こんにちは。サラリーマンお助け村の村長です。

 

今回は「どうしても上司と合わなくて、毎日職場で苦しんでいる人がとるべき対処法」について考えてみたいと思います。

 

僕は40代の中頃、当時の上司がどうしても合わず、毎日悩んでいました。

 

ある時、その上司から面と向かってこんな事を言われたことがありました。

 

俺はお前が嫌いなんだ!

 

それほど上司は、僕を嫌っていたのです。

 

どうして自分が嫌わていたのか、その理由は分かりませんでした。

 

性格的に合わなかっただけかもしれませんし、僕がその上司にとって邪魔な存在だったのかもしれません。

 

いづれにしろ、そんな上司の下で働く毎日は地獄のようでした。

 

今、かつての僕と同じような苦しみを感じながら働いている人はたくさんいるのではないでしょうか。

 

そんな人に、僕の経験を踏まえて上司合わない時に使うべき対処法についてお伝えします。

 

 

 

心が軽くなった対処方法とそのワケ

助けてくれる人を大事にする

上司との関係が最悪になっても、社内にはいつも助けてくれる同僚がいました。

 

当時、僕はある営業事務をサポートしている女性に救われた経験があります。

 

 

 

その人は、僕が仕事で困っている時にできるだけ助けてあげよう!という気持ちを持っている人でした。

 

だから出張があれば、僕は日ごろの感謝の気持ちを込めて、必ずその人だけのお土産を買っていました。

 

 

またその人が仕事を抱えてアップアップしている時は、なるべく手伝うようにしていました。

 

ある時の事でした。

 

まったく話をしたことがない別の部署の人に、こんなことを言われたことがありました。

 

大変そうだけど頑張ってね、困った時は相談してね、できることはサポートするから

 

 

ビックリしました。

 

なんで僕の事を知っているのだろうと思いました。

 

よく話を聞いてみると、営業事務サポートの女性から聞いたとのことでした。

 

そして、僕が上司からひどいパワハラを受けて辛い状況にあるということがどんどん社内に広がっていったのです。

 

 

それからは、いろいろな部署の人が僕を応援をしてくれました。

 

そういうことがあると、ものすごく心強いし、気持ちも明るくなります。

 

あなたの会社にも、必ず助けてくれる人がいると思います。

 

その人を今まで以上に大切にしてください!

 

それが、あなたの重い心を必ず軽くしてくれるからです。

 

 

本当に効果があった対処法とそのワケ

別の上司に自分をアピールする

これは僕の後輩の話です。

 

後輩は、この方法を使って相性の悪い上司がいる職場から抜け出すことに成功しました。

 

彼はもともと優秀なセールスマンだったのですが、当時の上司から徹底的に嫌われて潰されかかっていました。

 

 

彼がとった行動は、休憩時間に喫煙ルームにいる他の部署の管理職の人と世間話をすることでした。

 

やがて彼の人柄に目をつけたある管理職の人が「俺の部署に来ないか」と声をかけたのです。

 

もちろん彼は「よろしくお願いいたします」と答えました。

 

それですぐにその管理職の人が人事部と掛け合って、定期異動の時に彼を自分の部署に異動させたのです。

 

その後、彼は水を得た魚のように生き生きと仕事をしていました。そして今は、管理職になっています。

 

もし、喫煙ルームで他の部署の管理職と世間話をしていなければ、このようなことは決して起こらないでしょう。

 

今の上司がどうしても合わない時、力を持っている別の部署の上司に話しかけることは、とても有効な方法です。

 

うまくいけば、彼のように人生が大きく変わる可能性が大きいのです。

 

 

ちょっとした事だけど効果があった対処法とそのワケ

なるべく関わらないようにする

この対処法、いろいろなところで見かけます。

 

でも同じ職場なのにどうやって関わらないようにすればいいのろう・・・

 

って思いませんか?

 

 

仕事によっては、この対処方法が可能な場合もあれば不可能な場合もあると思います。

 

なのでこれから紹介する方法は、一つの参考例として見ていただければと思います。

 

僕がいた部署では、一週間分の予定を書き込むホワイトボードがありました。

 

毎週金曜日には、翌週の予定を書き込むのです。

 

僕はそこに書かれている上司の予定を見て、自分の予定を調整しました。

 

つまり

 

上司が事務所にいる予定の日は、僕は外出の予定を入れる

 

また

 

上司が外出する予定の日は、なるべく事務処理などの内勤の予定を入れる

 

そのように行動したのです。

 

ちょっとしたことですが、これで上司と顔を合わせる時間が大幅に減ったことは事実です。

 

 

もう一つ僕が実践していた方法は、報告や依頼事項はメモかメールをできるだけ使うと言う方法です。

 

当時の上司は外出していることが多かったので、その時に机の上に要件のメモを置くのです。

 

もしくは報告するタイミングをわざとずらして、上司がいない時にメールで報告したりしました。

 

これもちょっとしたことですが、効果がありますよ。

 

 

やらないよりはマシかもしれない対処法とそのワケ

ストレス発散をする

この対策は、上司が原因でたまったストレスを発散して、現状を乗り切りましましょう!ということです。

 

何だそなことか!

 

 

 

と思うかもしれませんが、やらないよりはやった方がマシです。

 

ストレス発散をするという行為は、上司との関係がそれほど深刻なレベルではない時に有効です。

 

でも、僕のように会社を辞めるところまで追い詰められた状況の時は、それほど大きな効果は期待できません。

 

ストレス発散方法ついては、僕もいろいろ試してきました。

 

そこで、ネットには全く出ていない方法ですが、出勤中にできて、しかも効果抜群の方法を見つけました。

 

僕はこの方法で、精神的にとても救われたと感じています。

 

もし興味あれば、是非こちらをお読みください

会社ですぐできる!【職場ストレスが絶対解消するとっておきの裏ワザ3選】

 

おススメできない対策法とそのワケ

「上司 合わない 対処法」ネット検索すると、いろいろな対処法が出てきます。

 

でも、はっきり言ってまったくまりススメできない対策法も多々ありました。

 

どうしておススメできないのかそのワケをご説明します。

 

自分の悪いところを振り返ってみる

この対策の主旨は、

 

上司があなたを嫌っているのは、あなたに原因があるのだから自分を振り返って原因究明し自分自身を改善しましょう

 

ということです。

 

しかし、そもそも上司がどうして自分を嫌っているのかは、ほとんどの場合で本当の理由は分からないものです。

 

仮に上司が指摘した欠点が自分にあったとして、それを改善したとしても、それで上司との関係が改善するとは限りません。

 

というか、ほとんどの場合で関係改善はしないでしょう。

 

 

なぜなら上司と合わないほとんどのケースは、性格的に合わない事が原因だからです。

 

だからこの対処法はまったく馬鹿げているというか、苦しんでいるあなたをさらに苦しめてしまう可能性がある対処法だと思うのです。

 

上司の良いところを褒める

これは非常に危険な対処法です。

 

1ミリもおススメできません!

 

なぜなら、上司が心の底からあなたを嫌っているならば、逆効果になるからです。

 

 

あなたが急に上司を褒めるようになったら、上司は優しくなるのでしょうか。

 

そんなことは絶対ありません!

 

特に上司との関係が最悪の時は、心にもない誉め言葉を言うのは自殺行為です。

 

この方法を本当に実践して、痛い目にあった人を僕はたくさん見てきました。

 

だから同じ失敗をしてほしくないのです。

 

仕事だと思って割り切る

この対策の主旨は、

 

上司に嫌われていたって給料が入るのだから割り切りましょう!

 

というものです。

 

でもそんなことは、

 

誰だって分かっています!

 

この記事を読んだいる方は、本当に毎日辛いし耐えられないから、必死に対処法を探しているのではないでしょうか。

 

だから仕事だと思って割り切るというのは、対処法でも何でもないと思うのです。

 

そんなことができるのであれば、そもそも対処法なんて調べませんよね。

 

あなたが本当に知りたいのは、

 

どうしても上司と合わない時にどう行動すればいいのか!

 

ただその事だけですよね。

 

そして、具体的なアドバイスが欲しいんですよね。

 

だから、何の役にも立たない対処法を書いている記事を見ると、本当に腹が立ってしまいます。

 

今やるべきたった一つのこと

 

ほとんどの人は、悩んでいるけど行動に移せません。

 

本当に悩んでいるのであれば、行動を起こさなければ何も変わりません。

 

行動を起こせる人と起こせない人の差は、とってもシンプルです。

 

それは、

 

一歩踏みだせるかどうか!

 

ただこれだけなんです。

 

だからあなたが現状を変えたいと願うなら、その時点ですぐに一歩踏み出すべきなのです。

 

でも、ただやみくもに動いてはいけません。

 

まず最初は心理的に負担のかからない簡単なことから一歩前に出るのです。

 

例えば、まず最初は今あなたの頭の中にあるモヤモヤを整理してみることです。

・もし、今の会社を辞めたらどうするのか?

・お金は大丈夫だろうか? 

・最悪の場合は、実家に頼れるだろうか?

・次の就職先はどうやって探せばいいのかな?

・自分に合った仕事ってなんだろう?

・会社にはどのように切り出そうか?

などなど、頭の中にある漠然とした不安や悩みを思い浮かべてください。

 

思い浮かべたらざっくりと先順位をつけてみましょう。

 

そして、優先順位の一番高い悩みだけを考えましょう。

 

例えば、

 

・もし、今の会社を辞めたらどうするのか?

 

これが優先順位で一番高い悩みであるならば、その事に対するざっくりした対策を考えるのです。

 

例えば

・転職しよう

・専門学校に入って勉強しよう

・フリーとして独立する方法を考えてみよう

・実家に戻ってしばらくゆっくりしよう

 

・・・などなど、人によってさまざまと思いますが、まずはざっくりした今後のイメージを持つことが第一歩になります。

 

イメージを持つことはとっても大事、でもこれをやっていない人は意外と多いのです。

 

・上司が嫌い!

・上司が怖い・・・

・仕事に行きたくない!

 

と頭の中でただグチってるだけでは何も変わりません。

 

我慢していれば、そのうち状況が変わるだろうというような他力本願的な考えは捨てましょう。

 

未来を切り拓くのはあなた自身です。

 

何か始めるのに遅すぎることはない!

 

とよく言いますが、できることなら一日でも早く行動した方が有利なのは間違いありません。

 

行動するのが一日遅れれば、その分だけ状況はどんどん悪くなっていきます。

 

人生は長いと言いますが、永遠ではありません。

 

あなたが活躍できる時間は限られています。

 

パワハラ上司の下で我慢を続けた結果、メンタルがやられてウツになることもあるのです。

 

そうなれば、働き続けることができませんし、下手をすると自主退職する状況になるかもしれません。

 

これは脅しではありません!

 

僕は実際、我慢しすぎてメンタルをやられた経験があります。

 

人間は追い詰められて窮地に陥ると、自分で誰かに助けを求める力もなくなってしまうのです。

 

そうなる前に一歩踏み出すことが大事です。

 

変化を恐れてただ悩んでいるだけではいけません。

 

気がついた時には自分が望む世界への扉が閉ざされていた!ということになるのです。

 

だから、

 

手遅れになる前に、さっさと動けばいいのです!

 

例えば転職するのであれば、今は転職する気がなくても転職サイトに登録だけはしておいた方が絶対いいです。

 

登録自体は5分程度で終わりますし、気になる求人情報をチェックしておくだけであなたには【転職できる】という選択肢が残ります。

 

これから仕事が忙しくなって自分の時間がまったく無くなってしまったら【転職ができる】という選択肢を考える余裕すらなくなってしまいます。

 

だからそうなる前に打つべきなのです。

 

登録するだけなら無料ですし、時間は大してかかりませんので在職中でもすぐにできることです。

 

登録さえしてしまえば、今は転職しなくてもあなたにおススメの求人が定期的にメールで届きますから、自分の可能性を再認識することができます。

 

その結果、気持ちに余裕がでるのです。

 

転職サイトは、大きく分けると転職エージェントと転職サイトがありますが、僕は転職エージェントへの登録をおススメします。

 

なぜなら、転職エージェントは担当のアドバイザーがついて、転職が決まるまでさまざまなフォローしてくれるからです。

例えば、

・履歴書・職務経歴書の作成方法を詳しく指導してくれる

・1人1人に適した企業を探してくれる

・本人の代わりに企業に応募してくれる

・応募先の企業にあなたの長所をアピールしてくれる

・応募先の企業とあなたの間に入って、採用までのやり取りの仲介をしてくれる

・あなたが今お勤めの会社を退職する手伝いをしてくれる

などなど、至れり尽くせりのサービスを無料でしてくれます。

 

一般に公開されている求人だけでなく、非公開な求人も豊富に取り揃えているので、これを活用しない手はありません。

 

だから登録だけは、今すぐやってしまいましょう。

 

転職エージェントの2台巨頭は、リクナビNEXTDODAです。

 

まずはこの2社だけ登録しておけば十分でしょう。

 

因みに3社、4社とたくさん登録すると、情報量が多すぎて何が何だか分からなくなって非効率的です。

 

まずは2社登録してみて、なれてから登録先を増やしましょう。

 

転職に限らず、世の中にはやってみて初めてわかることがたくさんあるのです。

 

だから、やらなければ何も分かりません。

 

もし計画通りいかないのであれば、その時は計画を修正すればいいだけです。

 

そしてまた行動する、これを繰り返すだけで環境はどんどん変わっていきます。

 

繰り返しになりますが、ただ悩んでいても仕方ないのです。

 

自分の中の悩みを無視し続けていても、いつか必ず表面に出て爆発します。

 

だから、悩みがあるならさっさと行動すればいいのです。

 

最初から正しい方法などは誰にも分かりません。

 

もがきながら前に進み、失敗して修整し、そしてまた前に進む、そうやって少しづつ未来が開けていくのです。

 

人生の悩みに関しては、他人ががあなたを助けることはできません。

 

他人はアドバイスやヒントをくれるかもしれませんが、あなたの代わりになって人生を歩むことはできません。

 

最終的に決断して行動するするのはあなた自身なのです。

 

しつこいようですが、

 

今あなたが動かなければ、これからも貴重な時間を無駄に浪費するだけです。

 

そして、失われたその時間は2度と戻ってはこないのです。

 

だから登録だけは、今すぐやってしまいましょう。リクナビNEXTDODA

 

やれることやって、未来を切り開こう!

 

新しい一歩を踏み出すときは、誰でも最初は怖いものです。

 

でも、その一歩を踏み出すことで新しい未来が開かれます。

 

まだ何もしていないのに、失敗した時の心配ばかりしていませんか。

 

繰り返しになりますが、

 

何事もやってみなければわかりません!

 

そしてやってみた結果、心配していた事のほとんどが起こらないものです。

 

知らない世界に飛び込む時、そこが分からないから不安が先行するのです。

 

案ずるより産むが易し

 

昔の人は、素晴らしいことわざを残しました。

 

まさにその通りなのです。

 

変化を恐れて今の会社に留まっていても、それはリスクを避けた事にはなりません。

 

どんな会社でも倒産しますし、リストラもあるのです。

 

また今の日本では、年齢を重ねるほど会社に居づらくなる仕組みになっています。

 

一番のリスクは、現状に甘んじて変化をしないことです。

 

会社を辞めたいという悩みがあるのに行動しない人は、変化やリスクを必要以上に恐れすぎています。

 

会社を辞めたからと言って、人生が終わるわけでも、死ぬわけでもありません。

 

充実した人生をあきらめて、自分の悩みを押し殺す生き方はもうやめませんか。

 

・転職した結果、またブラック企業だったらどうしよう!

・転職しても、またパワハラ上司だったらどうしよう!

 

そんな心配ばかりしても意味がありません。

 

会社を辞めたいと悩んでいるなら、今すぐ動くべきです。

 

今が、人生を変える転機なのです。

 

この転機を逃すと、なかなか動くことはできません。

 

僕も早期退職した時は、先行きが見えなかったのでとても怖かったです。

 

でも、どうしても現状を変えたかった。

 

だから自分を信じて決断し、行動しました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が大きく変わったと思っています。

 

今では、サラリーマン時代よりもはるかに稼げるようになりましたし、自由に使える時間も増えました。

 

自分が本当にやりたいことをやって生活しているので、毎日がとても充実しています。

 

会社を辞めて後悔したことなど、一度もありません。

 

僕は、あなたの未来を切り開くことはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか開くことができないのです。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

失敗を恐れてはいけません。

 

現状を変えたと悩んでいるなら、まずは一歩を踏み出してください。

 

今がその時なのです。

 

転職を考えているのであれば、とりあえず登録だけは今すぐやってしまいましょう。

 

リクナビNEXTDODA

 

あなたの未来が開くことを心から願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 

 

応援してます!

 

 

こちらの記事もおススメします

【職場のモラハラスメント】モラハラ上司の特徴と対策が分かるブログ