会社辞めたいけど、本当に辞めていいのか悩んでいる

辞めた後に後悔しないか心配だ

タイミング的に今が辞め時なのか分からない

 

会社を辞めることは、人生にとって大きな決断です。

 

だから、安易に判断してはいけません。

 

誰かの言葉を信じて退職した結果、悲惨な運命を送る結果になることもあります。

 

しかし、そうなっても誰かに責任を押し付けることはできません。

 

自分で決めたことは、自分が背負わなければならないのです。

 

だから、本当に辞めるべきかどうかは、十分に考えた上で決断する必要があります。

 

しかし、何を基準に判断すればいいのか分からないものです。

 

判断基準がないと、自分の判断が客観的に正しいのか分かりません。

 

そこで今回、辞めるべきか残るべきかの判断基準について紹介します。

 

この記事を読めば、

・今、会社を辞めるタイミングなのか

・それとも会社に残るべきタイミングなのか

 

の判断ができるようになります。

 

 

こんにちは。

 

サラリーマンお助け村の村長です。

 

今の時代、会社を辞める人は驚くほどたくさんいます。

 

例えば新卒の方であれば、入社3年以内に会社を辞める人は3人に1人です。

 

また業種によっては2人に1人が辞めている(新卒者の場合)現状もあります。

 

もはや、一つの会社で一生を終える時代ではありません。

 

だからと言って安易に会社を辞めて、その後に取り返しのつかないことをした!と後悔してしまう人が実際にいます。

 

・辞めた方がいいと言える場合は、どんな時なのか

・辞めた場合のメリットデメリットはなんなのか?

・辞める前に考えるべきことは?

 

今回は、この3つについて解説します。

 

あなたの「辞め時」を判断する参考にしてください。

 

 

辞め時と判断すべき5つケースとは

 

その① 自分の成長にならないと感じた時

今の職場に長くいても自分は成長できないと感じているのなら、それは辞め時です。

 

例えば

・この職場であと何年頑張っても、たいしたスキルは身につきそうもない

・5年後の自分は、きっと今と変わらないだろうと思う

・毎日の仕事がルーティンワーク化している

 

もしあなたがこのように感じるのなら、それは辞め時です。

 

ポイントは、何年勤めても「自分の成長が感じられない状況」ということです。

 

そういう環境にいても、ただ時間が過ぎて行くだけで何も身につきません。

 

5年後、10年後の自分を想像した時、今よりも成長している自分になれる環境に行くべきです。

 

その② このままだと精神的におかしくなると感じた時

今はギリギリ耐えているけど、このままだといつか精神的におかしくなってしまうだろうと感じるのなら、それは辞め時です。

 

例えば

・上司から毎日のように怒られている

・先輩や上司に会うのが嫌でたまらないと深刻に悩んでいる

・会社に行くのが苦痛でたまらないと感じている

 

あなたがこのように感じるのなら、それは辞め時です。

 

もしうつ病などの病気になってしまうと、治療に時間がかかりますし転職も思うようにできません。

 

一度精神を病んでしまうと、簡単に回復はできません。

 

もし気力そのものが枯渇してしまうと、もう何もできなくなってしまう可能性もあるのです。

 

深刻な状態になる前に判断をする事が大事です。

 

参考記事

【仕事を辞めたい人へ】うつかな?と思ったら絶対休むべき!と断言する理由

 

その③ このままだと身体がこわれると感じた時

このまま働き続けるといつか身体をこわすかもしれない!と感じるなら、それは辞め時です。

 

若いからと言って、自分の健康を過信してはいけません。

 

長時間労働や休日出勤を続けて身体を壊すと、その後長い期間苦しむことになりますよ。

 

同僚が頑張っているのだから自分も耐えなきゃと考えてはいけません。

 

なぜなら、限界は人それぞれ違うからです。

 

どうか、自分の身体は自分で守る!という強い気持ちを持ってくださいね。

 

参考記事

【長時間労働による過労死】目に見えない「隠れ残業」の実態とは!

 

その④ 頑張り続ける意味が分からないと感じた時

このまま働いても、頑張り続ける意味が分からないと感じるのであれば、それは辞め時です。

 

例えば

・希望とかけ離れた部署にいて、今後も異動する見込みがない状況

・いくら頑張っても自分の成長やキャリアにつながらない状況

 

こういう状況であれば、頑張っていること自体の意味が分からなくなります。

 

頑張り続けるのは会社の成長のためではなく、自分の成長のためです。

 

でも会社に洗脳されてしまうと、その事が見えなくなってしまいます。

 

会社のためではなく自分の成長のため!という考え方に変えましょう。

 

参考記事

会社を辞めたい!50代で本当に退職したから言える実感とは

 

その⑤ 毎日辛くて、深刻に悩んでいる時

理由はどうあれ、今あなたが辛くて辛くて深刻に悩んでいる状態なら、それは辞め時です。

 

例えば

・毎日会社に行くのが辛くてしょうがない

・職場のいじめがひどすぎる

・軍隊のような社風がどうしても合わない

・会社の将来性を全く感じない

・上司に合うのが怖くてしょうがない

 

このような理由で深刻な苦痛を感じているなら、理由はどうあれ、それは辞め時です。

 

あなたが毎日苦痛を感じながら過ごす義務などありません。

 

参考記事

パワハラでうつ病になったり、休職する社員が減らない本当の理由

 

 

若いうちに辞めるメリットとデメリット

 

若いうちに辞めるメリットとは

・年齢的に若いので、何でもやりたいことに挑戦することが可能

・中高年に比べて圧倒的に職種の選択肢が多い

・学生に比べて社会経験があり、自分に合った会社を見つけやすい

 

若いうちに辞めるデメリットとは

・経験やスキルが身についていないので、自分を売り込む武器がない

・転職時に「この人はすぐに会社を辞める人」と思われてしまう

 

ただ実際のところ、入社1年以内に辞めても希望の企業に就職した人はたくさんいます。

 

また入社1年以内に辞めても、本当にやりたい仕事を見つけて充実した毎日を送っている人もたくさんいます。

 

参考記事

転職で失敗する5つの原因はコレ!第二新卒の人がとるべき対策を具体的に紹介

 

お金が心配な時にやるべき2つのこと

辞めた後の生活はどうしますか。

 

今からお金のことを考えるのは、とても大事です。

 

日本に生活する限り、ただ生きているだけでもお金はかかります。

 

例えば、

退職しても家賃や税金の請求が毎月やってくるのです。

 

ですから、お金の目途が立っていない状態で辞めるのはとても危険です。

 

そこで、お金が心配な時にやるべき2つのことを説明します。

 

参考記事

ちょっと待って!会社を辞める前に絶対確認すべき超大事な5つの事

 

その① クレジットカードを作っておこう

既にクレジットカードをお持ちの場合は、問題ありません。

 

でも退職後に新しくクレジットカードを作る場合は、保証する人がいないと作れません。

 

会社を辞めて無職になると、信用がないということで審査が下りないのです。

 

なのでもし今お持ちでない場合は、在職中にカードを作ることをおススメします。

 

その② 一か月の生活費を計算しよう

事情があって実家に頼ることができない人もいるでしょう。

 

そうなると、無収入で生活しなければなりません。

 

辞めた後の生活費は、どのくらいかかるのか計算する必要がありますよね。

 

その時ポイントになるのが、家賃、食費、税金の3つです。

 

家賃と食費は何となくわかるかもしれませんが、税金は今まで給料天引きだったのでなかなか分からないものです。

 

給与明細を見れば金額が記載されていますので、一度目を通すことをおススメします。

 

税金で特に大きいのは住民税と健康保険料です。

 

参考記事

早期退職する方は必見!退職後の住民税はいくらくらいかかるのか

国民健康保険の金額は大体いくら?免除申請と具体的な計算方法について

 

無職でも給料から引かれていた金額の倍の額が請求されますので注意してください。

(*今までは、会社が半分負担していたからです)

 

因みに失業保険はハローワークに申請してもすぐにはもらえません。

 

申請してから支給されるまでは、約3か月かかります。

 

参考記事

【失業保険を貰いながらアルバイト】ってバレる?いえ裏ワザあります!

 

お金の計算をする時は、この点も注意してくださいね。

 

参考記事

早期退職する方は必見!50代で仕事を辞めたら生活費はこうなった!家計管理のコツとは

 

 

辞める前に考えるべき3つのこと

 

その① 辞めたい原因を明確にしておくこと

辞めたい原因はなんですか?

 

頭では分かっているつもりでも、いざ言語化してみるとむずかしいものです。

 

ここでしっかり原因分析して言語化しておくことは、とても大事です。

 

それは結果として次の仕事を探すときに必ず役に立つのです。

 

自分が辞めたいと思う本当の原因を分かりやすく論理的に説明できるようにしてください。

 

その② 会社や上司に相談してみる

いまさらと思うかもしれませんが、

 

辞める前に会社や上司に相談すること

 

は必ず検討してみてください。相談した結果、

 

意外とすんなり希望が通ることもあよくあります。

 

社員は会社にとって貴重な財産です。

 

ダメもとで相談してみましょう。

 

ただ、まったく話も聞いてくれないような会社であれば、相談する必要はありません。

 

その③ 辞めた後の事を考えてみる

辞めた後のことは、もう決まっているでしょうか。

 

もし全く決まっていないというのであれば、転職先が決まってから辞めることを検討してください。

 

後先考えずに辞めてしまえば、必ず後悔します。

 

ただ、そこまでとても耐えられないという切羽詰まった状況であれば、

 

自分の身体を守ることを最優先に考えて行動

 

してください。

 

参考記事

【仕事を辞める勇気が出ない】僕が50歳で体験して分かったこと

 

辞める理由で最も多い3つの不満とは 

 

冒頭でも書きましたが、特に新卒者の場合は3人に1人が会社を辞めています。

 

なぜこれほどの高確率で退職するのでしょうか?

 

ある調査によると、会社を辞める理由は次の3つの不満が原因でした。

 

それは、

①仕事の不満

②人間関係の不満

③労働条件の不満

 

それぞれの中身をもう少し詳しく見てみると・・・

 

①仕事の不満とは

・本当にやりたい仕事じゃなかった

・想像していた仕事内容と違い過ぎた

・仕事がどうしても性に合わない

・仕事にとてもついていけない

②人間関係の不満の中身とは

・上司の価値観についていけない

・先輩のいじめがひどすぎる

・パワハラを受けている

③労働条件の不満の中身とは

・拘束時間が長すぎる

・休日が少なすぎる

・給料が安すぎる

 

因みに調査データーを分析すると、新卒だろうとベテランだろうと辞める理由はだいたい同じ傾向がありました。

 

ただ、違うものが一つあります。

 

それは時代背景です。

 

時代と共に変わってきた価値観

新卒で辞める人が多いのは、それだけ世の中が厳しい状況になってきたこともありますが、

 

世の中の価値観が変わってきたこと

 

大きいのです。

 

今の世の中はものすごいスピードでどんどん変わっています。

 

でも人間は、年をとるほどその変化についていけなくなる動物です。

 

だから年をとるほど、今まで常識として通用していたことが通用しなくなった状況に対応できないのです。

 

その結果、若い人の価値観と年配の人の価値観にギャップが生じているのです。

 

上司や先輩世代の判断基準は、今の若い人には通用しません。

 

参考記事

50代が考えるべき人生100年時代の生き方とリンダ・グラットン氏の3つの提言

 

時にはゆっくりすることも必要です

ここまで記事を読んでくれた方は、とても真剣に悩まれている方だと思います。

 

そうじゃないと、これほどボリュームのある記事をここまで読むことはできません。

 

それだけあなたは疲れていると思います。

 

そこで最後に僕からのお願いです。

 

どうか疲れた心や身体をゆっくり休めてください

 

ゆっくり旅に出るのもいいでしょう。

心から楽しめることをしてもいいでしょう。

そうして心のリフレッシュができたら

 

自分が本当にやりたいことは何なのか、自分はどんな人生を送りたいのか、

 

ということを、じっくり考えて見てくださいね。

 

参考記事

60代から田舎暮らしをする人は必見!地方移住で後悔する事とは?

 

今すぐ辞めた方がいいケースとは

客観的に見てやめた方がいい状況というものがあります。

 

それは

・違法な長時間労働が強制されている

・パワハラを容認する社風

・詐欺まがいの商売でお客をダマしている

・手当の出ないサービス残業を強制されている

・法に触れる行為をしている

 

もしこのような状況であれば、即刻辞めた方がいいでしょう。

 

このような会社に長く勤めても、決して幸せにはなれません。

 

辞めることは、長い目で見れば正しい判断なのです。

 

参考記事

【長時間労働による過労死】目に見えない「隠れ残業」の実態とは!

 

 

以上、【会社を辞めるタイミングと5つの判断基準】についてでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。