3組に1組の夫婦が離婚すると言われていますが、実際の離婚件数は減っています。

 

厚生労働省の人口動態統計の年間推移を見ると、2002年の離婚件数をピークにして減少しているのです。

・2002年の離婚件数 ⇒ 289,836件

・2016年の離婚件数 ⇒ 217,000件

 

このように離婚件数が減る中で、唯一離婚が増えている年代があります。

 

それが70代です。

 

この年代の夫婦は、離婚件数がこの15年間でなんと2倍になっているのです。

 

20年以上連れ添う夫婦が離婚することを熟年離婚と言います。

 

熟年離婚は、2000年頃より急増しています。(下記グラフ参照)

 

引用元:厚生労働省「人口動態統計」

 

上のグラフは、50歳以上の離婚件数の推移ですが、2000年頃から急増し、そのも後高い件数を維持しています。

 

このように増えている熟年離婚ですが、離婚後の人生はどうなっているのでしょうか。

 

実は熟年になって離婚すると、若い人より人生に与える影響が大きいと言われています。

 

特に男性は、熟年離婚することで寿命が短くなっていることが分かっています。

 

国立社会保障人口問題研究所の統計によると、熟年離婚した男性の平均寿命は約10歳も短くなっています。

 

一方女性の方は、平均寿命にほとんど変化がありません。

 

なぜ男性だけ寿命が縮んでしまうのか、熟年離婚を回避するにはどうすればいいのか、原因と対策を紹介します。

 

私のプロフィールはこちらを参照ください。⇒自己紹介

 

関連記事

50代が考えるべき人生100年時代の生き方とリンダ・グラットン氏の3つの提言

 

熟年離婚は孤独の始まり

熟年離婚の場合、ある日突然妻から言われるケースが多いです。

 

妻の方は前々から心を決めており、夫の退職や子供の独立、家のローンの完済など、人生の節目に離婚を切り出します。

 

しかし男の方は、寝耳に水の状態で心の準備をすることができず、ただオロオロしてしまうのです。

 

そして離婚後、多くの男性が孤独に陥ります。

 

なぜなら男性は、女性と比べて新たな人間関係を構築することが苦手だからです。

 

離婚後に新たな人間関係ができないと、脳が委縮したり、人生の満足度が低下したりします。

 

そしてその事が、寿命にも悪い影響を与えているのです。

 

心理学者で神奈川大学人間科学部教授の杉山氏は、こう述べています。

 

人間関係が多すぎるのもストレスになります。しかしそれでも、人間関係のストレスより、孤独のストレスのほうが問題だとされているのです。

 

つまり、孤独そのものが、強いストレスになっているのです。

 

熟年離婚で食生活がみだれる

今、熟年離婚をする年代の男性は、料理経験のない人が多いです。

 

料理をほとんどしたことがない男性が、離婚後に台所に入っても、勝手がわからないのでうまく料理ができません。

 

自分が満足できる料理ができないと、次第に料理すること自体が煩わしいと感じるようになります。

 

その結果、コンビニ弁当とかカップラーメンとか外食とかに偏る生活になってしまい、食生活が乱れるのです。

 

栄養バランスが崩れた食生活を続けていると、当然のことながら健康に悪影響が出てきます。

 

また、酒を飲み過ぎても注意する人がいないので、妻を失った寂しさから毎日泥酔して肝機能障害になる人もいるのです。

 

さらに、たった一人で食事をするので、食べること自体に楽しさを感じなくなり、食が細る人も出てきます。

 

このような食生活の乱れが、結果として寿命を縮めてしまうのです。

平均して寿命は10年縮まる?

国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、離婚をした人は、しなかった人よりも寿命が10年も縮まるという驚きのデータが出ています。

 

同研究所が40才時点での男性の平均余命を調べたところ、

・離婚をしなかった人の平均余命39年

・離婚をした人の平均余命   ⇒28.7年

 

という結果になっており、離婚をすることで男性の平均余命が約10年も縮まっています。

 

但しこの調査データはかなり古く、1995年時点の結果ですので、現在離婚した人の正確な平均余命は分かりません。

 

ただ、離婚することで男性の平均余命が下がるという統計データは海外でも報告されており、離婚が男性の寿命を縮めることは間違いありません。

 

妻が離婚を告げる理由

長年連れ添った夫に妻が離婚を告げるのはなぜでしょうか。

 

神奈川大学人間科学部の杉山教授は次のように語っています。

 

キッカケの多くは夫が妻をまるで自分の付属物のように扱っていると感じたこと

このケースでよくあるパターンは、「俺は会社で稼いでいるんだから、お前(妻)が家事をするのは当たり前だ!」という上から目線の意識です。

 

夫がそのような意識を持っていると、妻との関係は対等ではなくなります。

 

稼いでいない妻は、

・常に夫の下位に位置すると感じたり、

・自分は夫の付属物ではないかと感じたり、

・自分の存在価値が低く見られているのではないかと感じたり、

 

するのです。

 

これが熟年離婚の原因です。

 

また、働く女性が増え、経済力が向上したことも熟年離婚に拍車をかけました。

 

今や女性が自分で稼いで生きていける世の中になったのです。

 

だから夫に対する不満が溜まれば、我慢することなどせずに離婚に踏み切る女性が増えました。

 

タイミング的には、子供が独立して子育てが一段落した時や、夫が定年になり退職金が入った時が多いようです。

 

嫌な記憶ほど残る理由

人間は、過去に経験した嫌なことほどよく覚えています。

 

これは、人間の記憶が「危険を回避するためのリスクセンサー」の役割をしているからです。

 

このため、日常に感じていた幸せな出来事などは、よほどインパクトが強くない限り思い出されることがないのです。

 

その結果、相手に対するイヤなことばかりが記憶を占領し、不平不満が溜まってしまうのです。

熟年離婚されないために

熟年離婚を避けるために、今すぐできる簡単で効果的な方法があります。

 

それは、相手の不満をじっくり聞いてあげることです。

 

男性は悩みを聞く時、すぐに解決策ばかり考えてしまします。

 

しかし悩みを聞くのは、問題の根本原因を解決するためではありません。

 

妻の悩みを共有することに意味があるのです。

 

だから話を聞く時は、親身になって話を聞かなければなりません。

 

そういう夫の態度を見て、妻は「自分の悩みを理解してもらっている」と思い満足するのです。

 

そして、悩みを聞くという行為を繰り返すことで、妻の不満はガス抜きされます。

 

その結果、妻の不満が溜まるということがなくなるのです。

 

明治安田生命が夫婦円満についてアンケートを行っています。

「いい夫婦の日」夫婦に関するアンケート

 

このアンケートの結果を見ると、夫婦が円満であるために大切だと思うことについて最も高いのは、「話をする・聞く」(55.4%)でした。

 

アンケートの結果からも、相手の話を聞くことの重要性が分かります。

 

それ以外の回答で上位にあるのは、

 

・程よい距離感(干渉しすぎない)」(49.1%)

・信頼する(44.0%)

・言葉にして感謝を伝える」(37.1%)

 

となっていました。

 

是非、参考にしてください。

 

妻の悩みとは?

熟年離婚を告げる妻は、どのような悩みを持っているのでしょうか。

 

オールアバウトの執筆者、岡野あつこさんが独自調査した結果を公表しているので、紹介します。

 

第一位:夫が家事を手伝わない

定年後に時間的な余裕ができても、男性が家事を全く手伝わないと妻の不満が溜まります。

 

同じ家に住んで一緒の時間を過ごしているのに、片方は家事に追われ片方は何もしないのでは不満がたまって当然です。

第二位:夫からの心ない言葉

例えば、「誰のせいで生活できると思っているんだ!」的な発言です。

 

日ごろはそのような言葉を言わない男性でも、かっとなった時につい口が滑ることがあるかもしれません。

 

しかしその一言を妻はずっと覚えているのです。

 

まさに「口は禍の元」です。

第三位:夫からの感謝の言葉がない

何をやっても感謝の言葉がないと、妻はむなしさを感じます。

 

感謝の気持ちは、是非、言葉に出して伝えましょう。

 

以上、【熟年離婚が男の寿命を縮める衝撃の事実】今日からできる対策とは!でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。