50代のおっさんが会社を辞めればどうなるか?

 

ネットで検索すると、家庭崩壊!とか、家計破綻!とか・・・そんな不安を煽るような情報ばかりがたくさん出てきます。

 

でも私が実際に会社を辞めてみたら、そんなことはまったくありませんでした。

 

不安を煽るような記事を書いた人たちは、おそらく実際に早期退職したことがないのに記事を書いているのではないでしょうか。

 

もちろん人によって状況はさまざまなので、一概に大丈夫とは言えません。

 

しかし、少なくとも私は特別なケースだとは思っていません。

 

ごく普通のどこにでもいるような平凡なサラリーマンだったと思っています。

 

会社辞めたいと悩んでいる方

仕事で嫌で毎日辛い思いをしている方

 

そんなサラリーマンはたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

中高年が会社を辞めることに否定的な意見が多い中、私の体験談は何かしらの参考になるのでは思ってこの記事を書きました。

 

何かのお役に立てば幸いです。

 

 

実際に辞めて分かった早期退職のリアル

 

毎日会社を会社を辞めたいと思いながら働いていた私は、50歳の時に本当に退職してしまいました。

 

特に大きな財産があったわけでもなく、特別な技術も資格もなく転職先の目途がついていたわけでもありません。

 

だから不安はありました。

 

在職中は、退職後の世界をリアルに想像できなかったので、実際に退職した人の体験談を必死に読んでいました。

 

毎日の通勤電車の中で「早期退職 体験」とか「脱サラ 独立」とかとか・・・そんなキーワードをスマホに打ち込んで情報をかき集めていました。

 

しかし、なかなか自分のケースにピタリと当てはまるような体験談や情報は見つかりませんでした。

 

そんな状態でしたが、エイヤー!と私は早期退職に踏み切ったのです。

 

それから数年経った今、私が今感じる正直な気持ちは

 

あ~、こういう生活もあったんだな!

 

今までなんてもったいない生き方をしていたんだろう!

 

これがリアルな実感です。

 

サラリーマン在職中は、

・辞めたら収入がなくなる!

・収入が無くなったら家族が路頭に迷う!

・だから死ぬほどつらいけどやめるわけにはいかない!

 

このような考えがグルグル頭の中で回りだし、出口が見えない暗闇の中でもがいているようでした。

 

しかし一方では、

 

・仮に辞めたとしたら、何年ぐらいは無収入で食べていけるだろうか?

 

・私のような平凡な人間が会社に頼らず本当に生きていけるのだろうか?

 

・50歳でやめて1人でできる仕事には、いったい何があるのだろうか?

 

そんなことも考えていました。

 

最終的に決断できたのは、家族の後押しがあったからです。

 

もしあのまま会社にしがみついていたら、私は今も後悔しながら毎日を送っていたでしょう。

 

人生で一番大切なことは、

 

ほんとに自分がやりたかったことをやろうとしたのか!

 

だと思っています。

 

・非常識だから

・他人の目があるから

・世間体が悪いから

 

そんなことを理由にして我慢するよりは、ただ自分のやりたいことに正直に生きることのほうがよっぽど大事だと思うのです。

 

ネット情報は不安を煽るものばかりだった! 

 

「早期退職 必要な貯蓄額」とネットで検索すると、一番最初に出てきたサイトにはこのように書かれていました。

 

50歳で必要な貯蓄額は8400万円以上、40歳だと1億2000万円以上!

 

これってどう思いますか?

 

金額が現実離れしすぎているというか、私にはまったくピンときませんでした。

 

ほかのサイトをみても、最低3000万以上必要とか、5000万円以上必要とか書かれています。

 

中には最低1億円は絶対に必要!と書かれている記事もありました。

 

いづれにしても、早期退職するには驚くほどの大金が必要だと言うのです。

 

なんでそうなるのでしょうか?

 

記事を読んでみると、だいたいこんなことが書かれていました。

 

●ゆとりある生活には月30万必要だ

●だから死ぬまでの年数x30万が必要だ

●ただ年金があるから、その分を引くと必要なお金はこのぐらいだ!

 

大筋で、これに近いストーリーで記事が書かれているサイトが多いと思います。

 

でもこれって相当なお金持ちじゃないと不可能ですよね。

 

まじめに子供を育てて家のローンを払っている人が、そんな大金を持っているとは思えません。

 

そもそもネットの記事に書かれている生活費、これは平均値です。

 

平均値は、平凡な家庭の生活費ではありません。

 

数字のカラクリに気づかない人が多いと思いますが、平均値は富裕層の生活費が底上げしています。

 

ずば抜けて収入の高い人が、数字に大きな影響を与えているのです。

 

因みに私は嫁さんと2人で暮らしですが、現在の月の出費額はだいたい22~23万円程度です。

 

もちろん節約は意識していますが、この金額でもそれなりに豊かな生活を送れています。

 

年2回は旅行に行きますし、貧乏しているという感覚はまったくありません。

 

だから「50歳で早期退職するには最低〇〇〇万円必要だ!」という情報は、何だかなぁ~と思うのです。

 

もちろん人によっていろいろ状況は違うと思いますが、少なくと夫婦がともに健康であれば、早期退職するのに必ずしも大金は必要ないのではないかというのが私の実感です。

 

 

 

私が辞めた時の資産と出費はこんな感じ

 

会社を辞めた時、我が家の貯金額は300万円しかありませんでした。

 

退職金は、税金が引かれて800万円が入金されました。

 

それに早期退職による割増退職金が500万円

 

なので退職直後の我が家の貯金は1600万円からスタートしました。

 

一方支出ですが、一番大きい住宅ローンの残高が300万、これを退職金を使って完済したので、最終的に手元に残ったのは1300万円でした。

 

これが退職直後の全財産です。

 

因みに教育費は、こどもが成人していたので0円でした。

 

この金額が底をつく前に独立して収入を作ればいい!私はそう考えていました。

 

年間の生活費から逆算すると、

 

今後、いつまで無収入で大丈夫なのか?

 

ということが具体的に見えてきます。

 

このことをきっちり計算したおかげで、自分の置かれている経済状況が分かりました。

 

そのおかげで、不必要に焦ることなくじっくりと独立に向けた準備をすることができたと思います。

 

退職1年目に260万も投資!そのワケは?

退職直後の貯金は1300万円でしたが、私は退職したその年に260万円も自分に投資しました。

 

実に貯金の2割を使ったのです。

 

しかしその後は、ほとんど大きな投資はしていません。

 

でも、退職初年度に大きな投資をしたおかげで、その後の人生がかなりうまくいったと思います。

 

実際に使ったお金の内訳は、軽自動車の購入代が140万、独立のために通った学校の授業料が100万、パソコン代が20万円です。

 

 

これらは独立するために必要不可欠と判断したので、思い切って投資しました。

 

なぜ軽自動車が必要なの?と思われるかもしれませんが、退職してから車で移動する機会がものすごく増えたのです。

 

今まで使っていた自家用車は、燃費がとても悪くてちょっとの移動でもガソリン代がかかりました。

 

当時収入がなかった私は、ガソリン代がかさむのが嫌で極力外出しなかったのです。

 

その結果、私は家に引きこもるようになってしまいました。

 

そのことがマイナスに作用して、独立に向けた準備にいろいろと悪い影響がでてきたのです。

 

そこで思い切って燃費のいい軽自動車に切り替えました。

 

燃費重視で購入した軽自動車なので、ガソリン代が気にならなくなり行動範囲が広がりました。

 

結果として、情報収集面でも精神面でもプラスになることが多かったと感じています。

 

また、勉強のために100万円を投資して学校に入りました。

 

最初はお金をかけたくなかったので、ネットで情報を集めながら独立に向けた勉強を1人で頑張っていました。

 

しかし、タダで得られる情報だけではどうしても限界があります。

 

実際に起業するところまではいきません。

 

また、だれにも頼らず一人で頑張っていると自分が今やっている方向は本当に正しいのか? そういう不安が常に付きまといます。

 

悩んだ末、お金を払ってでも信頼できる人の教えを受けるべきだという結論になったのです。

 

結果として、私は無事に独立することができました。

 

一人で頑張っていたのでは、とても独立まではいかなかったと思います。

 

100万の投資は勇気がいりましたが、1年後には元を取り戻すことができました。

 

思い切って投資して、本当によかったと思います。

 

 

 

これから独立を検討している方へ

もうサラリーマンは嫌だ、できれば手に職をつけて誰からも振り回されたくない!

 

これから書くことは、そんな方に向けた僕からのお願いです。

 

まず最初に、

 

僕のように何の技術も特技もない人間がいきなり独立しても、現実はかなり厳しいということを是非知っておいてください。

 

だから、もし独立するのであれば何らかの技術を身につけてからの方がいいと思います。

 

会社を辞める時、僕には何の技術も特技も専門知識もありませんでした。

 

年齢は50歳近くになっており、これから先ちょっと不安だなぁ~と感じていました。

 

それで、何か一つでもいいから技術を身につけようと思ったのです。

 

50歳のおっさんが一から学んでも身につけることができる技術はないのかなぁ~と思いながら、必死に探しました。

 

数か月間は探しまくったと思います。

 

あれやこれやと迷いながらも、最終的に僕が消去法でたどり着いたのはプログラマーでした。

 

プログラマーであれば、僕のようなまったくのド素人でもそれなりの技術が身につく可能性があったのです。

 

当初は3ヶ月で技術を身につける予定でした。

 

でも実際は、半年もかかってしまいました(^^;)。

 

覚える力が弱かったのかもしれません。

 

でも半年後には、無事に独立することができました。

 

仕事で毎日パソコンをいじっている方であれば、僕よりはハードルは高くないと思います。

 

だからやってみる価値はあると思います。

 

店舗などを構えるわけではないので初期投資がほとんどかかりませんし、失敗しても失うものは大してありません。

 

因みにプログラマーを目指すのであれば、できるだけちゃんとした大手のスクールで学ぶことをおススメします。

 

僕は最初にちょっぴり安いところに申し込んだのですが、そこはハズレでした。

 

それで、お金と時間を無駄にしたのです。

 

その後、ちょっと高かったけど別のスクールに入りなおして、技術を身につけることができました(^^;)。

 

プログラマー養成スクールと言ってもそれなりにお金はかかるので、変な学校に入って失敗すると痛手が大きいです。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学んだ方が絶対いいと思います。

 

ネットで探せばいろいろ出てくるので、自分で検討して選べばいいでしょう。

 

でも、どこを選べばいいのか分からないという方には、WebCampProをおススメします。

 

WebCampProは、未経験や初心者の方でもエンジニアスキルを身に付けることができるプログラミングスクールです。

 

僕のように独立を目指す人向けのサポートもしっかりやってくれます。

 

因みに日中はいつでも講師がいるので、自分の好きな時間に学習することが可能です。

 

また専属のアドバイザーがついてくれて、何かといろいろなアドバイスをしてくれます。

 

学ぶ期間は3ヶ月間です。

 

本人の努力次第ですが、頑張ればプログラマーとして独立することができるはずです。

 

独立できれば、会社に属さない生き方をすることができます。

 

そのためには、一歩踏み出すことが大事です。

 

無料のカウンセリングサービスがあるので、まずはそれを受けてみて、それから申し込むかどうかを決めればいいと思います。

 

WebCampPro

 

新しい一歩を踏み出すときは、誰でも最初は怖いものです。

 

でも、その一歩を踏み出すことで新しい未来が開かれます。

 

何事もやってみなければわかりません!

 

そしてやってみた結果、心配していた事のほとんどが起こらないものです。

 

知らない世界に飛び込む時、そこが分からないから不安が先行するだけです。

 

変化を恐れて今の会社にいても、それはリスクを避けた事にはなりません。

 

どんな会社でも倒産しますし、リストラもあるのです。

 

一番のリスクは、現状に甘んじて変化をしないことだと思います。

 

僕が早期退職した時は、先行きが見えなかったのでとても怖かったです。

 

でも、どうしても現状を変えたかった。

 

だから自分を信じて決断し、プログラミングを学びました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

今では、サラリーマン時代よりもはるかに稼げるようになりましたし、自由に使える時間が増えました。

 

自分が本当にやりたいことをやって生活しているので、毎日がとても充実しています。

 

会社を辞めて後悔したことなど、一度もありません。

 

僕は、あなたの未来を切り開くことはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか開くことができないのです。

 

今が、人生を変える転機かもしれません。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

失敗を恐れてはいけません。

 

現状を変えたと悩んでいるなら、まず一歩を踏み出してくださいね。

 

私のような平凡なサラリーマンでも成功できたのですから、あなたにもできるはずです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。