スポンサーリンク

仕事辞めたくて、50歳で本当に退職してしまった オッサンです(^^;)。

何の特技もなく、資格もない平社員だった僕は、勢いだけで退職を断行しました。

会社を辞める時は複数の同僚から、やめた方がいいよ、絶対後悔するから!と何度も言われました。

普通はそこで冷静になってあきらめるものですよね。

でも僕は、仕事をしている時間が超がつくほどつまらなくて我慢ができなかったのです。

 

早いもので、早期退職して4年目に突入しました。

山あり谷ありといろいろありましたが、退職を後悔したことは一度もありません!

退職を断行して本当によかったと思っています。

この気持ちは、退職してから一貫して変わりません。

 

辞めたいけれど決断できない!という方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、50歳で本当に退職した僕のリアルな一日を公開することにしました。

 

理由は、退職してからの生活がどんなものなのか?を知ってほしかったからです。

早期退職した人の生活って、謎に包まれていませんか?

僕は退職する前に、実際に辞めた人の生活にとても興味がありました。

でも、なかなかリアルな体験談ってないんですよね。

だから今回、僕が書くことにしました。

 

僕は、特殊な例ではありません。(⇦たぶん)

だって、嫁さんがいて、子供がいて、マンションのローンを抱えいるごく普通のサラリーマンでしたから。

どこにでもいそうな50歳のオッサンですよね。

 

前置きが長くなりました(^^;)。

それではさっそく僕のリアルな一日をご紹介します。

 

普段の一日のタイムスケジュール

今は、ほぼ毎日決まった行動をしています。

 

好きな時間に起きて、好きな時間に寝ています!と言いたいところですが、違います。

 

誰かに管理されているわけではないですが、不思議と規則正しい生活をするのが心地よいのです。

 

ありのままをお伝えしたので、正直にカミングアウトしますね。

 

歳のせいなのか、性格のせいなのか分かりませんが、僕は超がつくほど早起きです(^^;)。

 

今は、毎日3時に起きています(笑)。

 

では早速、僕の1日のタイムスケジュールを発表します。ジャジャーン!

 

3:00~4:00  

    起床⇒洗面⇒家事

4:00~5:30  

    パソコンでお仕事

5:30~6:00 

    朝食(嫁さんと)  

6:00~8:00

    ウォーキング⇒嫁さんを職場に送る

8:00~11:30 

    パソコンでお仕事

11:30~13:00

    昼食(1人で)

13:00~16:00

    パソコンでお仕事

16:00 ~18:00

    嫁さんのお迎え⇒買い物

18:00~19:00

    夕食(嫁さんと)

19:00~20:30

    読書⇒就寝

 

どうですか!

 

あらためて書き出すと、退職前に自分がイメージした通りの一日になっていました。

 

まとめると、こんな感じになります。

 

仕事=約8時間

睡眠=約7時間(仮眠含む)

運動=約1時間(ウォーキングなど)

食事=約2時間

その他=約6時間(家事、移動、買い物、読書など)

計24時間

スポンサーリンク

 

サラリーマン時代は、急な仕事で休日がつぶれたり、接待や出張の連続で体調を壊したりで、理想的な生活と縁がありませんでした。

 

だから働きながら勉強しようと思っても、いつも長続きしません(^^;)。

 

それに、仕事のストレスや上司との人間関係でいつも頭の中がいっぱいでした。

 

退職を断行したから、僕でも新しいビジネスに挑戦することができたと思っています。

 

知識や経験がゼロの状態の人間が、仕事をしながら勉強するというのはとってもハードルが高いんです。

 

もちろん、人によっては働きながら勉強して独立したり、子育てをしながらきっちり収入を上げている人もいます。

 

でも、僕にはムリです!

 

だって、そんな根性ありませんから(笑)。

 

平日の一日の気晴らし

僕も人間なので、気晴らしがないと集中が続きましぇ~ん!

 

ということで、

 

1人で仕事をしている時にやる気が出なかったり、飽きてしまったり、眠くなったらどうしているのか?

 

について、僕が実践している方法を公開したいと思います。

 

起床~朝食まで  

⇒僕は毎日3時起きなので、起きてから朝食までの時間がとても長いです(笑)。この時間帯の気晴らしは、 階段トレーニングです。これは、住んでいるマンションの非常階段(1階~22階)をゆっくり1往復するものです。早朝なので誰にも合いませんし、雨の日も強風の日も寒い日も関係なく一年中使えます。だから、僕だけの最高のトレーニング場なのです。もちろん無料で~す。

 

午前中

⇒この時間帯は、だいたいマクドナルドにいます。でも、やる気が出ない時もあります。そういう時は、車で30分程度のドライブをしています。すると不思議とやる気が復活してくるんです。いつものマックに飽きた時は、ちょっと遠方のマックに行ったりして気晴らしをしています。  

   

午後

⇒この時間の最大の気晴らしは仮眠です。時間はだいたい10分間くらいです。スマホの目覚ましは15分間でセットしますが、いつも10分で自然に目が覚めます。目が覚めてからの2時間は、いつも集中力がとても高い状態が続きます。だから、その日のメインの仕事は、この時間にやって効率を上げています。

 

夕食~就寝まで

⇒この時間は、くつぎタイムと決めているので仕事は一切しません。お酒を飲んでテレビを見たり、風呂に入ったり、好きな本を読んだりするだけです。これが精神的なガス抜きになっているのかなぁと思います。毎日ガス抜きをしているから、ストレス発散したいなぁ!という気持ちが出てこないのです(⇦たぶん)。だから 休日に無理して遠くの観光地に行ってお金を散財して疲れて帰ってくる というようなことをサラリーマン時代によくしていましたが、今はまったくやりません。

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は、50歳で無謀にも早期退職したオッサンのリアルな一日を公開しちゃいました。

 

正直、すご~く恥ずかしかったです(^^;)。

 

だから、リアルな体験談を公表する人が少ないのかなぁ~って思っちゃいました(笑)。

 

僕の平日は、だいたいこんな感じです。

 

ストレスはまったくありません。(⇦当然ですよね(^^;))

 

たまには、旅行に行くこともありますし、観光地に行くこともあります。

 

でも以前のように、絶対行かないと嫌だ!というような気持はないですね。

 

行けたらいいし、行けなくてもいいかなぁ~という感じです。

 

 

会社が好きな人は、サラリーマンとして充実した人生を送れれば、それは素晴らしいと思うのです。

 

では僕は、死ぬほど会社が嫌いだったので、こういう生き方を選択しました。

 

仕事が嫌いでも、家族のために自分の時間をささげて一生懸命働いている人はたくさんいます。

 

そういう人は、本当にエライ!と心から思います。

 

でも、

 

会社に所属しなくてもいい生きていけるよ!

 

知識ゼロから始めても何とかやっていけたよ!

 

ということを伝えたいです。

 

会社だけが人生ではないということを分かってほしいのです。

 

そのために、リアルな僕の一日を公開しました。

 

この記事が、今、悩んでいる人の参考になればとてもうれしいです。

 

こちらの記事もおススメします

会社を辞めたい!50代で本当に退職したから言える実感とは

スポンサーリンク