退職金税金がかかるって知ってますか?

 

実は、所得税住民税がかかるんですよ。

 

だから、

 

「あなたの退職金は2000万円です」

 

と言われても、2000万円まるまるもらえるわけじゃないんです。

 

そこから、税金がガッツリ引かれるんですね。

 

退職金にかかるこの2つの税金、いったいどのくらいかご存知でしょうか!

 

最終的に手元に残る金額は、とても気になりますよね。

 

 

こんにちは!

 

サラリーマンお助け村の村長です。

 

僕が退職した時の話ですが、会社から連絡があった入金額よりもなんと70万円も少ない金額が入金されていました。

 

 

だから、銀行通帳で振込金額を見た時はかなり焦りました(^^;)。

 

これから退職金をもらう予定のある方は、ざっくり手元にどのくらいの金額が残るのか?は絶対知りたいですよね。

 

そこで今回は、実際に入金される金額(=退職金にかかる税金の計算方法)について解説します。

 

できるだけ分かりやすく解説しようとしたら、ちょっぴり長くなってしまいました。

 

でも、

 

自分の退職金の手取り額を計算したい!という方は、順を追って読めば必ず計算できるようになりますよ。

 

それでは参りましょう!

 

 

最初に4つの単語を覚えれば後は簡単なのだ

退職金にかかる税金の計算は、4の単語さえ覚えれば後は簡単です。

 

最初にこの4つを押さえておけば、後の理解がとてもスムーズなのです。

 

なので、言葉の意味はさっぱり!と言う方は、まず最初にざっくり目を通してくださいね。

 

その① 控除   

⇒コウジョと読みます。特定の金額を差し引くことです。

 

その② 所得   

⇒会社が支払う給料の額から必要経費を差し引いたものです。

 

その③ 所得税  

所得に対して課税される税金です。

 

その④ 所得控除

⇒ 所得税の計算をする時に「 所得」から特定の金額を差し引くことです。

 

この後も何度も出てくるので、ここでしっかり覚えておいてくださいね。

 

 

言葉の整理はここまでにして、では本題に入ります。

 

 

退職金から引かれるのは所得税と住民税だけ

退職金にかかる税金は、所得税住民税です。

 

その金額は、次のように計算します。

 

ここでは、まず計算するための事前準備として下記2つの計算をします。

・事前準備1:退職所得の出し方

・事前準備2:退職所得控除の出し方

 

「事前準備」の計算の後に所得税の出し方住民税の出し方の説明をしますね。

 

事前準備1:退職所得の出し方

まず最初は、退職所得の計算式になります。

 

退職所得とは、退職金に課税される元となる金額のことです。

 

例えば退職金が2000万円あったとしても、税金は2000万円に対してかかるわけではありません。

 

退職所得に課税されます。

 

それではさっそく退職所得の計算式を見てみましょう。

 

退職所得

退職金総額-退職所得控除額 × 0.5  

 

以上。

 

次は、この計算式にでている退職所得控除額の計算方法について説明します。

 

事前準備2:退職所得控除額の出し方

退職所得控除の計算方法は、勤続年数が20年を超えるかどうかで分かれます。

 

勤続年数が20年以下の場合

40万円 × 勤続年数

 

勤続年数が20年を超える場合 

70万円 × (勤続年数 – 20年)+ 800万円

 

となります。

 

以上。

 

なお退職所得控除には、復興特別所得税所得税額x2.1%)というものが上乗せされます。

 

では、いよいよ所得税の計算方法にまいります。

 

その後に住民税の計算方法を説明し、最後にモデルケースの計算例を紹介します。

所得税の計算方法

退職金にかかる所得税の計算方法は、次の式で計算できます。

 

退職金にかかる所得税

=退職所得金額 x(下記表の税率)ー(下記表の控除額)

 

所得税の速算表
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

No.2260 所得税の税率 [平成29年4月1日現在法令等] 国税庁のHPより

 

住民税の計算方法

住民税の計算式はこうなります。

 

退職金にかかる住民税

=退職所得 × 10%-(退職所得 × 10%)x10%

 

ちょっぴり複雑な式ですが、後ほど紹介するモデルケースの例を見れば何となくイメージがつくかと思います。

 

モデルケースで見る具体的な計算例

ではさっそく、具体的なモデルケースで計算してみましょう。

 

まずモデルですがは、こんな方を用意しました。

退職金の総額2000万円

・勤続年数:25年の場合

 

それでは、順番に計算していきましょう。

 

ステップ1:退職所得控除額

モデルケースの方は、勤続年数が20年を超えるのでその計算式は下記になります。 

 

70万円 × (勤続年数 – 20年)+ 800万円

 

退職所得控除額

=70万x(25年-20年)+800万円

=1150万円

 

ステップ2:所得税

所得税を求めるには、下記の①から④までを順番に計算していきます。

 

①:退職所得金額

退職所得金額

=(2000万-1150万円)× 0.5

=425万円

 

②: 所得税額

所得税額

=425万円×20%-42万7,500円

42万2,500円

 

③:復興特別所得税額

復興特別所得税額

=42万2500円×2.1%

8,872円      

 

④:最終の所得税

*最終的な所得税は、②の所得税額に③の復興特別所得税額が上乗せされた金額になります。

最終的な所得税

=42万2500円+8872円

43万1372円 

 

ステップ3:住民税

住民税を求めるには、下記の①から③までを順番に計算していきます。

 

①:控除前の住民税額

控除前の住民税額=85万円

 

②:住民税の控除額

控除額=8万5000円            

 

③:最終的な住民税

*最終的な住民税の計算式は(控除前の住民税額)-(住民税の控除額)になります。

最終的な住民税

=85万ー8万5000円

76万5000円 

 

ステップ4:最終的な手取り額

*退職金の手取り額の計算式は収入金額ー所得税ー住民税になります。

最終的な退職金の手取り

=2000万円ー43万1372円ー76万5000円

1880万3628円

 

ということで、退職金の手取り額の計算方法についてみてきました。

 

できるだけ分かりやすく説明したつもりですが、やっぱり複雑ですよね。

 

お疲れさまでした。

 

 

これから独立を検討している方へ

以下は、これから独立を検討している方に僕からのお願いを書いています。

 

まず最初に、

 

何の技術も特技もない人間がいきなり独立しても、現実はかなり厳しいということを是非知っておいてください。

 

だから、もし独立するのであれば何らかの技術を身につけてからの方がいいと思います。

 

会社を辞める時、僕には何の技術も特技も専門知識もありませんでした。

 

年齢は50歳近くになっており、これから先ちょっと不安だなぁ~と感じていました。

 

それで、何か一つでもいいから技術を身につけようと思ったのです。

 

50歳のおっさんが一から学んでも身につけることができる技術はないのかなぁ~と思いながら、必死に探しました。

 

数か月間は探しまくったと思います。

 

あれやこれやと迷いながらも、最終的に僕が消去法でたどり着いたのはプログラマーでした。

 

プログラマーであれば、僕のようなまったくのド素人でもそれなりの技術が身につく可能性があったのです。

 

当初は3ヶ月で技術を身につける予定でした。

 

でも実際は、半年もかかってしまいました(^^;)。

 

覚える力が弱かったのかもしれません。

 

でも半年後には、無事に独立することができました。

 

仕事で毎日パソコンをいじっている方であれば、僕よりはハードルは高くないと思います。

 

だからやってみる価値はあると思います。

 

店舗などを構えるわけではないので初期投資がほとんどかかりませんし、失敗しても失うものは大してありません。

 

因みにプログラマーを目指すのであれば、できるだけちゃんとした大手のスクールで学ぶことをおススメします。

 

僕は最初にちょっぴり安いところに申し込んだのですが、そこはハズレでした。

 

それで、お金と時間を無駄にしたのです。

 

その後、ちょっと高かったけど別のスクールに入りなおして、技術を身につけることができました(^^;)。

 

プログラマー養成スクールと言ってもそれなりにお金はかかるので、変な学校に入って失敗すると痛手が大きいです。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学んだ方が絶対いいと思います。

 

今、僕が絶対おススメするプログラミングスクールは、WebCampProです。

 

WebCampProは、未経験や初心者の方でもエンジニアスキルを身に付けることができるプログラミングスクールです。

 

転職を目指す方だけでなく、僕のように独立を目指す人向けのサポートもしっかりやってくれます。

 

因みに日中はいつでも講師がいるので、自分の好きな時間に学習することが可能です。

 

また専属のアドバイザーがついてくれて、何かといろいろなアドバイスをしてくれます。

 

学ぶ期間は3ヶ月間です。

 

本人の努力次第ですが、頑張ればプログラマーとして独立することができるはずです。

 

独立できれば、会社に属さない生き方をすることができます。

 

そのためには、一歩踏み出すことが大事です。

 

無料のカウンセリングサービスがあるので、まずはそれを受けてみて、それから申し込むかどうかを決めればいいと思います。

 

WebCampPro

 

新しい一歩を踏み出すときは、誰でも最初は怖いものです。

 

でも、その一歩を踏み出すことで新しい未来が開かれます。

 

何事もやってみなければわかりません!

 

そしてやってみた結果、心配していた事のほとんどが起こらないものです。

 

知らない世界に飛び込む時、そこが分からないから不安が先行するだけです。

 

変化を恐れて今の会社にいても、それはリスクを避けた事にはなりません。

 

どんな会社でも倒産しますし、リストラもあるのです。

 

一番のリスクは、現状に甘んじて変化をしないことだと思います。

 

僕が早期退職した時は、先行きが見えなかったのでとても怖かったです。

 

でも、どうしても現状を変えたかった。

 

だから自分を信じて決断し、プログラミングを学びました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

今では、サラリーマン時代よりもはるかに稼げるようになりましたし、自由に使える時間が増えました。

 

自分が本当にやりたいことをやって生活しているので、毎日がとても充実しています。

 

会社を辞めて後悔したことなど、一度もありません。

 

僕は、あなたの未来を切り開くことはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか開くことができないのです。

 

今が、人生を変える転機かもしれません。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

失敗を恐れてはいけません。

 

現状を変えたと悩んでいるなら、まず一歩を踏み出してくださいね。

 

私のような平凡なサラリーマンでも成功できたのですから、あなたにもできるはずです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。