものではありません。

 

当然そんなやり方をしていれば、ついていけない人が出てきて、次々と退会していくのです。

 

でも、退会する人と同じくらいの数の人が常に入会してくるので、このビジネスモデルは安泰なのです。

 

なんともひどい話です。

 

もちろん、この類のビジネスをやっている人がすべて悪人とは言いません。

 

中には、本当に生徒が稼げるまで親身になって教えてくれる人がいることも知っています。

 

でも、残念ながらそういう人は本当に少ない(というかほとんどいない)のが現実です。

 

 

理由3:稼げるまでに時間がかかる

 

これも副業で稼げない大きな理由です。

 

アルバイトであれば、10時間働けば10時間分の賃金がもらえます。

 

でもネットビジネスの場合、100時間やっても500時間やってもほとんど稼げない事が多いのです。

 

時給に換算すると10円とか20円とかになることもよくあります。

 

そして心の中で、いろいろな葛藤が始まります。

・あの時間は、家族と過ごせばよかった!

・友達と遊べばよかった!

・アルバイトをした方がマシだった!

 

このような葛藤が始まると、もう続けることはできません。

 

だんだんバカらしくてやってられないよ!と考える人が出てくるのです。

 

毎日寝る間も惜しんで頑張っていたのに、それがまったくお金にならなかったら虚しすぎますよね。

 

ネットビジネスは、「稼げるようになるまでに時間がとてもかかる」だけでなく、「どこまで頑張ればいいのか」という答えもありません。

 

1000時間やって稼げる人もいれば、2000時間やっても稼げない人もいるのです。

 

ほとんどの人がそういう状況に耐えられなくなって、挫折してしまうのです。

 

理由4:会社の仕事の影響が大きい

 

本業がある人は、どうしても仕事の影響を受けます。

 

つまり、繁忙期に入れば毎日残業しなければならなかったり、トラブルが起こればそれに振り回されたりします。

 

1年中、定時に仕事が終わりトラブルに合わない人などは、まずいないでしょう。

 

だから本業があると、どうしても継続的に副業に集中することができないのです。

 

つまり、副業をする時間にバラツキが出てしまうのです。

 

ある時期はあれほど頑張ったのに、ある時期は全く作業しない、ということが出てくるのです。

 

そうなると、人間はどうしても「楽な方」へ流されていくものですから、次第に「もう面倒くさいから辞めようかな」となってしまうのです。

 

ほとんどの人は、最初は頑張るけれど、途中から本業が忙しくなったり、それで体調を崩したりして作業を中断します。

 

そうなると、なかなか復活できないのです。

 

あなたは本業がどのような状況になっても、毎日淡々と作業をすることができますか?

 

本業でくたくたになっている時に、それでも副業を頑張れますか?

 

超人的な精神力の持ち主でなければ、難しいですよね。

 

ネットビジネスで稼ぐということは、そういうことなのです。

 

いかに困難なことか分かっていただけたでしょうか。

 

始めるのは簡単ですが、続けるのは至難の業なのです。

 

まとめ

いろいろと厳しいことを書いてごめんなさい。

 

僕はあなたの挑戦を邪魔する気は、まったくありません。

 

ただ、現実を知った上で始めてほしかったのです。

 

正規の仕事をしながら副業でネットビジネスを始めても、期待どおりの成果を手に入れられる人はほとんどいません。

 

これが現実です。

 

だからと言って、本業が終わった後にレストランやスーパー、コンビニで働いて稼ぐというのも、きつい話ですよね。

 

副業している時間があったら、その分、自己投資してスキルを上げて、自分の市場価値を上げた方が絶対いいと僕は思います。

 

その方が、より良い会社に転職する可能性が増えますし、生涯年収も増えるはずです。

 

こちらの記事もどうぞ

【AI時代の仕事とスキル】サラリーマンが今から準備できる事って何?

40代独身男性が人生を逆転させたいと思った時にやるべき事と心構え

仕事にマンネリを感じても安易に転職するのはやめるべきと断言する理由

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。