AI時代が到来すると、今の仕事の大半が人工知能に置き換わると言われています。

 

もしそうなったら、私たちの仕事はなくなってしまうのでしょうか。

 

先日、NHKスペシャル「マネーワールド 資本主義の未来 仕事がなくなる?」ソフトバンクグループ社長の孫正義さんが登場していました。

 

番組の司会者が「我々一般庶民は今後どうすればいいのでしょうか」という問いかけを孫社長にしました。

 

すると孫社長は「1人1人の気の持ちようです」的な発言をしたのです。

 

その発言に対して、番組に同席していた国立情報学研究所の新井教授は 、

 

日本を代表する資本家として無責任な発言」と一喝していました。

 

あなたは、孫社長の発言をどう思いますか。

 

僕は、おそらくほとんどの資本家は、孫社長と同じような考え方をしているのではないだろうかと感じました。

 

つまり多くの資本家は、「AI時代」=「人件費を大幅に削減して儲けることができる時代」という認識を持っていると思うのです。

 

そこには、仕事を奪われた労働者に対する救済の考え方はありません。

 

しかし、資本家にだけ富が集中すれば、最終的に資本主義は崩壊し、資本家も生きていけなくなるのです。

 

 

AI化時代はもう目の前まできていますし、その動きを止めることは誰にもできません。

 

その時、何が起こるのでしょうか。

 

まず最初に、特別な技術や才能がない人は職を失います。

 

ほとんどのサラリーマンは、これに該当するのではないでしょうか。

 

一方で資本家は、これまで以上に巨大な富を手に入れます。

 

その結果、今以上に格差社会が深刻化すると考えられているのです。

 

そんな時代を生き抜くためには何をすればいいのか?

 

今回は、サラリーマンがAI時代を生き抜くために今から準備できることについてまとめました。

 

関連記事

70万人不足!AI時代で変わる仕事と生きるために必要な能力とは

 

 

AI(人工知能)にできる事とは?

まず最初に、人工知能(AI)にできる事は何なのか?という基本的なことについて知っておきましょう。

 

AIができる事を分類すると、大きく3つに分けることができます。それが

・認識能力

・予測能力

・実行能力

 

です。

 

それぞれの能力について、簡単に説明しましょう。

認識能力とは!

認識能力とは、人の声や言葉を認識したり、画像や動画を識別する能力の事です。

 

この能力は、スマホの音声入力や自動翻訳などの分野で既に実用化されています。

 

さらに現在は「人の感情」を認識する能力も開発中で、これが完成すれば、接客業などの分野も自動化が進むと予想されています。

予測能力とは!

予測能力とは、過去の膨大なデーターから未来を予測する能力です。

 

例えば、過去に起きた膨大な気象データーからエリア別時間別の天気を予測すのもその一つです。

 

因みに犯罪の多いアメリカの都市では、AIの予測能力を利用したパトロールが実用化されています。

 

これは、過去に起きた膨大な犯罪データーとその周辺環境の詳細データーをAIが分析して、未来に犯罪が起きる可能性が高い時間と場所を予測しているのです。

 

そしてそこを重点的にパトロールすることで、犯罪率低下に役立てようとしており、実際に成果を上げているのです。

実行能力とは!

実行能力とは、実際に行われる行動です。

 

具体例をあげれば、

・ピッキング工場でAIロボットが必要とされる商品を実際にピッキングする

・ホテルでロボットが実際にルームサービスする

 

などがあります。

 

 

これらの3つの能力(認識能力、予測能力、実行能力)は、組み合わさって使われることで大きな効果を発揮します。

 

例えば、自動運転の車です。

この場合、

・認識能力 ⇒音声で目的地を指定したり、車体の周囲の状況を識別したりする

・予測能力 ⇒事故や渋滞などの道路状況を予測し、最適な経路を見出す

・実行能力 ⇒実際に車を走らせる

 

という感じです。

将来AIに変わる仕事とは

将来、AIに置き換わると予想されている仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、最初にターゲットになるのはマニュアルなどで手順が決められているような定型業務です。

 

代表的なもので言えば、

・データー入力作業

・経理の仕分け作業

・銀行の融資業務

・ホテルのフロント

・コールセンターのオペレーター

 

などがあります。

 

因みにこれらの仕事は、ある日突然AIに変わるわけではありません。

 

まず最初に業務の一部がAIに置き換わり、その後ジワジワとAI化が進み、気がついたらほとんど人がいなくなっているという感じです。

 

では、これから5年後、15年後に影響を受ける仕事を見てみましょう。

 

5年以内に影響を受ける仕事

5年以内に大きな影響を受けると仕事は、

・法律関係の業務

・医療関係の業務

・会計の業務

・税務関連の業務

 

です。

 

これらの仕事はデーターに基づく処理が多いので、AIによって自動化されやすいのです。

 

またこれらの仕事は、高コストなので優先的にAI化が進むと考えられています。

 

15年以内に影響を受ける仕事

15年以内に大きく影響を受ける仕事は、

・警備員などの監視系業務

・オフィスでパソコンを使ったルーティンワーク

 

です。

 

特にルーティンワークについては、在庫を数えたり売上をエクセル表にまとめるような仕事は、ほぼ消滅すると予想されています。

 

その他近い将来影響を受ける仕事

 

その他に近い将来大きな影響を受ける仕事は

・運送業関連

・調理関連

・工場作業員

 

です。

 

運送業関連は、自動運転の発達で、タクシーやバス運転手、配達員、トラックドライバーなどの仕事が激減すると予想されています。

 

調理関連は、特にファーストフードのような熟練した技術を必要とせず、マニュアルで料理が完成するような仕事がロボットに置き換わると予想されています。

 

工場作業員は、職人技術が必要とされていた作業分野まで機械化すると予想されています。

 

 

AI時代に行き残る仕事

それでは、将来AIに奪われない仕事にはどのような仕事があるのでしょうか。

 

オックスフォード大学マイケル・A・オズボーン准教授は、将来AIに奪われない仕事として以下をあげています。

・医師

・教師

・ファッションデザイナー

・エレクトロニクス技術者

・情報通信システム管理者

・弁護士

・ライター

・作家

・ソフトウェアー開発者

・数学者

・旅行ガイド

 

また上記の他にも、

・警察官

・保育士

・カウンセラー

・芸術家や映画監督や芸能人やスポーツ選手

 

なども生き残ると職業に言われています。

 

残念ながら、ホワイトカラーのサラリーマンは入っていません。

AI時代に新たに生まれる仕事

AI時代に新たに生まれる仕事については、専門家の間で意見が分かれておりハッキリとしたことは分かりません。

 

ただ、AIを使う仕事(プログラマーやデーター分析者)などの仕事が増えるの間違いありません。

今から身につけるべきスキル

AI時代を生き抜くために、我々が身につけるべきスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

求められるスキルは、大きく分けると次の4つになります。

・クリエイティブなスキル

・商品価値を生み出すスキル

・データー分析のスキル

・対人スキル

 

それぞれについて、簡単に説明します。

 

クリエイティブなスキル

クリエイティブなスキルとは、新しく何かを生み出すスキルです。

 

代表的な職業をあげれば、デザイナーがあります。

 

例えば建築デザイナーの仕事は、特にAI化が難しいと言われています。

 

その理由は、

①そのデザインが良かったのか悪かったのかの判断に時間を要すので、すぐに白黒の判断がつかないから。

②似たような建築デザインが限られており、データによる試行錯誤ができないから。

 

ということです。

 

逆に言えば、このような特徴を持つ仕事であれば、今後もAI化が難しいと考えれています。

 

商品価値を生み出すスキル

商品価値を生み出すスキルとは、人間ならではの感性によって「モノやサービスに価値を見出すような能力」のことです。

 

他にも、自分から社会の問題点を見つけてそれを解決するような商品を考えるスキルも、これから需要があります。

データー分析のスキル

データー分析のスキルとは、AIを使って膨大なデーターを分析するスキルです。

 

例えばAIがビッグデーターを処理する際、

・そのデーターをどのように処理するのか

・処理したデーターがどのような意味を持つのか

・具体的にどのような形でメリットを出すのか

 

などデーターを分析・加工する人は絶対に必要です。

 

このためプログラマーは今後も必要な職業と考えられています。

対人スキル

対人スキルとは、人との関りで必要とされるスキルです。

 

AIは「心」を持たないので、

・人間同士の関わり合いで仕事をするとか

・組織の中でリーダーシップをとるとか

 

そういうことができません。

 

だから、他人と協力したり何かを成し遂げるような対人スキルは、AI時代でも絶対必要となるのです。

 

 

以上、【AI時代の仕事とスキル】サラリーマンが今から準備できる事って何?でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。