スポンサーリンク

 

こんにちは!「会社を辞めたいと思っている人のための情報館」です。

 

幸せ引き寄せるお金の使い方には3つの法則があるって知っていますか。

 

これは「幸福学」の権威、コロンビア大学のダン博士の言葉です。

 

その3つのコツとは、ズバリ!

 

●経験

●ご褒美化

●他者への投資

 

と言われてもよく分かりませんよね。ということで、今回は幸福を引き寄せるお金の使い方の3つの法則についてご紹介します。

 

幸福になりたい人はモノより経験を買うべし!

 

最先端の研究によると、物を買うよりも経験を買う方が幸福度は高まる!のだそうです。

 

それはなぜでしょうか。

 

それを証明する調査結果があります。ドイツで行われた調査ですが、住んでいる家に不満がある人が引っ越をした場合、その後の満足度を調べたんです。

 

その結果!

 

引越直後は家に対する満足度は上がったが、人生幸福度は引っ越し前と変わらなかった!

 

という結果が出たのです。

 

これは、理想的な家に暮らしてもその人の幸福度が変わらないことを意味します。

 

その理由は「物質的な豊かさは長続きしない幸せだから」と慶応義塾大学大学院の前の教授は説明しています。

 

では幸せを長続きさせるには、どうすればいいのでしょうか。

 

それはモノではなく経験にお金を使うことだ!とダン博士は言っています。

 

例えば、お金を払ってスキューバーダイビングを体験することを思い浮かべてください。

 

この時の経験は、こんな効果をもたらします。

 

①記憶に残る

⇒その時見た海中の神秘的な世界は、脳に深く刻まれ記憶に残るということ。

 

②自分だけの個性を感じる

⇒その体験はあなただけの特別な財産になるということ。

 

③他人と社会的価値を共有する

⇒一緒に潜った仲間と体験を語り合い喜びを共有することができるということ。

 

この3つの効果により幸福度が高まるとダン博士は言っています。

 

つまり

 

経験によって得られる精神的な豊かさの方が物質的な豊かさよりも幸福度に寄与し、長く幸せを感じることができるということですね。

 

ところでモノを買った時の幸福感が長続きしないのには、実はちゃんとした理由があります。それはどういうことでしょうか。

 

モノを買っても幸福感が長続きしない理由

 

「消費のパラドック」って言葉を知っていますか。これは、モノを買った時の幸せな気分は、すぐに慣れて薄れてしまうということです。

 

その結果、自分が感じるモノの価値は、買った時が一番高くて、時間と共に薄れちゃうと言うことです。そうなるとまた新しいモノがほしくなる。

 

だからモノを買うことで得られる幸福感は、永遠に買い続けないと維持できなくなっちゃうんですね。

 

アイフォンが新しく発売されるたびに多くの人が欲しくなって毎回行列ができるのは、そう言う心理があるからなんです。

 

喜びの気持ちを高めるご褒美化ってなに?

 

次はご褒美化です。これはどういう意味でしょうか。

 

ダン博士はチョコレートを使ってこんな実験をしています。

 

2つのグループにチョコレートを与えて「楽しい」という感情のレベルを測定したのです。ただし一つのグループだけは、約1週間前からチョコレートを禁止していました。

 

果たして結果はどうなったでしょうか?

 

結果!

 

チョコレート禁止令が出ていたグループの方が大きな喜びを感じた!

 

これはどういうことかと言うと、

 

我慢をさせることで、楽しみを感じる能力が高まるからなんです。

 

また、こんな例もあります。感謝の言葉を伝える時のことです。

 

例えば、毎日パートナーから「愛しているよ」と言われるよりも、特別な日にだけ「愛しているよ」と言われた方が人は高い喜びを感じるのです。

 

つまり、何度も繰り返されるとそれが当たり前になってしまい、慣れて「喜び」を感じにくくなるのです。

 

これはモノについても同じ事が言えます。

スポンサーリンク

 

例えば、子供に欲しがるおもちゃを好きなだけ与えていると、その子供はもらえることが当たり前になってしまい、大きな喜びを感じない子供になってしまうのです。

 

これが「ご褒美化の法則」です。

 

つまり、ある欲望(モノが欲しいとか、愛していると言われたいとかとか)に対して、すぐに満たしてあげるのではなく、意図的に飢餓状態を作ることで喜びが高まるということです。

 

ビジネスでよく使われるご褒美化の法則

引用:マクドナルド公式サイト

 

マクドナルドは毎年秋になると「グラコロ」を発売しますよね。そしていつも数か月で終売します。

 

この商品は、多くの人が楽しみにしていて今でもロングセラーです。

 

人気商品なんだから通年販売すればいいのに!

 

って思う人がいるかもしれません。でもこれこそが「ご褒美化の法則」をうまく使っている例なのです。

 

この時期しか食べられないからこそ、人々は買うのです。もし通年販売していたら、ロングセラー商品にはならなかったでしょう。

 

いつでも手に入ると思うと、人は価値を感じなくなるのです。

 

だから「今だけ限定です!」っていうキャッチフレーズは、テレビショッピングやスーパーの特売の時には、必ずと言っていいほど使われているのです。

 

「ご褒美化の法則」は、消費を促す効果が大きいので、ビジネスの世界では実に幅広く使われているんですね。

 

与えることで幸福度は強まる!他社への投資

 

幸せを引き寄せるお金の使い方の3つ目は、「他者への投資」です。

 

これはどういうことかと言うと、一言で言えば

 

人のためにお金を使うこと! です。

 

それを証明する調査結果を紹介します。これはバンクーバーで行われた調査です。

 

学生に一定額のお金を渡し、その日のうちにすべて使い切るように指示しました。但し、一方のグループは自分のためだけに使い、もう一方のグループは他人のために使うようにしたのです。

 

そして同じ実験をウガンダでも行いました。それは、経済的に豊かな国とそうでない国で差が出るかもしれないと考えたからです。

 

さて結果はどうだったでしょうか?

 

結果!

 

 

どちらの国でも他人のためにお金を使うグループの方が高い幸福度を示した!

 

 

つまり豊かな国でも貧しい国でもそんなことは関係なくて、他人のためにお金を使う方が高い幸福度を得られるんですね。

 

では、他人のためにお金を使うことを強制された場合はどうでしょうか。

 

ひと肌脱ぐか!これが幸福度を高めるカギ

引用:時代劇チャンネル

 

「他者への投資」が誰かに強制されたもの、もしくは強制されていると感じて行った場合は、実は幸福感は高まりません。このことは複数の研究で発表されています。

 

つまり「他者への投資」は、自発的な行為でないと意味がないのです。だれでも自発的に人助けをした時は、機嫌がよくなる経験をしていますよね。

 

逆に強制されて人助けをしても、人はそれほど高い幸福感を感じません。これはお金以外のことでも同じです。

 

結論!

 

自発的に誰かのために何かをしようと思った時、人は最大の幸せを感じるものなのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、幸せを引き寄せる3つのお金の使い方をご紹介しました。

 

まとめると、

●モノを買うよりは経験を買った方が幸福度が高いこと、

●欲望があってもすぐに満たしてあげるのではなく、ご褒美化することで幸福度が高まること、

●そして、自分のためよりも人のためにお金を使う方が高い幸福感を得られること、

 

の3つでした。

 

特に3つ目の「人のためにお金を使う」ということは、なかなかできることではありませんよね。でもこれこそが、一番大切なポイントのような気がします。まずはできることから実践しましょう。

 

 

絶対読んでほしい3つの記事!

幸福な人ほど長生きってホント?幸福になる遺伝子がある?

「結婚で幸せな時間はたった2年?」対策のカギは3つの行動

高額当選しても幸せではない?科学的に見た幸せな人生とは!

 

 

 

スポンサーリンク