こんにちは。サラリーマンお助け村の村長です。

 

今回は「どうしても上司と合わなくて、毎日職場で苦しんでいる人がとるべき対処法」について考えてみたいと思います。

 

僕は40代の中頃、当時の上司がどうしても合わず、毎日悩んでいました。

 

ある時、その上司から面と向かってこんな事を言われたことがありました。

 

俺はお前が嫌いなんだ!

 

それほど上司は、僕を嫌っていたのです。

 

どうして自分が嫌わていたのか、その理由は分かりませんでした。

 

性格的に合わなかっただけかもしれませんし、僕がその上司にとって邪魔な存在だったのかもしれません。

 

いづれにしろ、そんな上司の下で働く毎日は地獄のようでした。

 

今、かつての僕と同じような苦しみを感じながら働いている人はたくさんいるのではないでしょうか。

 

そんな人に、僕の経験を踏まえて上司合わない時に使うべき対処法についてお伝えします。

 

 

心が軽くなった対処方法とそのワケ

助けてくれる人を大事にする

上司との関係が最悪になっても、社内にはいつも助けてくれる同僚がいました。

 

当時、僕はある営業事務をサポートしている女性に救われた経験があります。

 

 

 

その人は、僕が仕事で困っている時にできるだけ助けてあげよう!という気持ちを持っている人でした。

 

だから出張があれば、僕は日ごろの感謝の気持ちを込めて、必ずその人だけのお土産を買っていました。

 

 

またその人が仕事を抱えてアップアップしている時は、なるべく手伝うようにしていました。

 

ある時の事でした。

 

まったく話をしたことがない別の部署の人に、こんなことを言われたことがありました。

 

大変そうだけど頑張ってね、困った時は相談してね、できることはサポートするから

 

 

ビックリしました。

 

なんで僕の事を知っているのだろうと思いました。

 

よく話を聞いてみると、営業事務サポートの女性から聞いたとのことでした。

 

そして、僕が上司からひどいパワハラを受けて辛い状況にあるということがどんどん社内に広がっていったのです。

 

 

それからは、いろいろな部署の人が僕を応援をしてくれました。

 

そういうことがあると、ものすごく心強いし、気持ちも明るくなります。

 

あなたの会社にも、必ず助けてくれる人がいると思います。

 

その人を今まで以上に大切にしてください!

 

それが、あなたの重い心を必ず軽くしてくれるからです。

 

 

本当に効果があった対処法とそのワケ

別の上司に自分をアピールする

これは僕の後輩の話です。

 

後輩は、この方法を使って相性の悪い上司がいる職場から抜け出すことに成功しました。

 

彼はもともと優秀なセールスマンだったのですが、当時の上司から徹底的に嫌われて潰されかかっていました。

 

 

彼がとった行動は、休憩時間に喫煙ルームにいる他の部署の管理職の人と世間話をすることでした。

 

やがて彼の人柄に目をつけたある管理職の人が「俺の部署に来ないか」と声をかけたのです。

 

もちろん彼は「よろしくお願いいたします」と答えました。

 

それですぐにその管理職の人が人事部と掛け合って、定期異動の時に彼を自分の部署に異動させたのです。

 

その後、彼は水を得た魚のように生き生きと仕事をしていました。そして今は、管理職になっています。

 

もし、喫煙ルームで他の部署の管理職と世間話をしていなければ、このようなことは決して起こらないでしょう。

 

今の上司がどうしても合わない時、力を持っている別の部署の上司に話しかけることは、とても有効な方法です。

 

うまくいけば、彼のように人生が大きく変わる可能性が大きいのです。

 

 

ちょっとした事だけど効果があった対処法とそのワケ

なるべく関わらないようにする

この対処法、いろいろなところで見かけます。

 

でも同じ職場なのにどうやって関わらないようにすればいいのろう・・・

 

って思いませんか?

 

 

仕事によっては、この対処方法が可能な場合もあれば不可能な場合もあると思います。

 

なのでこれから紹介する方法は、一つの参考例として見ていただければと思います。

 

僕がいた部署では、一週間分の予定を書き込むホワイトボードがありました。

 

毎週金曜日には、翌週の予定を書き込むのです。

 

僕はそこに書かれている上司の予定を見て、自分の予定を調整しました。

 

つまり

 

上司が事務所にいる予定の日は、僕は外出の予定を入れる

 

また

 

上司が外出する予定の日は、なるべく事務処理などの内勤の予定を入れる

 

そのように行動したのです。

 

ちょっとしたことですが、これで上司と顔を合わせる時間が大幅に減ったことは事実です。

 

 

もう一つ僕が実践していた方法は、報告や依頼事項はメモかメールをできるだけ使うと言う方法です。

 

当時の上司は外出していることが多かったので、その時に机の上に要件のメモを置くのです。

 

もしくは報告するタイミングをわざとずらして、上司がいない時にメールで報告したりしました。

 

これもちょっとしたことですが、効果がありますよ。

 

 

やらないよりはマシかもしれない対処法とそのワケ

ストレス発散をする

この対策は、上司が原因でたまったストレスを発散して、現状を乗り切りましましょう!ということです。

 

何だそなことか!

 

 

 

と思うかもしれませんが、やらないよりはやった方がマシです。

 

ストレス発散をするという行為は、上司との関係がそれほど深刻なレベルではない時に有効です。

 

でも、僕のように会社を辞めるところまで追い詰められた状況の時は、それほど大きな効果は期待できません。

 

ストレス発散方法ついては、僕もいろいろ試してきました。

 

そこで、ネットには全く出ていない方法ですが、出勤中にできて、しかも効果抜群の方法を見つけました。

 

僕はこの方法で、精神的にとても救われたと感じています。

 

 

絶対やってはいけない対策法とそのワケ

「上司 合わない 対処法」ネット検索すると、いろいろな対処法が出てきます。

 

でも、はっきり言ってまったくまりススメできない対策法も多々ありました。

 

どうしておススメできないのかそのワケをご説明します。

 

自分の悪いところを振り返ってみる

この対策の主旨は、

 

上司があなたを嫌っているのは、あなたに原因があるのだから自分を振り返って原因究明し自分自身を改善しましょう

 

ということです。

 

しかし、そもそも上司がどうして自分を嫌っているのかは、ほとんどの場合で本当の理由は分からないものです。

 

仮に上司が指摘した欠点が自分にあったとして、それを改善したとしても、それで上司との関係が改善するとは限りません。

 

というか、ほとんどの場合で関係改善はしないでしょう。

 

 

なぜなら上司と合わないほとんどのケースは、性格的に合わない事が原因だからです。

 

だからこの対処法はまったく馬鹿げているというか、苦しんでいるあなたをさらに苦しめてしまう可能性がある対処法だと思うのです。

 

上司の良いところを褒める

これは非常に危険な対処法です。

 

1ミリもおススメできません!

 

なぜなら、上司が心の底からあなたを嫌っているならば、逆効果になるからです。

 

 

あなたが急に上司を褒めるようになったら、上司は優しくなるのでしょうか。

 

そんなことは絶対ありません!

 

特に上司との関係が最悪の時は、心にもない誉め言葉を言うのは自殺行為です。

 

この方法を本当に実践して、痛い目にあった人を僕はたくさん見てきました。

 

だから同じ失敗をしてほしくないのです。

 

仕事だと思って割り切る

この対策の主旨は、

 

上司に嫌われていたって給料が入るのだから割り切りましょう!

 

というものです。

 

でもそんなことは、

 

誰だって分かっています!

 

この記事を読んだいる方は、本当に毎日辛いし耐えられないから、必死に対処法を探しているのではないでしょうか。

 

だから仕事だと思って割り切るというのは、対処法でも何でもないと思うのです。

 

そんなことができるのであれば、そもそも対処法なんて調べませんよね。

 

あなたが本当に知りたいのは、

 

どうしても上司と合わない時にどう行動すればいいのか!

 

ただその事だけですよね。

 

そして、具体的なアドバイスが欲しいんですよね。

 

だから、何の役にも立たない対処法を書いている記事を見ると、本当に腹が立ってしまいます。

 

 

どうしても上司と合わない人へ

いろいろやってみたけど、それでもどうしても上司と合わない場合、あなたがとるべき対処法は一つしかありません。

 

それは、

 

逃げる!

 

しかないのです。

 

しかしそれは簡単なことではありません。

 

僕の場合、逃げる=会社を辞めることでした。

 

僕が会社を辞めたきっかけは、恐ろしい上司の言葉でした。

 

激怒した上司がこう言ったのです。

 

お前をいつか懲戒解雇にしてやる!覚悟してろよ!

 

これを言われた時、僕の心は凍りました。

 

いまだにその時の上司の顔が忘れられません。

 

あの時、僕はこう思いました。

 

このまま会社にいたら、本当にこの人は何かやるだろう。

ワナを仕掛けててやられてしまうかもしれない!

そうなったら退職金さえもらえなくなる!

 

そう、感じたのです。

 

それで僕は退職しました。

 

このような発言を平気でする上司は、もはや人格異常者です。

 

まともに向き合っても、自分が潰されるだけです。

 

話せばわかるというようなレベルの問題ではありません。

 

もし今、あなたが深刻に悩んでいるのならどうか行動してください。

 

上司のために、自分の貴重な人生を潰す必要はありません。

 

会社は、あなたを守ってはくれません。

 

だから自分のことは、自分で守るしかないのです。

 

我慢していれば、そのうち状況が変わるだろうというような他力本願的な考えは捨ててください。

 

人間は追い詰められて窮地に陥ると、自分で誰かに助けを求める力もなくなってしまうのです。

 

我慢しすぎると、僕のようにメンタルをやられていまいます。

 

その会社だけが人生ではありません。

 

どうしても合わなければ、会社を変えればいいのです。
 
 
世の中にはたくさんの会社があります。
 
 
あなたに合う会社が必ずあるのです。
 
 
それを見つけるのも、また人生です。
 

充実した人生を送るために

下記は、今よりも充実した人生を送りたいと願う方に向けて書いています。

 

だから、今の生活に満足している方は、これ以後は読む必要はありません。

 

どうか本気で現状を変えたいと思う方だけお読みください。

 

**************************

 

充実した人生を送るためには、自分で仕事を選ぶことです。

 

誰かに強制的に仕事を押しつけられたり、イヤイヤながら仕方なく働いても充実した人生は送れません。

 

大事なのは、自分の意思で仕事を決めることです。

 

そのためには、まず武器を持つこと。

 

武器を持つとは、自分を売り込むことができる技術や専門知識を持つということです。

 

独立するにしても、転職するにしても、それは同じです。

 

つまり、自分の武器をもつことができれば

 

【手に職をつけたり、自由な働き方ができたり、自分で好きな会社を選ぶ】ことができるのです。

 

つまり自分が主体となって人生を生きることができるのです。

 

とは言っても、働きながら技術や専門知識を身につけるのは大変なことです。

 

僕がサラリーマンだった時は、

 

・未経験者でも身につけることができる

・学んだことが現実の世界で武器として使える

・今だけでなく、今後も長い期間通用する

 

このような条件をクリアーする技術や専門知識とはなんだろうか?

 

といつも考えていました。

 

そして最終的にたどり着いたのがプログラミングでした。

 

今考えても、現実的な選択だったと思っています。

 

プログラミングというと、マニアックな世界に感じる人もいるかもしれません。

 

でも実は、【まったくの素人でも短期間にそれなりの技術を身につけることが可能な数少ない分野の一つ】なんです。

 

それに、何よりありがたいのは時間と場所に縛られないで働くことができる!という点です。

 

また日本では、「プログラマーの供給は完全に不足」しています。

 

将来多くの仕事がAIにとって代わると言われていますが、そのAIを使ってロボットを動かすプログラムは人間がやらなければなりません。

 

だから、技術さえ身につければ「仕事が見つからない方が難しい!」という状況です。

 

そのような状況を総合的に考えて、僕はプログラミングしかない!と思い挑戦しました。

 

しかし最初は、うまくいきませんでした。

 

独学だったので

 

・時間がかかりすぎて効率が悪い

・モチベーションが続かない

・最新のテクノロジー(実用的なテクノロジー)が分からない

 

そんな問題が出てきたのです。

 

もう挫折する寸前でした。

 

何とか挫折しなかったのは、途中からプログラミングスクールに通ったからです。

 

スクールで学ぶと、当然お金がかかります。

 

でも、【一生使える技術を身につけるための投資】なので決して無駄なことではないと思い決断しました。

 

ここで一つアドバイスをします。

 

もし、これからプログラミングに挑戦しようと思うなら、できるだけちゃんとした大手のスクールを選んでください。

 

ネットを見れば、さまざまなプログラミング系のスクールが出ていますが、値段だけを見て決めるのは危険です。

 

というのも、僕は最初に金額の安いスクールに入って失敗した経験があるのです。

 

それで、相当なお金と時間を無駄にしてしまいました。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学ぶべきです。

 

おススメできるスクールはどこですか?と聞かれれば、現時点では【TECHCAMP】と僕は答えています。

 

理由は、他のスクールと比べて相当な時間をかけてしっかり学習するスタイルになっているからです。(因みに最短コースの場合でも10週間程度はかかります)

 

それだけ受講内容が濃いですし、未経験から始めるのであればこのくらいの時間は絶対必要です。

 

オンラインのみの学習も可能ですし、教室(渋谷にある)を利用して学習することは可能です。

 

本気で人生を変えたいと思うのなら絶対おススメです。【TECHCAMP】

 

**************************

 

ちょっと話が長くなりましたが、【あなたには充実した人生を送る権利がある!】ということをどうか忘れないでください。

 

そして人生を変えるには、【リスクを取ってチャレンジする必要がある】ということです。

 

因みに僕の友人も、僕のススメでプログラミングを学び、独立を果たし人生を変えました。

 

プログラミングだろうが他の方法だろうが何でもいいので、技術や専門知識をつけて新しい世界に挑戦してみてください。

 

でも失敗したら怖いな、今の仕事は嫌だけど、チャレンジはしたくないな・・・

 

そう思っていたら、一生、自分の道は見つけられません。

 

本気で現状を変えたいと思うから、この記事をここまで読んだんですよね? 

 

いま動かずにページを閉じたら、明日も同じ生活が続きますよ。

 

繰り返しますが、人生を変えるには、リスクを取ってチャレンジする必要があります。

 

僕が会社を辞めた時、先行きが見えなかったのでとても怖かった事を覚えています。

 

でも、どうしても人生を変えたかったので、自分を信じて挑戦しました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

僕は、あなたの未来を変えることはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか変えることができないのです。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

現状を変えたいと思うなら、勇気をもって一歩を踏み出してください。

 

僕のような平凡な人間でもできたのですから、あなたにもできるはずです。

 

応援してます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。