僕は50歳で会社を辞めました。

 

その後、パソコン一つで起業するつもりで頑張ったのですが、まったく収入が入りませんでした。

 

退職して約2年間は、無職無収入だったのです。

 

この話を人にすると、

 

それは大変でしたね。人生のどん底を経験されたんですね。

 

なんて同情されます。

 

でも実際のところ、無職だった2年間はどん底ではありませんでした。

 

先が見えない不安はありましたが、僕は毎日をそれなりに楽しんでいたし、充実した生活を送っていました。

 

世間では無職と言うと、ネガティブなイメージばかりが先行します。

 

人が同情的な目で僕を見るたびに、いつも心の中で無職ですが何かと思っていました。

 

どうして僕がそんな気持ちになれたのか、それは僕の生活方法や考え方の影響が大きかったと思います。

 

当時を振り返えることで、これから無職生活に突入する同志の方の参考になればと思い、記事を書きました。

 

 

自己暗示   

 

僕は超がつくほどの心配性なので、いつも悪い事態を考えていました。

 

例えば

 

もしこのままずっと稼げなかったらどうしよう!

 

とか

 

老後破産したらどうしよう!

 

とか、そんなネガティブなことばかりを考えちゃうんですね。

 

でもそんな風に考えている時は、必ず心のどこかで

 

おいおい、ちょっとネガティブすぎるだろう

 

とツッコミを入れてくれる自分もいました。

 

そして、

 

ネガティブなことは意識して打ち消そう!

 

と考えるようになりました。

 

つまり強制的にネガティブな考え方を頭から排除して、ポジティブな考えを植え付けたのです。

 

その方法はいたって簡単です。

 

それは、毎日の日記に「僕は必ずうまくいくんだ!」と書き続けることでした。

 

また時には、ウォーキング中に声に出して「僕は絶対うまくいく!」と言い続けました。

 

意識して、自己暗示をかけたのです。

 

僕は暗示にかかりやすいタイプなのか、毎日繰り返すことでネガティブな発想をすることが激減しました。

 

まさに「信じる者は救われる」でした。

 

人とのつながり

当時は、一日の大半をパソコンの前に座って作業をしていました。

 

だからどうしても孤独になります。

 

一日の中で会話をするのは嫁さんだけです。

 

そんな日が続くと、社会から隔離されているような気持ちになります。

 

でも僕は、自分から人に声をかけるタイプではありません。

 

いつも人から声をかけられるのを待っている方なのです。

 

そんな性格の人間だったので、孤独な状況はどんどん悪化します。

 

僕は基本的に寂しがり屋なので、孤独はつらいのです。

 

半年以上孤独が続いたとき、僕はようやく重たい腰をあげました。

 

意識して自分から人とのつながりを作ろうと思ったのです。

 

でも、リアルな付き合いはハードルが高いので、SNSを活用しました。

 

ツイッターやフェイスブックでつながった人たちに、自分から積極的にコメントを送ったのです。

 

最初は、何でもかんでも友達申請をしていました。

 

そうしたら、怪しげな友達(お金をだまし取るような人たち)が増えてしまいました(笑)。

 

それで、自分が本当に気に入った人以外は全部削除しました。

 

こちらがコメントしても、まったくリアクションのない人もがたくさんいましたが、キチンと返信してくれる人もたくさんいました。

 

やり取りをしていると、孤独な心が癒されました。

 

SNSなどのネット上のつながりでも、孤独を癒す効果は大きいなぁと実感しました。

 

 

ルーティンワーク   

ルーティンワークとは、毎日繰り返し行う作業です。

 

僕の場合、こんなことをルーティンワークにしていました。

・日記

・スカイプやSNSやメールやチャットのチェック

・ブログの分析(PV数や滞在時間やクリック率など)

・情報のチェック(ヤフーニュースやはてBやNewsPicsなど)

・運動(筋トレやウォーキング)

 

ほぼ毎日、土曜も日曜も祝日も関係なくやっていました。

 

ルーティンワークをやると、とっても時間がかかります。

 

僕の場合、毎日3~4時間はルーティンワークに使いました。

 

もちろん、本来の仕事とは別の時間です。

 

でも僕は、毎日のルーティンワークをめっちゃ大事にしていました。

 

なぜなら、いいリズムが生まれるからです。

 

それと、続けることが自分のためになると思えたからです。

 

ハードルの低い内容ばかりなので、継続することはむずかしくはありません。

 

ルーティンワークがあったから、2年間も無収入で頑張り続けることができたと思っています。

 

目標のリセット 

僕は毎朝、その日にやるべきことをマインドマップというツールを使って計画を立てていました。

 

マインドマップツールと言うのは、思いついた事を打ち込んで、優先順位やつながりを簡単に作れるツールで、誰でも無料で使えます。

 

その日の計画は、前日作ったマインドマップに上書きするだけです。

 

だから、作成時間は1分程度しかかかりません。

 

計画ができればれば、後はその内容に従って一つ一つやっていくだけです。

 

でも、突発的な用事が発生したり、体調が悪くなったりなどなど、いろいろな事情で計画通りにいかないことがよくあります。

 

そんな時、僕はすぐに計画を修正しました。

 

実現不可能な計画は意味がないので、その日に実現可能な計画に修正するのです。

 

そんなことを一日の中で何回か繰り返しました。

 

計画を修正する時間は、マインドマップツールを使えば数十秒で終わるので大した手間ではありません。

 

計画を修正すると、また気持ちがリセットされて新鮮な気分で作業に向き合う事が出来ました。

 

そして一日の終わりに「今日も計画通りできた!」という達成感や充実感を感じることができました。

 

 

 あなたの価値は変わらない

 無職時代は、友人や元同僚や親戚からの何気ない一言に傷つくことがよくあります。

 

無職というだけで、人間的な価値を下げられ、社会的なステータスを下げられ、憐みの目で見られ、見下されてしまいます。

 

世間の人は、

・いつまで働かないでブラブラしているの

・きちんと働いてまっとうな生活しなさい

このような目線しか持っていません。

 

でも、僕はブラブラしているのではなく、自分の力で稼ごうともがいていたのです。

 

それを分かってもらおうとしたこともありましたが、無駄でした。

 

だから、稼げるようになるまでは、あまり人と合わないようにしていました。

 

ところが稼げるようになると、僕を見る目線が変わります。

 

まるで僕の人間性が変わったかのようです。

 

でも、無職時代も稼げるようになってからも、僕の人間性は全く変わっていません。

 

もちろん僕自身の価値も、変わっていません。

 

今無職で頑張っている人は、どうかめげずにこのまま頑張ってください。

 

あなたの価値は、あなたにしか分かりません。

 

自分を信じて、頑張りましょう。

 

充実した人生を送るために

下記は、今よりも充実した人生を送りたいと願う方に向けて書いています。

 

だから、今の生活に満足している方は、これ以後は読む必要はありません。

 

どうか本気で現状を変えたいと思う方だけお読みください。

 

**************************

 

充実した人生を送るためには、自分で仕事を選ぶことです。

 

誰かに強制的に仕事を押しつけられたり、イヤイヤながら仕方なく働いても充実した人生は送れません。

 

大事なのは、自分の意思で仕事を決めることです。

 

そのためには、まず武器を持つこと。

 

武器を持つとは、自分を売り込むことができる技術や専門知識を持つということです。

 

独立するにしても、転職するにしても、それは同じです。

 

つまり、自分の武器をもつことができれば

 

【手に職をつけたり、自由な働き方ができたり、自分で好きな会社を選ぶ】ことができるのです。

 

つまり自分が主体となって人生を生きることができるのです。

 

とは言っても、働きながら技術や専門知識を身につけるのは大変なことです。

 

僕がサラリーマンだった時は、

 

・未経験者でも身につけることができる

・学んだことが現実の世界で武器として使える

・今だけでなく、今後も長い期間通用する

 

このような条件をクリアーする技術や専門知識とはなんだろうか?

 

といつも考えていました。

 

そして最終的にたどり着いたのがプログラミングでした。

 

今考えても、現実的な選択だったと思っています。

 

プログラミングというと、マニアックな世界に感じる人もいるかもしれません。

 

でも実は、【まったくの素人でも短期間にそれなりの技術を身につけることが可能な数少ない分野の一つ】なんです。

 

それに、何よりありがたいのは時間と場所に縛られないで働くことができる!という点です。

 

また日本では、「プログラマーの供給は完全に不足」しています。

 

将来多くの仕事がAIにとって代わると言われていますが、そのAIを使ってロボットを動かすプログラムは人間がやらなければなりません。

 

だから、技術さえ身につければ「仕事が見つからない方が難しい!」という状況です。

 

そのような状況を総合的に考えて、僕はプログラミングしかない!と思い挑戦しました。

 

しかし最初は、うまくいきませんでした。

 

独学だったので

 

・時間がかかりすぎて効率が悪い

・モチベーションが続かない

・最新のテクノロジー(実用的なテクノロジー)が分からない

 

そんな問題が出てきたのです。

 

もう挫折する寸前でした。

 

何とか挫折しなかったのは、途中からプログラミングスクールに通ったからです。

 

スクールで学ぶと、当然お金がかかります。

 

でも、【一生使える技術を身につけるための投資】なので決して無駄なことではないと思い決断しました。

 

ここで一つアドバイスをします。

 

もし、これからプログラミングに挑戦しようと思うなら、できるだけちゃんとした大手のスクールを選んでください。

 

ネットを見れば、さまざまなプログラミング系のスクールが出ていますが、値段だけを見て決めるのは危険です。

 

というのも、僕は最初に金額の安いスクールに入って失敗した経験があるのです。

 

それで、相当なお金と時間を無駄にしてしまいました。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学ぶべきです。

 

おススメできるスクールはどこですか?と聞かれれば、現時点では【TECHCAMP】と僕は答えています。

 

理由は、他のスクールと比べて相当な時間をかけてしっかり学習するスタイルになっているからです。(因みに最短コースの場合でも10週間程度はかかります)

 

それだけ受講内容が濃いですし、未経験から始めるのであればこのくらいの時間は絶対必要です。

 

オンラインのみの学習も可能ですし、教室(渋谷にある)を利用して学習することは可能です。

 

本気で人生を変えたいと思うのなら絶対おススメです。【TECHCAMP】

 

**************************

 

ちょっと話が長くなりましたが、【あなたには充実した人生を送る権利がある!】ということをどうか忘れないでください。

 

そして人生を変えるには、【リスクを取ってチャレンジする必要がある】ということです。

 

因みに僕の友人も、僕のススメでプログラミングを学び、独立を果たし人生を変えました。

 

プログラミングだろうが他の方法だろうが何でもいいので、技術や専門知識をつけて新しい世界に挑戦してみてください。

 

でも失敗したら怖いな、今の仕事は嫌だけど、チャレンジはしたくないな・・・

 

そう思っていたら、一生、自分の道は見つけられません。

 

本気で現状を変えたいと思うから、この記事をここまで読んだんですよね? 

 

いま動かずにページを閉じたら、明日も同じ生活が続きますよ。

 

繰り返しますが、人生を変えるには、リスクを取ってチャレンジする必要があります。

 

僕が会社を辞めた時、先行きが見えなかったのでとても怖かった事を覚えています。

 

でも、どうしても人生を変えたかったので、自分を信じて挑戦しました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

僕は、あなたの未来を変えることはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか変えることができないのです。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

現状を変えたいと思うなら、勇気をもって一歩を踏み出してください。

 

僕のような平凡な人間でもできたのですから、あなたにもできるはずです。

 

応援してます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。