会社辞めたいけど、本当に辞めていいのか悩んでいる

辞めた後に後悔しないか心配だ

タイミング的に今が辞め時なのか分からない

 

会社を辞めることは、人生にとって大きな決断です。

 

だから、安易に判断してはいけません。

 

誰かの言葉を信じて退職した結果、悲惨な運命を送ることもあります。

 

本当に辞めるべきかどうかは、十分に考えた上で決断する必要があります。

 

しかし、何を基準に判断すればいいのか分からないものです。

 

判断基準がないと、自分の判断が客観的に見て正しいのかが分かりません。

 

そこで今回、辞めるべきか残るべきかの判断基準をまとめました。

 

この記事を読めば、

・今、会社を辞めるタイミングなのか

・それとも会社に残るべきタイミングなのか

 

の判断ができるようになります。

 

 

こんにちは。

 

サラリーマンお助け村の村長です。

 

今の時代、会社を辞める人は驚くほどたくさんいます。

 

例えば新卒の方であれば、入社3年以内に会社を辞める人は3人に1人です。

 

また業種によっては2人に1人が辞めている(新卒者の場合)現状があります。

 

もはや、一つの会社で一生を終える時代ではありません。

 

だからと言って安易に会社を辞めてしまえば、その後に取り返しのつかないことをした!と後悔してしまうこともあるでしょう。

 

・辞めた方がいいと言える場合は、どんな時なのか

・辞めた場合のメリットデメリットはなんなのか?

・辞める前に考えるべきことは?

 

今回は、この3つについて分かりやすく解説しました。

 

あなたの辞め時を判断する参考にしてください。

 

 

即刻辞めた方がいいケースとは

客観的に見てやめた方がいい状況があります。

 

それは

・違法な長時間労働が強制されている

・パワハラを容認する社風

・詐欺まがいの商売でお客をダマしている

・手当の出ないサービス残業を強制されている

・法に触れる行為をしている

 

もしこのような状況であれば、即刻辞めた方がいいでしょう。

 

このような会社に長く勤めても、決して幸せにはなれません。

 

辞めることは、長い目で見れば正しい判断なのです。

 

辞め時と判断すべき5つケースとは

 

その① 自分の成長にならないと感じた時

今の職場に長くいても自分は成長できないと感じているのなら、それは辞め時です。

 

例えば

・この職場で何年頑張っても、たいしたスキルは身につきそうもない

・5年後の自分は、きっと今と変わらないだろうと思う

・毎日ルーティンワークや雑用ばかりの仕事しかさせてくれない

 

あなたがこのように感じるのなら、それは辞め時なのです。

 

その② このままだと精神的におかしくなると感じた時

今はギリギリ耐えているけど、このままだといつか精神的におかしくなってしまうだろうと感じるのなら、それは辞め時です。

 

例えば

・上司から毎日のように怒られている

・先輩や上司に会うのが嫌でたまらないと深刻に悩んでいる

・会社に行くのが苦痛でたまらないと感じている

 

あなたがこのように感じるのなら、辞め時です。

 

もしうつ病などの病気になってしまうと、治療に時間がかかりますし転職も思うようにできません。

 

深刻な状態になる前に判断をする事が大事です。

 

その③ このままだと身体がこわれると感じた時

このまま働き続けるといつか身体をこわすだろうと感じるなら、それは辞め時です。

 

若いからと言って、自分の健康を過信してはいけません。

 

長時間労働や休日出勤を続けて身体を壊すと、その後長い期間苦しむことになりますよ。

 

同僚が頑張っているのだから自分も耐えなきゃと考えてはいけません。

 

なぜなら、限界は人それぞれ違うからです。

 

どうか、自分の身体は自分で守る!という強い気持ちを持ってくださいね。

 

その④ 頑張り続ける意味が分からないと感じた時

このまま働いても、頑張り続ける意味が分からないと感じるのであれば、それは辞め時です。

 

例えば

・希望とかけ離れた部署にいて、今後も異動する見込みがない状況

・いくら頑張っても自分の成長やキャリアにつながらない状況

 

こういう状況であれば、頑張っていること自体の意味が分からなくなります。

 

頑張り続けるのは会社の成長のためではなく、自分の成長のためです。

 

でも会社に洗脳されてしまうと、その事が見えなくなってしまいます。

 

会社のためではなく自分の成長のため!という考え方に変えましょう。

 

その⑤ 毎日辛くて、深刻に悩んでいる時

理由はどうあれ、今あなたが辛くて辛くて深刻に悩んでいる状態なら、それは辞め時です。

 

例えば

・毎日会社に行くのが辛くてしょうがない

・職場のいじめがひどすぎる

・軍隊のような社風がどうしても合わない

・会社の将来性を全く感じない

・上司に合うのが怖くてしょうがない

 

このような理由で深刻な苦痛を感じているなら、理由はどうあれ、それは辞め時です。

 

あなたが毎日苦痛を感じながら過ごす義務などありません。

 

 

若いうちに辞めるメリットとデメリット

 

若いうちに辞めるメリットとは

・年齢的に若いので、何でもやりたいことに挑戦することが可能

・中高年に比べて圧倒的に職種の選択肢が多い

・学生に比べて社会経験があり、自分に合った会社を見つけやすい

 

若いうちに辞めるデメリットとは

・経験やスキルが身についていないので、自分を売り込む武器がない

・転職時に「この人はすぐに会社を辞める人」と思われてしまう

 

ただ実際のところ、入社1年以内に辞めても希望の企業に就職した人はたくさんいます。

 

また入社1年以内に辞めても、本当にやりたい仕事を見つけて充実した毎日を送っている人もたくさんいます。

 

お金が心配な時にやるべき2つのこと

辞めた後の生活はどうしますか。

 

今からお金のことを考えるのは、とても大事です。

 

日本に生活する限り、ただ生きているだけでもお金はかかります。

 

例えば、

退職しても家賃や税金の請求が毎月やってくるのです。

 

ですから、お金の目途が立っていない状態で辞めるのはとても危険です。

 

そこで、お金が心配な時にやるべき2つのことを説明します。

 

その① クレジットカードを作っておこう

既にクレジットカードをお持ちの場合は、問題ありません。

 

でも退職後に新しくクレジットカードを作る場合は、保証する人がいないと作れません。

 

会社を辞めて無職になると、信用がないということで審査が下りないのです。

 

なのでもし今お持ちでない場合は、在職中にカードを作ることをおススメします。

 

その② 一か月の生活費を計算しよう

事情があって実家に頼ることができない人もいるでしょう。

 

そうなると、無収入で生活しなければなりません。

 

辞めた後の生活費は、どのくらいかかるのか計算する必要がありますよね。

 

その時ポイントになるのが、家賃、食費、税金の3つです。

 

家賃と食費は何となくわかるかもしれませんが、税金は今まで給料天引きだったのでなかなか分からないものです。

 

給与明細を見れば金額が記載されていますので、一度目を通すことをおススメします。

 

税金で特に大きいのは住民税と健康保険料です。

 

無職でも給料から引かれていた金額の倍の額が請求されますので注意してください。

(*今までは、会社が半分負担していたからです)

 

因みに失業保険はハローワークに申請してもすぐにはもらえません。

 

申請してから支給されるまでは、約3か月かかります。

 

お金の計算をする時は、この点も注意してくださいね。

 

 

辞める前に考えるべき3つのこと

 

その① 辞めたい原因を明確にしておくこと

辞めたい原因はなんですか?

 

頭では分かっているつもりでも、いざ言語化してみるとむずかしいものです。

 

ここでしっかり原因分析して言語化しておくことは、とても大事です。

 

それは結果として次の仕事を探すときに必ず役に立つのです。

 

自分が辞めたいと思う本当の原因を分かりやすく論理的に説明できるようにしてください。

 

その② 会社や上司に相談してみる

いまさらと思うかもしれませんが、

 

辞める前に会社や上司に相談すること

 

は必ず検討してみてください。相談した結果、

 

意外とすんなり希望が通ることもあよくあります。

 

社員は会社にとって貴重な財産です。

 

ダメもとで相談してみましょう。

 

ただ、まったく話も聞いてくれないような会社であれば、相談する必要はありません。

 

その③ 辞めた後の事を考えてみる

辞めた後のことは、もう決まっているでしょうか。

 

もし全く決まっていないというのであれば、転職先が決まってから辞めることを検討してください。

 

後先考えずに辞めてしまえば、必ず後悔します。

 

ただ、そこまでとても耐えられないという切羽詰まった状況であれば、

 

自分の身体を守ることを最優先に考えて行動

 

してください。

 

 

辞める理由で最も多い3つの不満とは 

 

冒頭でも書きましたが、特に新卒者の場合は3人に1人が会社を辞めています。

 

なぜこれほどの高確率で退職するのでしょうか?

 

ある調査によると、会社を辞める理由は次の3つの不満が原因でした。

 

それは、

①仕事の不満

②人間関係の不満

③労働条件の不満

 

それぞれの中身をもう少し詳しく見てみると・・・

 

①仕事の不満とは

・本当にやりたい仕事じゃなかった

・想像していた仕事内容と違い過ぎた

・仕事がどうしても性に合わない

・仕事にとてもついていけない

②人間関係の不満の中身とは

・上司の価値観についていけない

・先輩のいじめがひどすぎる

・パワハラを受けている

③労働条件の不満の中身とは

・拘束時間が長すぎる

・休日が少なすぎる

・給料が安すぎる

 

因みに調査データーを分析すると、新卒だろうとベテランだろうと辞める理由はだいたい同じ傾向がありました。

 

ただ、違うものが一つあります。

 

それは時代背景です。

 

時代と共に変わってきた価値観

新卒で辞める人が多いのは、それだけ世の中が厳しい状況になってきたこともありますが、

 

世の中の価値観が変わってきたこと

 

大きいのです。

 

今の世の中はものすごいスピードでどんどん変わっています。

 

でも人間は、年をとるほどその変化についていけなくなる動物です。

 

だから年をとるほど、今まで常識として通用していたことが通用しなくなった状況に対応できないのです。

 

その結果、若い人の価値観と年配の人の価値観にギャップが生じているのです。

 

上司や先輩世代の判断基準は、今の若い人には通用しません。

 

時にはゆっくりすることも必要です

ここまで記事を読んでくれた方は、とても真剣に悩まれている方だと思います。

 

そうじゃないと、これほどボリュームのある記事をここまで読むことはできません。

 

それだけあなたは疲れていると思います。

 

そこで最後に僕からのお願いです。

 

どうか疲れた心や身体をゆっくり休めてください

 

ゆっくり旅に出るのもいいでしょう。

心から楽しめることをしてもいいでしょう。

そうして心のリフレッシュができたら

 

自分が本当にやりたいことは何なのか、自分はどんな人生を送りたいのか、

 

ということを、じっくり考えて見てくださいね。

 

充実した人生を送るために

下記は、今よりも充実した人生を送りたいと願う方に向けて書いています。

 

だから、今の生活に満足している方は、これ以後は読む必要はありません。

 

どうか本気で現状を変えたいと思う方だけお読みください。

 

**************************

 

充実した人生を送るためには、自分で仕事を選ぶことです。

 

誰かに強制的に仕事を押しつけられたり、イヤイヤながら仕方なく働いても充実した人生は送れません。

 

大事なのは、自分の意思で仕事を決めることです。

 

そのためには、まず武器を持つこと。

 

武器を持つとは、自分を売り込むことができる技術や専門知識を持つということです。

 

独立するにしても、転職するにしても、それは同じです。

 

つまり、自分の武器をもつことができれば

 

【手に職をつけたり、自由な働き方ができたり、自分で好きな会社を選ぶ】ことができるのです。

 

つまり自分が主体となって人生を生きることができるのです。

 

とは言っても、働きながら技術や専門知識を身につけるのは大変なことです。

 

僕がサラリーマンだった時は、

 

・未経験者でも身につけることができる

・学んだことが現実の世界で武器として使える

・今だけでなく、今後も長い期間通用する

 

このような条件をクリアーする技術や専門知識とはなんだろうか?

 

といつも考えていました。

 

そして最終的にたどり着いたのがプログラミングでした。

 

今考えても、現実的な選択だったと思っています。

 

プログラミングというと、マニアックな世界に感じる人もいるかもしれません。

 

でも実は、【まったくの素人でも短期間にそれなりの技術を身につけることが可能な数少ない分野の一つ】なんです。

 

それに、何よりありがたいのは時間と場所に縛られないで働くことができる!という点です。

 

また日本では、「プログラマーの供給は完全に不足」しています。

 

将来多くの仕事がAIにとって代わると言われていますが、そのAIを使ってロボットを動かすプログラムは人間がやらなければなりません。

 

だから、技術さえ身につければ「仕事が見つからない方が難しい!」という状況です。

 

そのような状況を総合的に考えて、僕はプログラミングしかない!と思い挑戦しました。

 

しかし最初は、うまくいきませんでした。

 

独学だったので

 

・時間がかかりすぎて効率が悪い

・モチベーションが続かない

・最新のテクノロジー(実用的なテクノロジー)が分からない

 

そんな問題が出てきたのです。

 

もう挫折する寸前でした。

 

何とか挫折しなかったのは、途中からプログラミングスクールに通ったからです。

 

スクールで学ぶと、当然お金がかかります。

 

でも、【一生使える技術を身につけるための投資】なので決して無駄なことではないと思い決断しました。

 

ここで一つアドバイスをします。

 

もし、これからプログラミングに挑戦しようと思うなら、できるだけちゃんとした大手のスクールを選んでください。

 

ネットを見れば、さまざまなプログラミング系のスクールが出ていますが、値段だけを見て決めるのは危険です。

 

というのも、僕は最初に金額の安いスクールに入って失敗した経験があるのです。

 

それで、相当なお金と時間を無駄にしてしまいました。

 

最初にケチったために後で後悔するよりは、ちょっと高くても最初からしっかりしたところで学ぶべきです。

 

おススメできるスクールはどこですか?と聞かれれば、現時点では【TECHCAMP】と僕は答えています。

 

理由は、他のスクールと比べて相当な時間をかけてしっかり学習するスタイルになっているからです。(因みに最短コースの場合でも10週間程度はかかります)

 

それだけ受講内容が濃いですし、未経験から始めるのであればこのくらいの時間は絶対必要です。

 

オンラインのみの学習も可能ですし、教室(渋谷にある)を利用して学習することは可能です。

 

本気で人生を変えたいと思うのなら絶対おススメです。【TECHCAMP】

 

**************************

 

ちょっと話が長くなりましたが、【あなたには充実した人生を送る権利がある!】ということをどうか忘れないでください。

 

そして人生を変えるには、【リスクを取ってチャレンジする必要がある】ということです。

 

因みに僕の友人も、僕のススメでプログラミングを学び、独立を果たし人生を変えました。

 

プログラミングだろうが他の方法だろうが何でもいいので、技術や専門知識をつけて新しい世界に挑戦してみてください。

 

でも失敗したら怖いな、今の仕事は嫌だけど、チャレンジはしたくないな・・・

 

そう思っていたら、一生、自分の道は見つけられません。

 

本気で現状を変えたいと思うから、この記事をここまで読んだんですよね? 

 

いま動かずにページを閉じたら、明日も同じ生活が続きますよ。

 

繰り返しますが、人生を変えるには、リスクを取ってチャレンジする必要があります。

 

僕が会社を辞めた時、先行きが見えなかったのでとても怖かった事を覚えています。

 

でも、どうしても人生を変えたかったので、自分を信じて挑戦しました。

 

あの時、勇気を振り絞って決断したから、人生が変わったと思っています。

 

僕は、あなたの未来を変えることはできません。

 

あなたの未来は、あなたの手でしか変えることができないのです。

 

たった1度しかない人生です。

 

どうか、自分のやりたいように思いっきりやってみてください。

 

現状を変えたいと思うなら、勇気をもって一歩を踏み出してください。

 

僕のような平凡な人間でもできたのですから、あなたにもできるはずです。

 

応援してます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。