50歳と言えば、まだほとんどの人は現役でバリバリ働いていると思います。

 

【人生100年時代】と言われていますから、50歳はまさに人生の折り返し地点です。

 

これまで仕事や家庭のことで頭がいっぱいだった人も、そろそろ人生の後半戦について考えるのではないでしょうか。

 

気持ちの上では「まだまだやれるぞ!」と思っていても、この年代になると身体のあちこちにガタが出てきます。

 

また若いころとは違って、気力も体力的も徐々に衰えてくるものです。

 

これは、誰もが避けることのできない現実です。

 

そんな50歳を迎えた時、あなたは残りの人生をどうやって生きようと考えていますか?

 

こんにちは。サラリーマンお助け村の村長です。

 

僕は50歳の時に早期退職し、フリーランスのライターになりました。

 

定年まで会社で働くのが苦痛でしょうがなかったのです。

 

しかし50歳での退職は、大きな決断でした。

 

フリーランスになれば、毎月安定した給料は手に入らないし、世間体もよくありません。

 

でも、自分の自由に使える時間を手に入れることができました。

 

また、誰からも縛られない生活なので、過度なストレスに悩まされることがなくなりました。

 

そして何より良かったことは、自分の好きな事を仕事にできたことです。

 

これほどありがたいことはないと思います。

 

このように結果として、僕は自分の望む形で第二の人生を送ることができました。

 

だから早期退職して本当によかったと思ってますし、会社を辞めて後悔したことなど一度もありません。

 

でも人によって置かれた状況はさまざまですから、僕と同じ方法でうまくいくとは限らないし、一概にこうすればいいという答えもないでしょう。

 

ただこれから人生の後半戦を迎える人は、【自分がどう生きたいのか】ということを一度しっかり考えることをおススメします。

 

何も考えていないと、日々の忙しさに流されてあっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

定年退職になった時に慌てても、遅いのです。

 

その頃は、気力も体力も今よりは極端に落ちているはずです。

 

だから、そこから新しくな何かを始めること自体、とても厳しいと思います。

 

そういうことを考えると、まだ気力も体力も残っている50歳から残りの人生の対策を立てるべきと思います。

 

今回は、今後の生き方を考える人に参考になりそうな2つことをお伝えします。

 

何かのヒントして、あなたの今後の生き方の選択肢を増やしてください。

 

因みに、僕がネットビジネスで稼ぐまでの道のりについてはこちらにまとめました。
50歳で早期退職する人は必見!僕がネットビジネスで稼ぐまでの道のり

 

 

いつ死んでもいいと思える生き方を目指す

これは、「死ぬ時に後悔しないように今を生きる」ということです。

 

人は生まれた時から死に向かっています。

 

これは誰もが逃れられない運命です。

 

特に50歳を過ぎれば、親や親戚が亡くなったり、知人にも亡くなる人が出てきたりして、今までよりも身近に死を感じるようになるものです。

 

しかし、自分の死がいつ来るのかなんて、誰にも分かりません。

 

死はいつやってくるのか分からないからこそ、いつ死んでもいいように今を生きる必要があるのです。

 

それができれば、いざ人生の終わりが来た時に「もっと〇〇すればよかった」「もっと〇〇したかった」という後悔はしないでしょう。

 

因みに、人が死ぬ直前に後悔する事はなんだと思いますか。

 

ある看護師が、余命数週間の人が語った後悔の言葉をまとめて話題になったことがありました。

 

その中に、こんな後悔の言葉があります。

 

・自分のやりたいことをやらなかった!

 

あ~〇〇すればよかった」と死ぬ直前に後悔しても手遅れです。

 

やりたいことがあるなら、どうすれば実現できるのか今から考えて準備すべきです。

 

気力や体力は、時間の経過とともにどんどん衰えてしまいます。

 

だから一日も早く自分の本当にやりたい事を見つけて、それを実現するための計画を作りましょう。

 

思い立った今が吉日です。

 

是非、やりたい事は我慢せずに実現してください。

 

 

どんな生活を送りたいのイメージする

 

これは、「自分が理想とする生活はどのようなもので、それを実現するためにはどうすればいいのか考える」ということです。

 

自分がどのようなライフスタイルを送りたいのか、考えてことはありますか?

 

僕のサラリーマン時代は、ライフスタイルは理想とは程遠いものでした。

 

でも当時は家族がいたし、家のローンもあったので、理想の生活を追うことを我慢していました。

 

僕が望んだ生活は、もっと穏やかで拘束されないというイメージがありました。

 

特に贅沢したいとか、海外旅行にバンバン行きたいとか、そういうことではありません。

 

僕は単純に、

・自分の好きなことが仕事になる生活

・朝から晩まで会社に拘束されない生活

・上司から理不尽な扱いを受けない生活

 

そんな生活を送りたかったのです。

 

それができたら最高だなぁ~といつも思っていました。

 

でもそんなことを同僚に話すと

 

何贅沢なこと言ってるの

 

とか

 

そんな生活できるわけないじゃん

 

と否定されました。

 

しかし50歳になった時、転機が訪れました。

 

子供が独立し、家のローンがほぼ完済したのです。

 

それで、自分が理想とする生活を手に入れるための計画を必死に考えました。

 

その結果、50歳で早期退職という選択を決断したのです。

 

その後、紆余曲折ありましたが、今は自分が理想と考えていた生活を送っています。

 

もし、理想の生活を思い描いていなかったら、挑戦しようとは思わなかったでしょう。

 

だから自分がどんなライフスタイルを送りたいのかハッキリ考えることは、大事です。

 

一度考えて、是非あなたが望むライフスタイルを残りの人生で実現させてください。

 

関連記事

僕が50歳から【フリーランスのライター】という生き方を選んだ理由

【役職定年後の生き方】50代の方は必見!モチベーションを維持するヒント

50代が考えるべき人生100年時代の生き方とリンダ・グラットン氏の3つの提言

 

 

まとめ

人生の大半は会社での時間です。

 

しかし定年を迎えれば、待っているのは会社以外の時間です。

 

その時、環境の激変をうまく受けれることができますか?

 

何も準備していなければ、オロオロするだけでしょう。

 

そして変化に対応できなかった人は、人生の後半戦を無駄に過ごしてしまう可能性が高いのです。

 

だから、会社人間を卒業した後にどのように生きるのかは、在職中から考える癖をつけることが大事だと思います。

 

どれが正解という答えはありません。

 

大事なのは、どうすれば自分は充実して生きていけるのかをトコトン考えることです。

 

もちろんお金は大事ですが、お金があればすべて解決できる問題ではありません。

 

自分がこれからどう生きたいのか、是非考え抜いてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。