退職金税金がかかるって知ってますか?

 

実は、所得税住民税がかかるんですよ。

 

だから、

 

「あなたの退職金は2000万円です」

 

と言われても、2000万円まるまるもらえるわけじゃないんです。

 

そこから、税金がガッツリ引かれるんですね。

 

退職金にかかるこの2つの税金、いったいどのくらいかご存知でしょうか!

 

最終的に手元に残る金額は、とても気になりますよね。

 

 

こんにちは!

 

サラリーマンお助け村の村長です。

 

僕が退職した時の話ですが、会社から連絡があった入金額よりもなんと70万円も少ない金額が入金されていました。

 

 

だから、銀行通帳で振込金額を見た時はかなり焦りました(^^;)。

 

これから退職金をもらう予定のある方は、ざっくり手元にどのくらいの金額が残るのか?は絶対知りたいですよね。

 

そこで今回は、実際に入金される金額(=退職金にかかる税金の計算方法)について解説します。

 

できるだけ分かりやすく解説しようとしたら、ちょっぴり長くなってしまいました。

 

でも、

 

自分の退職金の手取り額を計算したい!という方は、順を追って読めば必ず計算できるようになりますよ。

 

それでは参りましょう!

 

 

最初に4つの単語を覚えれば後は簡単なのだ

退職金にかかる税金の計算は、4の単語さえ覚えれば後は簡単です。

 

最初にこの4つを押さえておけば、後の理解がとてもスムーズなのです。

 

なので、言葉の意味はさっぱり!と言う方は、まず最初にざっくり目を通してくださいね。

 

その① 控除   

⇒コウジョと読みます。特定の金額を差し引くことです。

 

その② 所得   

⇒会社が支払う給料の額から必要経費を差し引いたものです。

 

その③ 所得税  

所得に対して課税される税金です。

 

その④ 所得控除

⇒ 所得税の計算をする時に「 所得」から特定の金額を差し引くことです。

 

この後も何度も出てくるので、ここでしっかり覚えておいてくださいね。

 

 

言葉の整理はここまでにして、では本題に入ります。

 

退職金から引かれるのは所得税と住民税だけ

退職金にかかる税金は、所得税住民税です。

 

その金額は、次のように計算します。

 

ここでは、まず計算するための事前準備として下記2つの計算をします。

・事前準備1:退職所得の出し方

・事前準備2:退職所得控除の出し方

 

「事前準備」の計算の後に所得税の出し方住民税の出し方の説明をしますね。

 

事前準備1:退職所得の出し方

まず最初は、退職所得の計算式になります。

 

退職所得とは、退職金に課税される元となる金額のことです。

 

例えば退職金が2000万円あったとしても、税金は2000万円に対してかかるわけではありません。

 

退職所得に課税されます。

 

それではさっそく退職所得の計算式を見てみましょう。

 

退職所得

退職金総額-退職所得控除額 × 0.5  

 

以上。

 

次は、この計算式にでている退職所得控除額の計算方法について説明します。

 

事前準備2:退職所得控除額の出し方

退職所得控除の計算方法は、勤続年数が20年を超えるかどうかで分かれます。

 

勤続年数が20年以下の場合

40万円 × 勤続年数

 

勤続年数が20年を超える場合 

70万円 × (勤続年数 – 20年)+ 800万円

 

となります。

 

以上。

 

なお退職所得控除には、復興特別所得税所得税額x2.1%)というものが上乗せされます。

 

では、いよいよ所得税の計算方法にまいります。

 

その後に住民税の計算方法を説明し、最後にモデルケースの計算例を紹介します。

所得税の計算方法

退職金にかかる所得税の計算方法は、次の式で計算できます。

 

退職金にかかる所得税

=退職所得金額 x(下記表の税率)ー(下記表の控除額)

 

所得税の速算表
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

No.2260 所得税の税率 [平成29年4月1日現在法令等] 国税庁のHPより

 

 

住民税の計算方法

住民税の計算式はこうなります。

 

退職金にかかる住民税

=退職所得 × 10%-(退職所得 × 10%)x10%

 

ちょっぴり複雑な式ですが、後ほど紹介するモデルケースの例を見れば何となくイメージがつくかと思います。

 

モデルケースで見る具体的な計算例

ではさっそく、具体的なモデルケースで計算してみましょう。

 

まずモデルですがは、こんな方を用意しました。

退職金の総額2000万円

・勤続年数:25年の場合

 

それでは、順番に計算していきましょう。

 

ステップ1:退職所得控除額

モデルケースの方は、勤続年数が20年を超えるのでその計算式は下記になります。 

 

70万円 × (勤続年数 – 20年)+ 800万円

 

退職所得控除額

=70万x(25年-20年)+800万円

=1150万円

 

ステップ2:所得税

所得税を求めるには、下記の①から④までを順番に計算していきます。

 

①:退職所得金額

退職所得金額

=(2000万-1150万円)× 0.5

=425万円

 

②: 所得税額

所得税額

=425万円×20%-42万7,500円

42万2,500円

 

③:復興特別所得税額

復興特別所得税額

=42万2500円×2.1%

8,872円      

 

④:最終の所得税

*最終的な所得税は、②の所得税額に③の復興特別所得税額が上乗せされた金額になります。

最終的な所得税

=42万2500円+8872円

43万1372円 

 

ステップ3:住民税

住民税を求めるには、下記の①から③までを順番に計算していきます。

 

①:控除前の住民税額

控除前の住民税額=85万円

 

②:住民税の控除額

控除額=8万5000円            

 

③:最終的な住民税

*最終的な住民税の計算式は(控除前の住民税額)-(住民税の控除額)になります。

最終的な住民税

=85万ー8万5000円

76万5000円 

 

ステップ4:最終的な手取り額

*退職金の手取り額の計算式は収入金額ー所得税ー住民税になります。

最終的な退職金の手取り

=2000万円ー43万1372円ー76万5000円

1880万3628円

 

ということで、退職金の手取り額の計算方法についてみてきました。

 

できるだけ分かりやすく説明したつもりですが、やっぱり複雑ですよね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

充実した人生を送るために

下記は、今よりも充実した人生を送りたいと願う方に向けて書いています。

 

だから、今の生活に満足している方は、これ以後は読む必要はありません。

 

どうか本気で現状を変えたいと思う方だけお読みください。

 

**************************

 

充実した人生を送るためには、自分で仕事を選ぶことです。

 

誰かに強制的に仕事を押しつけられたり、イヤイヤながら仕方なく働いても充実した人生は送れません。

 

大事なのは、自分の意思で仕事を決めることです。

 

そのためには、まず武器を持つこと。

 

武器を持つとは、自分を売り込むことができる技術や専門知識を持つということです。

 

独立するにしても、転職するにしても、それは同じです。

 

つまり、自分の武器をもつことができれば

 

【手に職をつけたり、自由な働き方ができたり、自分で好きな会社を選ぶ】ことができるのです。

 

つまり自分が主体となって人生を生きることができるのです。

 

とは言っても、働きながら技術や専門知識を身につけるのは大変なことです。

 

僕がサラリーマンだった時は、

 

・未経験者でも身につけることができる

・学んだことが現実の世界で武器として使える

・今だけでなく、今後も長い期間通用する

 

このような条件をクリアーする技術や専門知識とはなんだろうか?

 

といつも考えていました。

 

そして最終的にたどり着いたのがプログラミングでした。

 

今考えても、現実的な選択だったと思っています。

 

プログラミングというと、マニアックな世界に感じる人もいるかもしれません。

 

でも実は、【まったくの素人でも短期間にそれなりの技術を身につけることが可能な数少ない分野の一つ】なんです。

 

それに、何よりありがたいのは時間と場所に縛られないで働くことができる!という点です。

 

また日本では、「プログラマーの供給は完全に不足」しています。

 

将来多くの仕事がAIにとって代わると言われていますが、そのAIを使ってロボットを動かすプログラムは人間がやらなければなりません。

 

だから、技術さえ身につければ「仕事が見つからない方が難しい!」という状況です。

 

そのような状況を総合的に考えて、僕はプログラミングしかない!と思い挑戦しました。

 

しかし最初は、うまくいきませんでした。

 

独学だったので

 

・時間がかかりすぎて効率が悪い

・モチベーションが続かない

・最新のテクノロジー(実用的なテクノロジー)が分からない

 

そんな問題が出てきたのです。

 

もう挫折する寸前でした。

 

何とか挫折しなかったのは、途中からプログラミングスクールに通ったからです。

 

スクールで学ぶと、当然お金がかかります。

 

でも、【一生使える技術を身につけるための投資】なので決して無駄なことではないと思い決断しました。

 

ここで一つアドバイスをします。

 

もし、これからプログラミングに挑戦しようと思うなら、できるだけちゃんとした大手のスクールを選んでください。

 

ネットを見れば、さまざまなプログラミング系のスクールが出ていますが、値段だけを見て決めるのは危険です。

 

というのも、僕は最初に金額の安いスクールに入って失敗した経験があるのです。

 

それで、相当なお金と時間を無駄にしてしまいました。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学ぶべきです。

 

おススメできるスクールはどこですか?と聞かれれば、現時点では【TECHCAMP】と僕は答えています。

 

理由は、1人1人にメンターがついて個別のスケジュール管理や学習アドバイスをしてくれることと、未経験者でも分かるように相当な時間をかけてしっかり学習するスタイルになっていることです。

 

全国の教室を利用して学習することも可能ですし、オンラインのみの学習も可能です。

 

本気で人生を変えたいと思うのなら絶対おススメです。【TECHCAMP】

 

**************************

 

ちょっと話が長くなりましたが、【あなたには充実した人生を送る権利がある!】ということをどうか忘れないでください。

 

そして人生を変えるには、【リスクを取ってチャレンジする必要がある】ということです。

 

因みに僕の友人も、僕のススメでプログラミングを学び、独立を果たし人生を変えました。

 

プログラミングだろうが他の方法だろうが何でもいいので、技術や専門知識をつけて新しい世界に挑戦してみてください。

 

でも失敗したら怖いな、今の仕事は嫌だけど、チャレンジはしたくないな・・・

 

そう思っていたら、一生、自分の道は見つけられません。

 

本気で現状を変えたいと思うから、この記事をここまで読んだんですよね? 

 

いま動かずにページを閉じたら、明日も同じ生活が続きますよ。

 

繰り返しますが、人生を変えるには、リスクを取ってチャレンジする必要があります。

 

僕が会社を辞めた時、先行きが見えなかったのでとても怖かった事を覚えています。

 

でも、どうしても人生を変えたかったので、自分を信じて挑戦しました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

僕は、あなたの未来を変えることはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか変えることができないのです。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

現状を変えたいと思うなら、勇気をもって一歩を踏み出してください。

 

僕のような平凡な人間でもできたのですから、あなたにもできるはずです。

 

応援してます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。